Team Green

「Ninja30周年の思い出」③-1

 3月9日(日)カワサキの誇る「Ninja」30周年の歴史を飾るフエアの最終日、同好の士約40名による「Ninja30周年記念パーティー」が行われ、それはそれは楽しい時間を過ごしました?
e0190502_5101546.jpg

 皆さんのお顔をご覧下さい皆さんご満足の様子、写真は埼玉から参加された向笠さん撮影を借用

 催しは「カワサキの思い出、そして未来」以来の名司会コンビ森田&越山両氏により楽しく開始
e0190502_822692.jpg

  「カワサキの思い出、そして未来」の時のお二人
 テーマーは
①TEAM GREENの初挑戦「Ninja」テストラン・・・鈴鹿8耐参戦の思い出
②「Ninja」誕生の設計陣 現役3氏がお越しになり・・・・Ninja誕生秘話
③「神戸スーパースポーツレーシング」復活の宣言 平井の構想少々元気なしか?

 テナ流れでそれはそれは貴重な楽しい時間を過ごすことが出来たのであります
 
 余りにも楽しい時間、時間が足りなく思い切り話せなかったのが残念、当日参加されなかった方、参加された方にも斉藤昇司による鈴鹿8耐参戦記を2回に亘って紹介します。
e0190502_54317100.jpg


 斉藤昇司の語りはここから始まっている・・・

 俺たちが結成した社内チーム、「TEAM38」は1975年にモトクロスチームとして発足したが、1980年頃から徳野政樹(カワサキ~ホンダ)を始めとするテストライダーがロードレースで活動をはじめ、1983年KRT(カワサキワークス)がロードレースを凍結、レースから撤退した後もライムグリーンの火を消したら「アカン」との意気込みで走らせていたのであります。

 しかし、ワークスが凍結から2~3年・・・1985年頃からRRの復活を囁き始めた頃、TEAM GREENにロードレースの組織を作り強化することとなり・・・
 その年1985年の鈴鹿8耐にTEAN GREENでTEAM38を主体に参戦が決まったのです。
e0190502_6544268.jpg

e0190502_6552331.jpg

e0190502_6554546.jpg


 俺の本心としてはテストライダーと開発メンバーで作り上げてきた「TEAM38」だったので、この先も存続させたい思いがあり、無くなる事には涙するほど残念な思いであったが・・・火を消すことは出来無いと涙ながらにTEAM38皆んなで参加しました。
 
 Ninja の8耐参戦は、マダマダ他社と対等に戦えるベースマシンは無かったが目的は、ライムグリーンの火を消さないために広告宣伝活動及び開発を目的としたものであり、ゼッケン38番(TEAM38の38番)39番の2台体制でエントリーしたのであります。

 耐久のベースマシンは、国内販売したマシンはGPz900Rの弟分GPz750R(Ninja)だった、GPz750Rも開発投資して、軽量化、パワーアップ等レーサー用に開発をすればポテンシャルは上がったと思うが残念ながらそこまでの開発投資力は無く、KRの遺産部品であるホィール・サスペンション・ブレーキ等を流用し、エンジンは吸排気系の手直し+サイレンサーを変更した程度であり、パワー不足と重いbikeだった。
e0190502_643542.jpg


 ここで笑い話

 鈴鹿8耐の車検の時の話だが、車検で重量測定をするのだが大体各メーカー重量はワークスで160kg程、プライベートでも180kgぐらいで纏めているのが通常だが、我々のGPz750RNinjaは、ナ・ナント200kgオーバーの重量級マシンで重量計の天秤に200kg以上の錘が無く、車検員~「計測不能」と言われて大笑いしたのである(「何がおかしい」「走るんや」「走ったら止まらん」)そうやこの時には重量上限が無く車検はパス出来たが・・・大笑い?

 ハンドルポジションは清原先輩がH-2のアップハンドルで一世を風靡した時代から受け継がれているアップハンドルポジションだった。

 俺としては全日本のレースでGPz750Rでは入賞するのは難しいので全日本だけは’84年型の38specialで走らせて貰うことにした。
 結果は鈴鹿GPで5位が最高順位だったが、旧態マシンと俺の腕ではこれが限界(ご謙遜を?)
マー自分なりに満足できる成績だった・・・
e0190502_7181910.jpg

e0190502_719728.jpg
e0190502_7192663.jpg


 そうしてTEAM GREENでのロードレース発足時の記念すべきメインレース8時間耐久が始まったのであります。

 ③ー2は水曜日か木曜日にリリースします・・・乞うご期待です・・・チャンチャン

                                       t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2014-03-15 08:30
<< 「Ninja30周年の思い出」③-2 「Ninja30周年の思い出」② >>