Team Green

<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

カワサキレーシングOB会3

 ⑩清原明彦 言わずと知れたビッグネームである,今回のこの集まりの仕掛け人は知る人ぞ知るこのキヨさんの力である、流石ミスターカワサキやるのも早いが多くの方々が東西より馳せ参じてくれた、素晴らしい会が出来たのである。
 キヨさんの思い出は多々紹介されているのでそちらにお任せして、ゴルフのボヤキをご披露しよう、当日は自分で決めたメンバーZ1会で優勝したと豪語のキヨさん・コンピュター走法の竹沢・今や飛ぶ鳥を落とす民主党兵庫県の幹事長を勤める県会議員杉尾良文・百きりのジョウこと私のメンバー、イヤハヤ賑やかしいパーテーであった、しかしキヨさんのチョイスは間違っていたらしい、キヨさん調子が悪かった。
 ちなみに竹沢がベストグロス83オドロキ・杉尾も負けじと頑張り・キヨさんはこの連中に惑わされ119も叩く大乱闘・平井は15年ぶり持っていったスパイク(駄目なことも知らない)の底が取れる有様124も叩いてしまった。 
 キヨさんのボヤキ「メンバーが良かったので楽しかった」だって キヨさん有難う楽しかったです。
 写真は左からキヨさん・私・杉尾先生・タケさんである
e0190502_818493.jpg


 ⑩和田将宏 私の思い出は鈴鹿1コーナーで片山敬済と競り合い大クラッシュをした事、それから確かKR250Rでヒロ・阿部・キヨさんの3人がこれまた鈴鹿で素晴らしいレース(確か他のワークスはいなかった)1・2・3で編隊飛行を披露してくれてカワサキフアンは大喜びピットからスピード落とせのサイン、見落としたヒロにアベチャンが教えに行ったところ抜かれると思ったヒロさんアクセル全開、ナント真面目一本素晴らしいライダーであつた、新しい奥さんを向かえルンルンのヒロさんをチクショウうまいことやってると思った人もいたのでは?
ボクは思わなかったヘヘへ

 ⑪飯原?さん イイさんくらい長きに渡りカワサキのレースに関わりを持った人は無い、自ら走り・縁の下の力持ちで若手を走らせ、車を作り・車を調整して来た人物である。
 しかし、歳を聞くのを忘れたが何時までも変らない若さを維持するコツは?そうしてあの独特の飯原ブシに変わりはなかった。

 ⑫金谷秀夫 もっと前に出なければならない有名人である、確かカワサキA-1改の250A1Rを駆りFISCOで3位、お立ち台に立った勇姿、セントラルサーキットで和田ヒロさんの後を受けMFJの一員としてレースをやってくれたり、チームの斉藤ミッチャン(未だ8耐男では?)を多田と組ませてカワサキを耐久に走らせてくれた人である。

 ⑬歳森康師 この人ももっと前に出なければ?加古川河川敷のレースから星野一義と共にカワサキを走らせたベテランである、途中から日産の契約レースドライバーとしてこれからと言うときに不運にも目を悪くしてリタイヤを余儀なくされた持ち主、しかし、未だにオートバイの愛好家としてハレーを愛する男である

 ⑭加藤文博 切っても切れない仲なのか未だにお付き合いをさせて頂いている、カトちゃんは安さん(KTRの監督今は全世界のレースを担当) とMX(エキスパート)をやっていたがなにしろ骨折が多く(ソレダケ早かったのかも?)従業員の為に労組もウルサク、トライアルに転向したキャリヤの持ち主である。
 丁度世界のトライアルチャンピョンドン・スミスがカワサキのマシン開発に携わっていた時サポートしていたような気がするのだが?今は氷上町(兵庫県の中腹)にあるゲレンデでパラセールの校長先生である。
 生真面目で実直謹厳(変らない)素晴らしい校長先生であり教え子である息子郷君は世界チャンピョンである、一度皆さんもタンデムで大空を満喫されたら如何、何時でも(天気がよければ)OK大歓迎である。

