Team Green

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「カワサキに想う」23-15

・・・Z-1&Z-2が淡路に大集合「西日本Zミーテング」が開催されたのである、東は相模・千葉・横浜から名古屋・京都・大阪・神戸、西は大分・徳島ななんと1,100台ものZが一堂に集合したのである。
 イヤー驚いた40年前にカワサキのヒット商品であったZが、未だにピカピカで存在するのである、カワサキのルーツである’60年代後半、世界一の座を4サイクルエンジンで狙おうと、2サイクルエンジンでのプロジェクトと同時進行でカワサキ社内では4サイクル750ccの開発を進めていたが’68年モーターショウでデビューしたホンダCB750Fourをみて予定を変更、新たに900ccのエンジンで世界一を狙ったプロジュクトを再起動させたのである。
 その名も「ニューヨークステーキ」これがZ1開発プロジュクトの隠れた呼び名であった、そのメンバーの第一人者でもある、種子島営業担当・稲村エンジン担当・テストライダー山本・清原以上4氏が今日淡路で1,100台を目のあたりに、隠れたエピソード・裏話など等のトークショウを展開、ヤンヤの喝采を浴びながら楽しいひと時を送ったのである。
 そのあと盛り沢山のイベントで楽しい秋晴れの一日を各地から集まったZの猛者たちがZを絆とした仲間となりみんなで楽しい一日を・・・

 入場を待つZ軍団
e0190502_17315828.jpg

 一堂に会した1,100台のZ軍団整列
e0190502_17281433.jpg

 「西日本Zミーテング」スケジュール
e0190502_17305662.jpg

 ニューヨークステーキの面々と山本テストライダー(現㈱エントリーの社長)・平井チームグリーン元監督・種子島Z開発プロジュクト営業担当・宮崎(エーテック代表)稲村Z開発プロジュクトエンジン担当・清原テストライダー(現プロショップKIYO社長)各氏
e0190502_17381270.jpg

 トークショウ風景、アナウンサー・専門誌カメラマン鈴木・稲村エンジン担当・種子島営業担当・山本・清原開発ライダーの4氏
e0190502_17432658.jpg


 CB750Fourとの比較で発売こそ遅れたが、絶対性能・スタイルの優位性は歴然で、いま尚40年の歳月を経ても存在する「稀代の名車」その名も「Z」いつまでもその名を愛されて引き継がれて行ってほしいものである。                                       t-hirai
     (文中順不同敬称略)
[PR]
by toshi-hirai | 2010-11-28 17:44

「カワサキに想う」23-14

・・・来ました第2戦(’85,6,2,)鈴鹿サーキット今回から400ccクラスは多田一人だけのエントリー750ccF1クラスは従来とおりの体制で臨むことになりました。
 今回のマシンは市販ベースのGPZ400Rでは無く旧型のGPZ400Fの空冷アルミフレームに水冷GPZのエンジンを積んだNEWマシン?フルカウル仕様(当たり前じゃん壊されてもすぐに修理OK対策)しかし、チョットKRを思わすボデーライン見るからに走りそう、少し車高が高く感じるがとりあえず練習走行・・・一応新車なので転ばさないように慎重に感触を確かめながらの走行、印象はかなり取り回しはカルカッタ様な???
e0190502_5524843.jpg

 鬼迷監督が腕組みをして睨む中での予選午前・午後とも転倒もなく通過2列目真ん中のポジション、B級では初めてコースレコードタイム2:27秒をたたき出しクラス1位こんなモンダイ(これがモンダイ調子に乗ってテントウムシのサンバ、何しろご存じのとおりコースに出たら監督の手が届かない)決勝はスタートでミスり、1コーナーに入るときには10番手
e0190502_643439.jpg

 S字を抜けてダンロップブリッジ入口でヤマハを駆る塩森がインを開けていたのでインにスッート入り込んだ(サー始まった)はずなのに、塩森のリヤータイヤが
e0190502_672991.jpg

 おいどんのフロントに接触(頭が良ければ抜けられたのになー)結局やってしまった転倒迷監督のお顔がチラチラ、こらイカン全車通り過ぎるのを待って再スタート(写真はチョッと違うみたい転倒はホントウ)
 
e0190502_6112540.jpg

 あのダンロップゲートの上り坂を押して上がったら、すでに先頭集団がオイラの後ろ(アホ、ラップされかけているのや)マーマー見ていて下さい。
e0190502_6162257.jpg

