Team Green

「TEAM GREE30周年」創設期に思うー5

 栗島さんの訃報に接し残念であります・・・世の中ナンデこんなに不公平なのかな、まだまだこれからなのに、栗島さんは温厚でしかも紳士、俺なんか足元にも及ばないのに仲良くして頂いた、こんなに早く天国に召されるなんて本当に残念である。

 デモ栗島さん待っていてください、又一緒にマシンの話をしましょう!!!それにしてもオレ極楽に行けるかな~

 今も昇ちゃんと(斉藤昇司)長電話であなたの話をしたところです。昇ちゃんから訂正と想い出が、彼は貴男と一緒に20年間(’70年~’80年代)マシン創りに頑張っていたらしい、特に代表傑作はアトで出てくる8耐の雄者耐久レーサーのベースGPZ900だったのですねと残念がっていました.


 クリちゃん(あえて言わせてください)お疲れ様でしたごゆっくりお休みください。
    「KAWASAKIの雄、栗島さんのご冥福を心よりお祈りいたします」

 弔い合戦ジャ~無いけど、そろそろ始めようかな聞いて下さい「新星TEAM GREEN」の’85年を・・・昇ちゃんメールで想い出を書いてくれ、そうして今回から喜代一も電話で参加して書きました。
 創成期の物語・・・’85年にTEAMGREENにロードを交え、昇ちゃんはTEAM GREEN発足の記念すべきメインレースの8時間耐久と言い切って張切っていた(その入れ込みが迷監督には怖いんや)

e0190502_20495463.jpg

e0190502_7211473.jpg

 昇ちゃん重たい重たいなんて言いながらナンヤ格好よく走っているやんか、それでも重ソウヤナ~デスクプレートも重そうや、それにエキパイ見てご覧ノーマルやんか、コリャ重たいわ・・・この時、迷監督はピットでソワソワイライラ・・・それはね何しろ200kg級の重量車、重いから出足は遅いが走り出したらどんどん?それに負けじと行くんや・・・エース組の岡 正弘&日下直一組は経験者だが、斉藤昇司(負けん気の強い)&多田喜代一(得意のてんとう虫)組イケイケやんか早く時間が来て予選終わらんかい?

 二人に思い出して貰いました・・・この時、2台のエントリー38番(TEAM38だからまだ、忘れられないわ~)もう一台39番、一番手はTEAM38の’83年の耐久で日本人最高位の4位に輝いた二人・・・岡 正弘&日下直一組がゼッケン38、斉藤昇司&多田喜代一組が39、2台体制での挑戦や、この重たい重量級の(何しろはかりの錘が無く計測不能と言われた代物)マシンを8時間も走らせにゃならんどえらい根性と体力が・・・
e0190502_21272387.jpg

 良いマシンやろ200kgオーバーとは思えないマシンや

 予選でもTOPチームは2:20秒台前半スプリントタイムで走るが、われらが重量車トラックレーサーは2:30秒を切るのが精一杯それこそ「必死のパッチ」阪神と一緒や、デモネ少しでもタイムを良くしなければと思い、多田(まだ8耐初心者マークのB級だった)とお互いバトルをしながらタイムアタックAライダーの斉藤が先に走って何とか29秒台に入れる(コレヤ迷監督がピットでソハソハイライラしてたのは、ソレハネ重いマシンだがうまくつなげば2台とも入賞可能と読んでいたからである)知る由もない4人はタダひたすらにタイムを挙げるだけ・・・(アホか監督の気持なんかチットモ考えてくれない・・・)

 その時の思い出、昇チャンキヨさん(ミスターカワサキ)に「多田に負けるなお前プロやんか」と発破を掛けられ一生懸命、一方多田はなにがA級や日本はB級の方がランクが上か?アホそんな事言わずに前向いて走れボケ転ぶなよ・・・てなもんや三度笠だったのであります。

 その時のことを、ライダー斉藤は私が先にタイムアタック一生懸命走って何とか29台エエヤンそれで、ところがである2番手に登場した喜代一さんこいつをイッチョ上回って野郎と28秒台で無事帰還、アアー良かった心臓バクバクやったやで~ 昇ちゃんも「アイツ(喜代一)体は小さいのに流石勝負師ヤルヤン」てなところでタイムUPイヤー良かったやっと予選終了、しかも、ポジションは20番手ヨッシャ心臓のパクパクがどこかに飛んで行き二人に「ようやった」ナニ言うネン・・・てなところや・・・
 