 イヤー多いのでドウスべー藤原(カワサキの縁の下の力持ち)・金子(言わずと知れた星野インパルの大番頭)・岡部(星野一義と一世を風靡したライダー)・石井(専門誌の取材でもう直ぐこの模様が出されるのでは、案内しますお買い上げ下さい)・広尾(未だにオートバイが忘れたくなく3輪を販売しているBOSS?の社長さんである)石川(今回初めてお会いしたので?)以上早く私のレース時代に飛び込みたくスミマセン簡単ですがご紹介に変えさせていただきます。
e0190502_8312476.jpg

写真は左からカトちゃん・キヨさん・星野一義・私・竹沢の5人集
 次回は私のレース談義に出てくる人々のご紹介です。thirai
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-31 08:34

カワサキレーシングチームOB会 2

 お次はライダーの思い出     敬称略順不同、まずは

 ⑥片山義美 未だにマツダのドライバー契約を?しかし、この人もタフガイである、そうそうタッチャン話によるとまだまだ達者らしい、昨年BMWのワンメークのエキビジョンレースの時早い早い片山が居たらしい。
 私の思い出は、マッハ500の時代、私が神戸営所長のとき「所長マッハチョッと乗せてと」ウィリーで生田川から葺合警察までの約800mを走って家に帰った人、その後、私の同級生でアンフニーの社長坂口とマージャンをしたり、マー自由奔放な人である。
 レース暦は日本の草分けスズキのワークスライダー1号でそれはそれは早い男であった、もうかなりのお歳それでも素晴らしい男で今回2年に一回OB会をして欲しいと提案したほどである

 ⑦星野一義 「日本一速い男」そうです元カワサキワークス運搬のドライバーだった苦労人、私も知りませんでした、星野一義はある日メインライダー怪我の故障の変わりに走ったらこれまた速い、いっぺんにワークスライダーの仲間入りやはり「日本一早い男」である、それからは苦労しながら日産のドライバーで今日のチーム・インパルがある一番成功した人では

 ⑧山本 隆 この人を忘れたら酷い事になる、われらの仲間内では60おじさんでNPO法人THE GOOD TIMESのホームページに毎回投稿している、この人がカワサキのエライサンを騙しロードレースの分野に試験走行を試みたNO1である、温厚な面構えチョボひげたくわえ何処にその速さがあるのか?マー喋らしたら止まらない、今でも現役バリバリのMXおじさんで自慢話は兵庫県の神鍋でMXGPをした時、高松宮殿下に説明役をしたことである

 ⑨安良岡 健 この方も昔懐かしライダーの一人で、あまりエピソードは無くごく真面目な性格の持ち主だが秘めた根性は並大抵では無かったようである、私が丁度営業をしていた時のワークスライダーでは?

 
e0190502_2055435.jpg

*写真の説明 左端から 平井のハゲ頭・キヨさんおしゃべりの最中・星野一義・岡部?・金子 豊・安良岡 健・梁 明・塚本昭一・黒川?・話している後姿だれ?・加藤文博・山本 隆
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-24 20:36

カワサキレーシングOB会 1

e0190502_9123052.jpg

 集合写真前列左側より 黒川・藤原・塚本・清原・杉尾・竹沢・梁 
       中央左側より 古谷・大槻・高橋・田崎・平井・山本・広尾
       後列左側より 加藤・金谷・安良岡・和田・飯原・片山・歳森・星野・岡部・金子各位である

・・・イヤーこれほどまでに盛り上がった集まりは、私にとって数少ない思い出の一つである、しかも、NPO法人THE GOOD TIMESのコンセプトの如く(全員入会)、原点は一つですがあらゆる年代・あらゆる業種と幅広く、しかも、それぞれに成長をした?約50年前から(82歳~40歳代)約30~45年間の話が乱れ飛ぶ集まりでした。
 場所はカワサキの保養所泉郷荘、まずは全員ミーティング約2時間の長きに及ぶ一人5分スピーチで全員が思い出を喋り(光栄にも司会を私が、話の長い人はベルで強制撤収を試みおお受け)
 サーそれでは私の個々の思い出をご披露して参ります。
                                       順不同・敬称略でお許し下さい
①高橋鉄郎 カワサキのレースを語る時無くてはならない男の中の男、お世話にならないライダーはいない、実は私もカワ販時代は迷惑を掛けていた一人である
 しかも、「セントラルサーキットはお前しか出来ん」(人を見る目がお高い)と行かされたのも「帰って来い」と戻されたのも高橋鉄郎である

