Team Green

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

カワサキに想う 22

・・・今日からは、素晴らしいマシンを蝶の如くに操るライダーの思い出を聞いて下さい、どうしても世界チャンピョンコーク・バリントン&耐久の勇ロバート・フィリスのことは忘れられませんが、このレース私にとって忘れてはならない、多田喜代一&宗和孝宏を先に書かせてください。
 
e0190502_539194.jpg

 まず多田ですが今も元気で頑張っているようです(55歳になったかな?)何故私のところで走るようになったのか?(石屋モータースの故山下さんかなー)’74年20歳でレース活動を初め途中で自動車レースに転向したのち再び二輪にカムバックした変り種、’81年のレースで再起不可能なほどダメージを受けたにも関わらず再再度’85年にTEAM GREENで走り出したのであります(そのとき既に31歳)
 彼はレーサーとしての素質は充分、口&女性が人一倍堪能で、これが彼の持ち味だったように思います。
 しかし、思い出多いライダーでした。
①この8耐のテストでタイヤをミシュランにして欲しいとの申出、当時実験研究部故武本部長にOKを取り日本人ペァーのマシンにはミシュランを採用したのでした。
 勿論TEAM GREENはダンロップと年間契約でご支援を頂いており、迷監督はレース界のドン京極部長(ダンロップでレース担当の長)に平謝り(確か丸坊主になったのです)京極部長に「平井さんタイヤメーカーはオートバイメーカーさんには従うしかないのです、あまり気にしなさんな、それよりコーク&ロブ組で勝ってください」と慰められました。
(今回のレースは京極部長にとっても感激のレースだったらしい後日挨拶に行った時「良く頑張った感激した」と大変なお褒めを頂いたのであります)
 マー多田とは付き合いも長いので想い出は沢山あるのですが
②筑波最終コーナーで突然消えてしまったライダー田んぼで草取りかいな
③芦屋の駅前でお好みやさんを妙齢なご夫人とやっていたり
④もう一つ8耐の前の年、カワ販とライダー契約を交わしたのですが、今でも安い契約金で俺らを使ったとボヤイて居りますが、これはね、契約書の契約金を見たらゼロが五っ(?00,000円)も書いてあったからコリャヨウケイ貰えると押印したそうな?これはインチキではない。
 そうしてここで、漫才コンビ多田&宗和の8耐コンビが誕生したのである。
e0190502_6332573.jpg

 注)写真のツナギのダンロップはホンちゃん耐久にはミシュランに変えました。
 ここからはボヤキ役、宗和の思い出です、彼はミスターカワサキのKIYOさんが
①「こいつ走らせてーなー、カワサキをお立ち台に上げた奴やでー」と連れて来られたのが童顔の少年(美が無い?)宗和との出会いでした、確か’85年の夏だったと記憶します、なにしろ走らせたら早い、しかし監督泣かせのライダーであったことはいがめません、
②ポールを取りコリャいけると思ったのにTOPで2周ほど走りながらSUGOの奥のコーナーでボーット立っていたり
③H/Y/Sと互角にイヤ互角以上に戦った戦士タイガー宗和の名を響かせたこと
④東京遠征で監督の部屋を占領、迷監督は多田と寝たり
⑤スポンサー松岡財団の御曹司(グッドラックの社長)からご褒美に銀座の一流クラブに連れて行って貰った時、多田と舞台に上がって漫才したり、アアー恥ずかしい!
 今は何をしているのか?これまた思い出の多い奴でした、彼はライダーとしてスタートした時、幾度と無くカワサキをお立ち台に上げカワサキここにありと有名にした若武者でありました。
 