 エースゼッケン38のマシンはチョットオイル系に問題が?スタートのポジションは少々後ろやったんやけど、迷監督これで2台入賞やと鼻息は荒い(何時でもこうや悪かったらボケカス、良かったら自分の指示が良かったんや?オイラ達ライダーの重量車運転の辛さなんか全然考えて無い皆んなライバル心むき出しにトラックみたいな重量車を運転してるんや・・・アホ抜かせ一番感謝してるんやで~

 イヨイヨ待ちに待った決勝や、予選トップはYの誇る平&ケニー組Yが優勝予告を引っさげて出してきたTECH21、2番手Hのガードナー&徳野組そうして、11:30分決勝の幕は切って落されたのでア~リます。

 スタートライダーはタイムの良かった方が先に乗ることに(今でもそうでしょう、だから’87年のコーク&ロブの交代劇・・・もういいか)

 スタートはゼッケン39番多田が走りマー飛ばすは飛ばすは15番手まで上げて走る「さすがや負けん気の強い多田ちゃん、気合の入った走りや」この調子やったら上手く繋げば結構良いところに・・・まだ早い昇ちゃん感心してたらアカンアンタの番やぜ、マー二人とも同じようなタイム順調に繋いで10番手を、しかし、ゼッケン38番はどうもマシンの調子が悪くピットに入ったり出たり、それでも2回目挑戦の二人のベテランライダー良く付いてきている。
e0190502_5281967.jpg

 タダの豪快な走りマーまだ長い落ち着いて走れよ~ん、転ぶなよ~んお願いや・・・

 コリャ絶好調ヨッシャ行けると思ったのが悪かったか、ゼッケン39番斉藤昇司2回目のランの時、PITサインが出る前にガス欠やヘヤーピンを立ちあがって松ちゃんコーナーに入ったところでボソボソエンジンが泣きだし、スプーンを立ち上がる時にはまともに加速せずストール寸前アアアーやってしまった、ライダーの昇チャンピットから離れているこんな所で止まったら帰れないと、何とか持ち前の腕でマシンを騙しながら130Rまで来たが130R手前で完全に息が途絶えてしまったんや・・・130Rからピットまでや皆さん解るやろ地獄や押して帰らんと皆が・・・マシンが重く燃費が悪かったんや・・・しかし、帰らな特に馬鹿たれが怒鳴るやろ?(俺の事か)コリャ又一番暑くなり出した時やツナギの中はダブダブ身体は池の中「少々痩せたやんか」何ぬかす、しかし根性や帰ってきたのである(この時の迷監督のひと夏の経験が1999年病み上がりの体で監督をさせてもらった、山田達也&塚本昭一組のクラス2位に輝いたのである、もういいやん、もう一つだけこれが百戦練磨経験豊富なんやぜ~)
e0190502_7334922.jpg

この時は上位の相手チームが塚本の追い上げにガソリンを給油せずに勝負に来てガス欠や
e0190502_5573116.jpg

 みんな一生懸命この根性がカワサキや(本人はピットロードが少々下り坂やからまだよかった、待ち構える皆の所に帰れたのである)この姿をチョウ満員のシケインスタンドの観衆からも応援の大歓声に送られて・・・辿り着いたのであります・・・

 マー人間やれば出来る、しかもトラック野郎にも慣れてその後順調に猛暑の中を淡々と走って行く・・・ 
 これで終わったんでは、昇チャンの喜代一のそうしてオイル系統が悪いマシンをダマシダマシ走り続けた、これまた正ちゃんと真一・・・これでは1985年終わる訳にはイカンのや

 しかもやで万感を込めて繰り出したYのTECH21平&ケニーの終演もあるやんか、もう少ししゃべらせて~な~

 ’85年の終焉は来週土曜日や・・・      乞うご期待を

              斉藤昇司&平井稔男+今回特別参加多田喜代一組
[PR]
by toshi-hirai | 2013-03-31 23:57
<< 「TEAM GREE30周年」... 「TEAM GREE30周年」... >>