 ②大槻幸雄 初代?カワサキワークスの監督、私の思い出は怖い偉い人、確かジェット事業本部長の時ワザワザ私にご指名でレースを「頑張れ」とハッパを掛けられたことがあり感謝・感激

 ③田崎雅元 川崎重工業㈱社長&会長現在相談役の本当に偉い人である、私はKHIのTOPと田村・石原(品証部の部・課長)との中国文化を楽しんだ仲間であるのが自慢の一つである、「ライバ(来い)・ゾウバ(行け)」「アイヤマーラカピー(コリャアホカ)」「メーハーズ(仕方ない)」で「ワンラ(終わり)」実は社長は満州育ち私も満州生まれで満州育ち話が合い楽しいマージャンが展開したのであった、大槻監督と同じ初代副監督をされていた事も今日始めてお聞きした

 ④古谷錬太郎 私にとってズート上司(歳が同じ少々私が弟)、お前がいたのでは特約店制度(Kの販売店制度)が兵庫県は出来ない大阪に行け、お前がやらなければ本社安全運転指導部が出来ないと明石に、ただレースだけは’82年当時(ワークスがRRを凍結した時)「オートバイを販売しているメーカーがレース凍結とは情無い」国内はカワ販でと、古谷専務にやらせてと甘え予算2千万円を獲得した覚えがある、未だにお世話になっているのである

 ⑤渡部達也 私のところで(神戸営業所から新人でスタート)紆余曲折Kライデングスクールのバス運転手に私を使ってくれたのもタッチャン、今はリタイヤしているがカワサキのレース場オートポリスの初代常務、あの九州の僻地で運営を完成させモータースポーツの存続に貢献されたことは見事である(私の教えを忠実に守っているのであるヘヘ)又、昔のタッチャんに戻って私の元に返ってきてくれた素晴らしいガイである

 今日の全ての写真を提供してくれたのもタッチャんである
e0190502_9124621.jpg

左から大槻・高橋・平井・田崎(全員が川崎を背負ってご苦労された方々である、平井はカワ販を背負った?)
それから専門誌(モーターサイクリスト石井さん&二輪車新聞)の取材あり広報します買って下さい。
 ・・・まだまだ続く・・・thirai
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-24 09:47

スミマセン

・・・スミマセン、息子が成人式カメラを持っていって写真が撮れません一回休みます(一台しかないのか?携帯ならあるよ、イヤー忙しい週である)
 今週は忙しい17・18はNPO法人THE GOOD TIMESの新年会・21・22・カワサキレーシングのOB会元KHI田崎社長・高橋副社長・大槻常務・我らが古谷(専務・常務・技監???)片山義美・山本 隆・星野一義・金子(ゴメン名前?)・我らが清原明彦・和田ヒロ・歳森(ゴメン名前が?)・岡部(ゴメン名前が?)竹沢正治・杉尾良文・塚本昭一・梁 明・飯原(ゴメン名前が?)吉田義正・オーイ名前が出て来んなにしろ沢山の人清さんが仕掛け人、エライコッチャ平井を忘れてた、++22は会社の新年会(ご招待を㈱インシュアランスSから頂いている)体調を今から整えておきます、スミマセン。thirai
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-16 17:01