 ナニヤラ、バタバタと今年も終わりになりました、今年から始めた兵庫メグロ販売㈱の仕事が軌道に乗り始めたら突然年末に社長が亡くなり喪中、やれるはずのレースが宙に浮いてしまい波乱万丈の年でしたがへコタリませんこれからも頑張ります、今年は色々皆さんにお世話になりました。
 そうして、又、やりたい夢をかなえるべく来年も頑張ります、より一層皆さんのご支援ご鞭撻をお願い致します。
 末筆ですが皆々様の益々のご活躍を祈念致しまして今年の最終とさせていただきます、どうか良いお年をお迎え下さい。
 次回コーク&ロブを紹介致します。thirai

 
e0190502_15311310.jpg

[PR]
by toshi-hirai | 2009-12-31 07:23

カワサキに想う 21

 
e0190502_17461436.jpg

 今回はベースマシン「カワサキイズムの集大成GPX750R」のデビュー、カワサキDOHCテクノロジーを開発して依頼、Z1/Z2の系譜により優れたパホォーマンスマシンを市場に送り届けてきたカワサキは「カワサキイズムの開花」をテーマーに、何処にも無い強烈な個性と新機軸に挑戦する攻撃的な設計思想、そして何よりも本筋を行く堂々の市場戦略を武器にして来ました。
 その結果、日進月歩の激しい技術革新の中で「GPZ400R」の2年連続ベストセラー・・・と言う輝かしい記録を樹立しており、この実績を更に推し進め「GPXシリーズ」を投入!いま750ccクラスで最高性能を誇る「GPX750R」をフラッグシップとして本物のスーパーパホォーマンスシリーズを完成したのであります。
 カワサキがレースに参戦する武器は、この最高峰のマシン「GPX750R」をベースに、カワサキが持つ数々のレーシングテクノロジーを駆使したマシンであり、e-BoXフレーム(卵型BOX型フレーム)GPX750Rは本年度ル・マン24時間耐久で、その高い信頼性を実証しました、今回新にGPX750Rをベースに開発した「ZXR-7」軽量・コンパクトな水冷4サイクル4気筒エンジンを、新開発の高い剛性を誇る“eーBOX”フレームに搭載し、強度・安定度・レーシングパホォーマンス等が見事に調和した新型レーサーにしあげているのです。
 スペック
 名  称 “ZXR-7”  エンジン 4サイクル水冷DOHC16バルブ     気筒数    並列4気筒 
 排気量 748cc    最高PS 130PS以上     点火方式  フルトランジェスタ
 クラッチ 湿式多板  潤滑方式 ウエットサンブ                変速段数  6段
 タイヤF 17インチ R18インチ   懸架装置F テレスコピック  懸架装置R ユニ・トラック 
 ブレーキF ダブルデスク  ブレーキR シングルデスク      重   量  150キロ以下
*この様な素晴らしいマシン、ヒョットしたら凄いことを俺はやっているのかな?と錯覚する素晴らしいものでした。             
e0190502_21381030.jpg

[PR]
by toshi-hirai | 2009-12-27 18:36

カワサキに想う 20

 お知らせ・・・H22年1月21日有馬でカワサキレーシングに関係のあった(勿論ライダーがメイン)総勢20数名が、カワサキレーシングOB会として集結する。
 勿論私も関係者の末席にKIYOさんの(起案者)ご配慮で居れて頂いた、来春は盛り沢山の行事がめじろ押し忙しくなりそうである。
(今度出席者リストをお知らせします、一世を風靡したアット驚く為五郎なのであります)
・・・お待たせ’87年に「ロードレース復活に向けてKAWASAKIは鈴鹿8時間耐久へ参戦します」の写真のパンフを持って広告宣伝からスタートしたのであります。
 パンフの中身は・・・カワサキロードレース活動の歩み・・・“グリーンミーニー”の名で世界のサーキットを席巻したカワサキ・ワークスは、チームカラーのライムグリーンも鮮やかに数々の輝かしい戦積を残しました。
 中でも’78年から’82年までの5年間連続して世界グランプリを獲得できたことです、特に’78・’79年にはKR250/350ccを駆りコークバリントンがダブルタイトル、’80年にはアントン・マンクが250cc’81・’82同じくアントン・マンクが250cc/350ccこれまたダブルタイトルを獲得輝かしい戦跡を残してまいりました。
 加えてアメリカでのAMAスーパーバイクレースでは’81~’83に渡りエディ・ローソン、ウェイン・レイニーによる3年間にわたりナショナルチャンピョン、同じく3年にわたり世界耐久選手権メーカーチャンピョンをも獲得王座に輝いて居ります。
 カワサキはこの様に世界のロードレースを文字どうり席巻し、カワサキワークス初期の目標を得ることが出来たとして、その活動を休止することになりました。
この時です、オートバイを販売している会社がレースを凍結なんてと一人息巻き多分、この頃rfuruya専務に話して、カワ販でやらせてとオネダリしたのでありました。
 しかも、国内では収集されたデーターを生かし、GPZ/GPXシリーズを登場させユーザーのニーズにお答えして行きたいと考え、更に異なったパフォーマンスを求めて「GOOD LUCK TEAM GREEN」を登場させることに致しました。
 とパンフは始まっている。thirai