 やっとエンジンをかけ、それからは前にいる奴はドケドケおいらが通る、抜いた抜いた、結局クラス8位でゴール、これでも入賞や・・・転倒がなければ(アホ転倒がなければ1位だと、何ぬかしとる)本当に残念なレースでした。
 「多田よ、お前の人生テントウムシのサンバ少しは頭を使え」だとさ、アーアー残念こんなのバッカ・・・
 
e0190502_6482063.jpg

 次は鈴鹿の最終戦です。
                                                        t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2010-11-27 06:31

「二輪車品質評価士(品質査定士)」講習会

・・・11月24日、社)自動車公正取引協議会が実施している、二輪車品質評価士(査定士)の新たに資格取得する方、更新時講習会の方に対する講師を(多分最後では/3年に一回)務めてきました。
 業界の最たるお店の社長・店主・従業員約53名が参加され、2時間という日ごろ慣れない勉強にも係わらず、皆さん一生懸命耳を傾けて聞いてくれました。
e0190502_21323625.jpg

 この講習は、お客様から「信頼され安心出来るお店」と支持頂ける、「愛されるお店を」目指して、各お店が公平な基準のもとに作られた公正競争規約でもって、同じレベルでお客様に接するという主旨であり、今、業界あげて推進している制度です。

 皆さんもバイクをご購入の際には是非とも公取協加盟店で安心してお買い求めください、どこが違うのか?

ソレハネ・・・
 ①プライスカードを各車両に表示しなければならない(新車・中古車とも)
 ②契約書(注文書)を必ず取り交わす

   当たり前と思われるだろうが、守られない

 特に中古車は、その車の評価、下取り・買取に関してはその車の査定を行い、両者とも、大きくー5項目、小さくー22項目にチェックして

 ③プライスカードにその車両の評価・査定を表示してお客様に納得して販売・下取りを行っております。
 
 この様に細心の心配りで、お客様の満足・安心・信頼を培っております、再度のお願いです公取協加盟店で二輪車はお買い求め下さい。
e0190502_21484191.jpg

 私の熱血講師ぶりである

   私は多分最後のお勤め少々羽目を外して、持ち前の大声でやってしまいました、型破りな講習時間は短いけれどきっと受講された皆さんに伝わったのでは?

 二輪の業界発展のためこの制度を伸ばして行きたいものであります。


                                                     t-hirai


 
[PR]
by toshi-hirai | 2010-11-25 21:42

兵庫県二輪自動車協同組合主催 「エンデュロごっこ」

 快晴の秋日和に恵まれた今日、三木アネックスに於いて兵二協の「エンデュロごっこ」が盛会裏に行われました。
 集まったライダーは日ごろの成果を試す絶好のチャンス、また好評のライデング教室も(立脇三樹夫・高浜竜一郎にオジンの私が出しゃばりで出演)初級・中級の2班に分かれて、これまた好評に終始して和気あいあいの一日でした。
e0190502_17223121.jpg