「カワサキに想う」32

 セントラルサーキットのOPENは1996年9月26日スポーツ走行会員(2・4輪)のパレードに始まり4輪の模擬レース圧巻はやはり2輪の4メーカー対抗のレース、各社2台ずつの計8台のワークスマシンがアノ匂い音を派手に撒き散らし、余裕のK宮埼選手がウィリーでホームストレッチを駆け抜けヤンヤの喝采を、女性の悲鳴にも似た呻きが響く中 H/Y/S/Kの8台が抜きつ抜かれつでセントラルサーキットの幕は落とされた。
 しかし、なんと言っても第二段OPENINGと銘打って実施した11月の「全日本GT選手権」あの高橋国光・星野一義(今月の21日有馬で第2回カワサキライダーOB会に来られる、私も何故かご招待を頂き懐かしい人とお会い出来る楽しみである)・鈴木アグリ・片山右京・土屋圭一・近藤マッチー・松田(名前をスミマセン)その他有名選手が多数参加レースを行ったのである。
 それはセントラルのメリットかデメリットか狭いので身近に迫ってくるアノGTマシンの迫力それが、兵庫県多可郡中町で見られたのですぞー、困ったのは駐車場・選手の身体検査を地元の日赤病院の院長が担当(日本の有名ドライバーの体を触ったと自慢)病院の事務局は看護婦さんの勤務体系を裁ききれずセントラルに多くの看護婦さんが待機する有様、オマケにGT追っかけフアンが2~5日ぐらい多く入場したり。
 フアンの希望でコースウオークを実施したり「ヌカルナヨー」「ヌカッター」何で「ヌカッター」水である、なにしろ3,500人のサーキットに5,800人選手・スタッフを入れると約6,500人イヤーこれだけの人が、飲む食う出すイヤハヤ大変である。
 そうそうもう一つアノ12tトレーラーが30台どうする?パドックに入れるか?サーキットに入る日が決定した時、9月19日9時に集合、早速ドライバーミーティング、イヤープロの腕の見せ所一番案ずるより生むが安しスムーズに行ったのである(見事であった)
 レースは迫力の一点張りあの太いタイヤがキシミ・唸りの繰返し、観客は近すぎて右に左に首が痛くなる、オマケにマッチの大アクシデント(やはりスターだな幸い怪我はなかったがメデカル前は超満員、レースのほうは瞬間180km/時速、ブレーキのスリップコーン、2,8kmを1分きったか?、特記事項は水片山選手が大をもよおし水を求めて走り回り(便所で流す水が出る出ないバラバラだったスミマセン)
 それから星野選手を囲み同窓会故松尾さん・福田さん・金子さん皆んなカワサキ時代の良き思い出をピットで語りあったのであります。
レースは松田選手が優勝賞金を持って行きました。thirai
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-11 13:07

「カワサキに想う」31

⑥交通対策(交差点改良)
 渋滞対策として交差点右折レーンの設置連動信号機の調整・サーキット前の県道を直線にしたとき横断歩道の設置及び幅員の拡張等全ての費用はサーキット負担
⑦調整池(水害対策サーキットに降る雨水を全て自分で作る調整池で処理をする、しかも、雨の量は200年に1回降るであろう大雨を予測して調整する水を決定するとのこと???誰が200年の雨を予測するのアホらしい、それでもしたのだ)
 調整水量が大きくなったので横の駐車場まで入り込み、そのため調整池を作りその中に駐車場を作る始末、まず驚いたのはサーキット用地30万㎡の水をどうして量るの?ソレハネ簡単用地の外周に大きい溝を作りことでサーキット内の水を調整池に誘導できる量も分かる・・・なるほど納得・・・しかし、なんぼお金がいるのかなー(ちなみにサーキットの総工費36億円の見積もりだった)
⑧ガソリンスタンド
e0190502_882336.jpg