e0190502_9592611.jpg

 
[PR]
by toshi-hirai | 2009-12-27 10:00

カワサキに想う 19

・・・当時細々と頑張っていた耐久で’80年KR1000 KIYO&徳野が7位、’81年 KR1000で Rロッシュ&Jラホンが3位、Jシュマラン&Cユゲが4位、徳野兄弟が8位と良くやっていたと想う、’82年はメーカー凍結何も無し、しかも、わがチームのスター徳野がHに移籍したいと言い出し(当時監督が承認しなければ移籍はX)私はHで頑張れと即OK、後でカワサキ全体からバカ物扱いされました、イタイイタイ。
 しかし、’83年KR1000で38チームの 岡&喜多4位、宮川&斉藤が9位、続いてと行きたいとこだが(岡&新谷のノービス時代の後味悪い400ccでの優勝があるのだが何時だったか?教えて)ドッコイ、マシン作り&スポンサーそうしてライダー探しと大忙しの日々’84年は、またまた活躍無し、’85年にかろうじてGPZ 斉藤&多田が10位だったと思う、そこにキヨさんが「カワサキのマシーンをお立ち台に上げたヤッチャ走らせてーナー」とつれて来たライダーが後々のタイガー宗和、なんとなく出来上がってきたのである。
 ヤッパーRRはメーカーがやらなアカン「スポンサー探しも・お金も」全てがメーカーを求めている、ここいらでメーカー凍結から復活へとカワサキオートバイ販売㈱で仕掛けて行ったのであります。
 ナント奥ゆかしいカワサキオートバイ販売㈱の心配り(実はカワサキ全体がレースを必要であると分かっていたから)迷監督としてもやりやすい、しかし、体制もマシンも出来上がりつつ、後はスポンサーと必死でありました。
 そのとき、月木Rで8耐に走っていた、これまたミスターカワサキことコークバリントン&8耐の勇ロブフリスを故岩崎さんからのアドバイスでコンタクト、これまたなんとなく月木社長の好意で決まったのであります。
 見て下さい、ここから’87年に向けて動いた迷監督の奮戦を何篇になるかご紹介致します。thirai
*写真は’85年にリリースできたチーム体制のパンフ、タイガー宗和がいない、まだチームにきていなかったのかな?
カワ販の仕掛けである。
e0190502_8102118.jpg
e0190502_8105270.jpg
e0190502_8111919.jpg

 
 
[PR]
by toshi-hirai | 2009-12-20 08:24

カワサキに想う 18

・・・ロードの話を思い出す事にします、ロードの話は少し年代を後戻り,なにしろ古い少々年代も危ういが皆さんも思い出して教えて「オイ~多田ウソばかりと文句言っていたが確り教えろ」・・・
 少し時代をバック’76年ぐらいかな「神戸スーパースポーツレイシング」(KSSR)&チーム38の皆とレースを楽しんでいました。
 ライダーは徳野・岡・斉藤・福井・日下・故新谷・西田・多田・宗和、イヤイヤその前の時代を忘れたら怒られる、KSSRを築いた一流のライダー’78年Z650を駆り徳野&岩道の二人がナントナント鈴鹿12時間耐久で5位に入賞する快挙、同じZ650で森田&柴谷も9位に入賞、結構やっていたんだ。
 当時はなにしろロードブームの中、カワサキを代表するキヨさんの登場である、そうして我らがKSSRはのライダーは佐藤・石橋・大前・野村・古川・内田・マッサン・峰子ちゃん等々10人ほどのチームであった。
 マシーンは確かボブキャット(愛称山猫の名を持つ優れもの?)F145mm・R90mmのサス・ストロークで路面追従性に優れる、空冷2サイクル単気筒、パワーは当時最高の15psだったが、何故か直ぐラインナップから消えたのでは?その後は125TRに代わったのでは
e0190502_7365081.jpg

 当時12時間耐久は、絶好の練習の場、鈴鹿の草をむしりとり(転倒の結果ツナギの中パンツにまで草が)大笑いしながら楽しんで居りました。
 しかし、’77年には石橋&枡田組が何故かヤマハ125ccで(この時は10時間耐久だった)優勝して大いに盛り上がりビールの美味しい思い出でしたチャンチャン・・・thirai
[PR]
by toshi-hirai | 2009-12-19 07:55

カワサキに想う 17

・・・イヤー会社がえらいいことになりそうですが(夢破れてれて山河ありかな?)、それは一先ず今日からは「TEAM GREEN」の初めからお伝え出来る年代に突入して来た様です、まずは私のレース担当時の職制を聞いて下さい、ここから延々レース・安全運転に本腰を入れて’88年まで約10年の年月「TEAM GREEN」と共に生き、月木Rからセントラル・サーキットに繋がるのであります。
 ①’79年 KMS営業部・業務課長 (レース部門担当)レースはカワサキオートバイ販売㈱の名で行いたいと直ぐに本社に帰り咲き、カワサキオートバイ販売㈱ 営業部 部員(レース担当)となったのです(我侭)
 ②’80年同安全運転指導部レース担当で、アメリカでピート・堤が立ち上げた「TEAM GREEN」の様子を聞きながら日本でのチーム作りを始めたのである、しかし、走り出すまでに1年が空回りの状態で過ぎてしまったが、あとで、それが大切なことであったと今になって分かったような分からないような?良かったのである。
 ③’81年~’82年にやっと、前出、中深迫・菅原・岡山の3人で走り始め、後に全日本RRF1クラスチャンピョンになった塚本昭一も参戦、ナント遅いチームが約1年負けても負けても賑やかな「TEAM GREEN」のルーツであります(たまには勝った事もある)・・・後半になりこれではアカンとレースの持つ意義の一つ販促に打って出たのでました・・・
 ・・・ソレハネ、特約店に「TEAM GREEN」の特訓を仕掛けたのでした、構想はこうである2回/年ほど全国各地から若い選手を集め、明石で10日間ほどチームと合同練習をして、その中から来年の選手を選出すると言う目的であった、迷監督からスタッフには、若い・センスのある(今は遅くても光るものを持った選手を選べと)秀才を集めて天才にする「天秀才」を作りたいと・・・それが居たのであるこれも前に話したが、調所伸一・鈴木南平であった、ここで創立2年目にして早くも凄い「TEAM GREEN」が出来てしまう所が凄いのであります。・・・・ナンヤよく見たら「カワサキに想う12」にも同じことが・・・・
 ・・・これからは来春リリース予定の川崎重工業㈱ホームページの汎用機の中の「KAWASAKI DIRT CHRONICLES」に掲載であります、ウラシマさん早くお願いします・・・乞うご期待である・・・次回からはダブらないようにロードレースを・・・thirai
e0190502_815441.jpg
e0190502_8161010.jpg

 写真は、少し強くなっつた時に取材していただいたものである。 PHOTO/Mamoru Atsuta

 
   
[PR]
by toshi-hirai | 2009-12-13 08:33

カワサキに想う 16

・・・今日はワールドMCガイドよりマシンを思い出して書いてみます・・・
 まず、やはりレーサーか?この時代は(’78・’79)350・250ccでコークバリントンが世界チャンピョンに輝いた時だった(コークバリントンは本当にカワサキが好きでライムグリーンが良く似合う男である)
 しかし、このKR350は250ccの10mmボアUPしたエンジン(347cc)を搭載したマシンで、当時レースではTZ350と競り合いをしながら熟成を重ねて行ったらしい、これにはバリントンの他にM・グラント、G・ハンスホード、A・マンク等蒼蒼たるメンバーが乗り写真はA・マンクがチャンピョンを奪取したものである。
e0190502_928376.jpg