 ここが一番問題であった、シェル・日石・ゼネラル・コスモ・出光等販売店に飛び込み問屋さんを紹介してもらい中卸&メーカーにたどり着く構想だったがドッコイ門前払い、何はともあれも紹介者の元神戸スーパースポーツRのライダーであった吉田石油の御曹司が問屋さん昭石トーメン(くしくも社長が川重品証T部長と兄弟でありシメシメと思ったが、仕事は別「当たり前田のクラッカー」)これを聞いて豊ちゃんが「俺の紹介を」と怒り自分で投資をして写真のスタンドが出来上がりました、しかし、販売が上手く行かず(お客が少ない)大きな損害を与えてしまったのです、 「スミマセン」一番辛い思い出です。
⑨文化財の調査(埋蔵文化財分布調査)
 なにしろ工事区域に「茶碗の割れ」があっても、調査するのであるから大変である、これは中町教育委員会
が調査主体となり調査をした結果報告書には
 「坪堀調査地点計13ヶ所、その結果明確な遺構は検出し得なかったものの、南部部分に土嚢が比較的安定し、弥生土器・中世土器が少量出土している」「充分なる対応が必要である」
 結果約100万円の出費であった
e0190502_8544095.jpg

⑩関連法規類の列挙
 ・開発同意・林野開発許可・緑化協力④のこと・都市計画豊29条許可・宅造法8許可・国土法許可・河川法許可・道路法24町道許可・町道占有許可③のこと・文化財分布⑨のこと・特定施設許可・瀬戸内環境保全・調整池設置許可⑦のこと・農地転用許可・都市計画32条許可・道路法24条許可⑥のこと・消防水利同意書・特設水道⑤のこと・都市計画32条(県道付け替え・漁業権・防災協定・農地開発協定・開発協定(中町・八千代町・地主5ヶ村)・土地の賃貸計画②のこと・
 イヤー大変な数である、これら全てに思い出があり苦労があり「笑い・涙・苦しみ」色々ありましたが、山田錦さん初め多くの人に助けられ、ただひたすらに「ポールTOフィニシュ?」を求めてやり遂げたのである。
 素晴らしい、思い出を全部聞いて貰いたいのだが「つまらない」話ばかり、「日本一早い男」星野一義&オープニングセレモニーの思い出でセントラルは終わりにしたい。thirai

 
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-10 11:47

「カワサキに想う」30

 今日からはアラカルトで思い出します。

①セントラルの命名の由来
  単純である、中(セントラル)町にできるから「セントラル」町の方に付けていただいたそうである。

②話の流れ
 全て五ヶ村の借地、何事も話を進める初めは五ヶ村の区長さんより始めなければならない、忘れもしない坂本H区長より「平井さん会議を6時頃から召集する時は弁当を、7時以降に召集する場合にはお茶けを準備しなさいよ」そのお陰で「イヤー平井は良く気のつくヤッチャ」褒められた目出度し目出度し。
 ところがである、区長との話はまず話は地元の打合わせから始まり、田植えの時には水の割り振りから始まる始末、セントラルの話が始まるのは日にちが変わる頃「そうそうセントラルやが、水道が引けないので井戸にスルOKですか?」「OK」であるとの結論直ぐに終了、これで同意書を翌日頂けるのである、しかも私は田植えの水の大切さが良く分かり、いいのかな!

③コースレイアウト
 コースのストレートを直線にしたい(写真を見て下さい曲がっている)、そのためには県道の曲がりまで直線に付け替えをしなければならない、ズート曲がっていた県道だから真直ぐにしたら「危ない」闇夜の晩には「怪我をする」と来たもんや、そんな話を真面目に五ヶ村+仕出原(隣村)各区長+両町役場+土木出張所等々同意書8通+申請書+審査=許可証である(オマケに道路を真直ぐにする為に土地を購入して県に寄贈、解かルカナー大変である)

④植栽の面白い話 
 開発は使用面積の五分の一はそのまま残存森林、五分の一は植栽して復元する復元森林、残り五分の三がアバウト使用出来るのです。
 セントラルサーキットは約30万㎡借用、使用している面積は約19万㎡しか使用していないのです、面白い話とは植栽するのに、都計法(都市計画の法律)では小さい木を植えなさい、関連する森林法では大きい木を植えなさい、同じ場所にそんな器用なことが出来るか、オワカリかなー?それが出来るのです。
 高木の杉・松等をメンテで低木仕立てにするそうです(植栽屋さんが儲かるだけー)

⑤水道の話 
 セントラル」は観客3000人+選手+関係者=3500人で計画を開始、ところがである選手130㍑・観客65㍑=250トン/一日の水を確保しなければならない(初めは水道を敷設して頂いたら簡単と高を括っていたら、ところがまたまたところである、途中の峠三さかを越えての敷設はお金が掛かり過ぎる、駄目、隣町からは水は戴けない、井戸しかないのであったチャンチャン(3500人の観客動員は開設以来一回だけオープニングセレモニーGTレースを招聘したときだけのはずである)
 
e0190502_881235.jpg

*写真の施設の場所を見て下さい、特に県道北条線24号曲がっているである、
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-09 08:19

「カワサキに想う」29

e0190502_13251457.jpg
 気が早い社長に言われ「TEAM GREEN」の引継を実験研究重ちゃんにバトンタッチした途端、既に体は西脇堀町にある雇用促進住宅へ(これは工事を担当する地元の長谷川建設㈱のK専務の計らいで新築302号室を確保(入居条件 既婚・収入・仕事場等)取り合えず単身で2月初めに(6月に今の家内と結婚)社長以下同僚・選手に涙の「蛍の光」に送られ「日本のヘソ」西脇へと移動、新しい第3の人生に足を踏み入れたのであります。
 まずは近隣への挨拶から始まり(地元県会議員・中町町長・八千代町長及び担当者、地主である5ヶ村の区長さん・稲荷郷各5ヶ村の山林委員・農地委員・青年部会・婦人部会・商工会議所青年部会等)イヤー大変だったことだけが頭に残って居ります。
 土地は上記5ヶ村稲荷郷(坂本・森本・糀屋・安坂・曽我井)の共有林を30万㎡をお借りしてサーキットを作る事になっておりました、この挨拶が終わると、いよいよ県本庁・総合庁舎・保険所・地元にある土木・道路出張所・県警本部・所轄警察署・交番所・病院・関電など公共施設関係・面白い所で加古川漁業組合等々それが終わると業者・スポンサー、マー大変名前と顔が一致しない・・・名刺だけでも2,500から3000枚はあるのでは?

 ご挨拶の合間に現地の視察?思い出すだけでも大変ですぞー
 平成2年3月仮称セントラル・サーキット事業計画書の概要を抜粋
 ①申請者住所氏名 ②事業施行箇所 ③事業及び施設の名称 ④土地の選定理由 ⑤事業計画の概要
 ⑥利用計画  ⑦事業に要する経費及び資金の調達方法 ⑧事業の実施方法 ⑨防災施設計画
 ⑩水の確保等の計画 ⑪環境保全計画 ⑫その他参考となる事項
 添付図面
 ①位置図 ②航空」写真 ③土地利用計画平面図 ④造成計画平面図 ⑤防災計画平面図 
 ⑥谷筋縦断面図
 イヤハヤ気の遠くなる量の書類である、官公庁とは厄介なもんで本庁に届けると、地元の総合庁舎、それが終わると現地にある各出張所・保険所等、これが同じことの繰返し、全てに関係する方々の同意書と来たもんだ。
 同じことを3回~5回説明をして始めて申請・審査に入るのである、しかも、兵庫県で2・4輪の競技場の審査である、審査する皆さんが始めての案件だから、こちらから教える始末、大規模開発許認可申請を担当する技官&コンサルタントの皆さんのお仕事が如何に大変か疲れたよ・・・でも私には「ライムグリーンのポールTOフニッシュ」の夢がある、初めからギブアップは勿論ありえない、延々4年間許認可に向けて邁進したのである。
 ヒャー、しかし、この4年間の苦労話を逐一報告しても皆さんにはあまり興味の無い物も多々あると思うし、又、あまり詳しく書くと差しさわりのあるところもあるので、これからは、内容を吟味して書いて見ます。thirai

e0190502_13255113.jpg
e0190502_13261282.jpg

*写真は①名刺のヤマ ②位置図 ③現地写真
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-03 13:29