 Z750FXⅡこの車は私にとっては、愛車中の愛車(なにしろ小柄な私には足つき性・ハンドリング等全てが私にフイット、ジムカーナには小回りのきく優れものであった。
e0190502_9361255.jpg

 Z650をベースにしたジャパンサイズの750版、ゼッツの度重なるモデチェンが路線であったものが改革に向かっていたのでは?私の愛車はレッド約15年の乗車暦であった。スペックは
 KZ750E2・全長2,135×全幅835×全高1,150×軸距1,425mm、車重210kg、空冷4サイクルDOHC4気筒、738cc、ボア66×ストローク54mm、圧縮比9.0、67ps/9,500rpm、5速、515,000円

 
e0190502_952548.jpg

 お次は、テアドロップタイプのタンク・段付きシートを持つアメリカンスタイルのモデル、これは輸出仕様で高速ツアラーか?DOHCエンジンのインラインフォア安定した走りが記憶に残っている。
 KZ750H2スペックは
 全長2,195×全幅810×全高1,460×軸距1,425mm、車重225kg、空冷4サイクルDOHC4気筒、738cc、ボア66×ストローク54mm、圧縮比9,0、74ps/9,000rpm、5速 輸出車

 こうやって改めてマシンを見るとナント素晴らしいラインナップか、イヤー当時は沢山の機種が市場をにぎわせ、これでもかこれでもかとお店に拍車をかけていたのであります。thirai
[PR]
by toshi-hirai | 2009-12-06 10:10

カワサキに想う 15

・・・イヤー先週は大変でした会社の社長が大往生そのせつなに一人立会い、人間のはかなさ悲哀を就くづく感じさせられました、無事葬儀も終わり「冥福の祈り」あるのみです。
 理事長(rfuruyaさん)にお助け頂き、名実共にカワサキの一時期を背負って居られた方々のご会葬に接し、ここでも又、人の絆凭れる「人の字」の意味が良く分かったここ2~3日間でした、オートバイ一筋に兵庫メグロを築き上げてきた「故西海義治」あの世でもオートバイ談義を広げて欲しいものです・・・
 さて、ご無沙汰していましたカワサキに思うも15回になりました、まだまだ続きそうです、頑張ってやってみます、よろしくお付き合い下さい。
 時はまさに’79年カワサキの「ハイパフォマンス」を決定づけるZ400FXE1の登場である、
e0190502_6161823.jpg

まだ写真は下手早く上手くなれ・・・資料はワールドMCガイドより
 コレハネ、輸出モデルZ500と同じ仕様で(ボアーダウン)国内の認定をとった人気車種である、スペックは、KZ400E1 全長2,100×全幅785×全高1,125mm・軸距1,380mm・車重189kg・空冷4サイクルDOHC4気筒・399cc・ボア52×ストローク47mm・圧縮比9,5・43ps/9,500rpm・3,50kgm/7,500rpm・6速・385,000円
 思い出としては、カラーリングの変更が早かったのでお客さんに怒られたこと、わが社の借金を消してくれたこと、ゼッツー発売後しばらくしてのヒット・ヒットヒット・・・何故かカワサキには好機種が周期でやってくる見たいだった、自慢は今でも名車の名をほしいままにしていることである???
 しかし、大型のカワサキを決定つける名車であることは間違いない、カワサキの心意気である。thirai

 追伸 今日は朝の9時からNPO法人THE GOOD TIMESの理事会である、どうやら朝が早いのは先日からブログでもカマ(陶器)の話が出ていましたが、何かセレモニーが午前中にあるみたい?久しぶりに皆さんの元気なお顔が、大いに話し合いたいものです。
 
[PR]
by toshi-hirai | 2009-12-05 06:49