「カワサキに想う」28

e0190502_22503727.jpg

 それは官公庁のエライサンからの電話で始まった、「実は会って貰いたい人をつれて今から行っても良いか?」
 お会いしたら「兵庫県多可郡中町にサーキットを作りたい地元メーカーの川崎さんにご支援をお願いしたい」とのことだった。
 「ことお金のことであればそれは無理です」「イヤお金は要りません、ノウハウと人材のご支援をご配慮いただきたいのです」なにしろ大きな話「エライサンに報告してご返事致します」とのことで、その時は場所・位置などお聞きし上の航空写真を頂き話を聞いたのみで後日回答することとなった。
 高橋社長に報告をして判断を仰いだ所、紹介者もしかるべき方であり無下にお断りできない(しかし、兵庫県にサーキット難しいのでは?)「マーお付き合いを君が窓口でしなさい」当然報告は逐一すること」とお付き合いの許可を得てスタートしたのであります。
 その方はサーキットを作りたく大阪にあった自社工場全てを売り兵庫県加東郡(現在加東市)社町に㈲Sアルミと言うアルミの試作型を製作する会社を移動していのである、社長S氏は非常に熱血漢であり、情熱のある方であった。
 既に西脇市にある㈱サンコンサル(今もお世話になっている山田錦さんの会社)により許認可作業は進み、設計は建設コンサルタント㈱HARA土木計画・設計事務所により作業は進められていたのである。
早速KHⅠ実験研究部の指導の下、地形に合わせたコースレイアウト下の図面が是か非か検討から始まったのである。
  
e0190502_23231099.jpg

 私もお付き合いをしてから再三お会いしてある程度支援らしきことが始まったある日、オーナーからもう直ぐ認可が下りるので早く人材の派遣を戴きたいとの依頼が飛び込んできたのである。
 早速社長に連絡ややあって「お前が行って来い、お前のことはオレがチャントする心配するな」とのこと、しかし、私はTEAM GREENで楽しく仕事をしており、他の人をと辞退したのだが「お前でないとこの仕事は出来ない、チャントするから心配せずに行って来い」男の中の男オレを見込んでそこまで社長に言われたら男冥利、ヨッシャ行ったろと腹を決めたのであります。
 これから待っている苦るしみも知らずに・・・明日に続く・・・ thirai
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-02 23:58

「カワサキに想う」27

e0190502_13135391.jpg
・・・大庭 浩社長からバトンを受けて’86年高橋鐡郎社長が第11代社長に就任になり’96年までの11年間安定したカワサキを背負って立ったのである、難しい時代でもあったが良き時代でもあった、考えると私はS29年からS61年高橋社長・田崎社長を経てH11年大前 太社長までカワサキで育てられ、販売・好きなレース・オマケにサーキットまで造らせて貰い素晴らしい人生を頂いた会社である。
 何故か恨みを持って辞める人、なんとなく流れて辞める人、オレみたいに喜んで切ったら緑の血が流れると喜んでいる奴、世の中は考えようで何が良いか判らん・・・
 でも感謝できる人生に万歳である、私には何でか神様が色々修練をくれるようだ、これからまたまた兵メの再々建大変であるが、何かお客様に喜ばれる会社、社員が感謝を持って働ける会社、社会に貢献出来る会社を作って行きたい、社員・会社の品格が勝負である、H22年1月6日が臨時総会で果たしてどうなるか?頑張るしかない、当たって砕けろである。
e0190502_1313735.jpg

  写真説明これは神戸営業所オープンの時、左から田中社長・高橋」専務?・平井・ごっちゃンである、 ウエの写真、これはカワサキのOBの集い毎年5月ごろ明石で開催されているが、毎年黙祷の無い年は無い淋しい集いでもある、しかし、昔を思い出すようになったらお年を召したと言われるがそんなことは無い、私はまだ現役、今ブログはS60年まだ26年もある追いつくか心配だが何とか頑張る、中央が元高橋社長である、 私は今もタイスケさんから励まされた、オレは頑張るよ。thirai
 これからおおよそ5年の年月をかけた、セントラル・サーキット物語の始まり始まりである!!!山田錦さんご支援をお願いします。
[PR]
by toshi-hirai | 2010-01-02 13:14