 開会式風景 島津理事長の開会あいさつ
e0190502_17235615.jpg

 森田大会委員長による講師紹介マイクを手にした高浜選手・左側立脇講師・右側委員長その右島津理事長
e0190502_17261149.jpg

 元チームグリーンの迷監督平井のコーチ(わかるかな)
e0190502_17273078.jpg

 立脇講師のコーチ風景
e0190502_17281370.jpg

 全車スタート位置に

 本当にお疲れ様でした、また来年(年に2回実施しております)是非ご参加ください。
[PR]
by toshi-hirai | 2010-11-21 17:29

「カワサキに想う」23-13

・・・1985年3月筑波サーキット、新生カワカキチームグリーンの初戦です、メンバーはF-3クラス 3名、故新谷永喜・西田克也・多田喜代一、F-1クラス 3名 岡 正弘・日下真一・斉藤昇司、その頃チームにはマネジャーも居らず選手が受付に行って手続きをしておりました(上等やないかそんなもんやで~)
 ところが事件が発生、ソレハネ受付では免許証とライセンスの提示が必要だったが、多田の免許書1ヶ月期限切れ、ゴチャゴチャ言ってるうちにOK、目出度し目出度しでありました。
 さあ~始まり始まり、公式練習の始まり、テントウムシのサンバ?全車トラブルなしと思ったのですが、最後の最後(サー来ました)奥のエアピンで開け後家じゃ・・・しかし前ゴケのハイサイト、マー好いか・・・ピットに戻ると自分の交換するカウルが無い、それやったらと僕の案でアッパーカウルのみで良いからアンダーカウルは要らないし、繋ぎのセンターカウルも要らない、メカニックの和田さんに切ってもらい結果シルエットも良くなったし冷却効果も良いはず、一石二鳥とはこのこと (流石ー苦労人の多田選手)
e0190502_21273959.jpg

 翌日の決勝日は雨も上がり、午前中はハーフウエット、久しぶりの予選緊張しての参加(サー始まったテントウ虫のサンバ)雨の走行は転ぶまで早い(当たり前やろ転んだら???)自信はマーマー予選スタートGPZ400Rのデビュー戦、
e0190502_664367.jpg

 前後16インチのレインをはいて(フロントはいいのだがリヤーが滑りまくり、しかもデーターがないと来た、少々気にしながらの走行)グリップ感を感じつつ徐々にアップ(寄せ寄席)いい感触で1回目の予選が終了、その時点ではA/B混走総合10位クラス3位、マーマーである。
 午後の予選は完全なドライまだポテンシャルの低いわがGPZ400Rは他車に圧倒され予選は通過したものの多田の成績40台中23位(雨が降り続いていたら良かったのにな~)故新谷30位西田予選落ちと散々な成績、しかし明るい男カワサキ(アホ男は負けたら悔しがれ)ガレージで明日への整備も終わり、みんなで楽しいミーテングをかねて夕食タイム食事も終わり風呂にも入り就寝タイムメカ・スタッフ・ライダー全員雑魚寝でした。(アホ、チームグリーンはワークスとは違うプライベートチームじゃ)
 翌決勝を迎えエンジンスタート皆さんご存知の通り、筑波は鈴鹿と違い1コーナーがヘヤーピンになっておりかなるりスタートの時は混雑して追突するので(アホ一番は他車に追突なんかしないやろ、するとしたら追突されるじゃ)今回は慎重にクリヤー(遅くなった理由か?)順調に周回を重ねるが、思ったようにペースが上がらず、それもリヤータイヤが全然グリップせずコーナー手前でアクセルを閉じただけで大きくカウンター状態(ソーラ来ましたてんとう虫のサンバ)アクセルを開けると滑る滑るスリックカート状態レースも後半に向かいどうやら転倒はしないものの(おかしい?)途中でシンやんにも抜かれほぼ最後尾でチェッカー順位は分からない(アホリザルトにはっきり書いてある、ええ格好スンナ)リヤーのグリップを失ったマシンを抑えるのが精いっぱい、両腕はパンパン、ストレートは遅いし散々なオイらのライダー人生最悪の結果になってしまいました。
 気持ちを切り替え次の第2戦鈴鹿、4年の歳月は経過しているが、自分が死ぬほどのアクシデントを起こした鈴鹿サーキットのレース、是非、リベンジをと心で平井監督に誓うのであるます(ありがとう)。
                                                        t-hirai

 追伸 今日は兵二協の「エンデュロごっこ」応援に行ってきます。

 

 
[PR]
by toshi-hirai | 2010-11-19 21:27

「カワサキに想う」23-12

・・・来ました喜代一からマタマタ転倒物語、しかし、本人が一生懸命送ってくるので書いてみます見てやってください。
 1981年三重の病院から神戸に帰還、まだまだコルセットが外されず風呂以外はコルセットをつけたままの毎日、でも、体は徐々に快方に向かい、今度は就職活動前職は瓦職人の手伝いだったが、残念背骨がままならず、少しの間、背骨に負担にならない仕事をと思い立ったのが、お世話になったオートバイ屋の石屋モータース山下社長に働かせてとお願いをしに行きました。
 ちょっとした面接(アホよーく知っているのやろ)採用決定、自分では15歳からバイク屋さんでアルバイトをしていた関係でそこそこの修理はできたのです、しかし、まだ力がままならず体にあまり負担にならない仕事にしてもらいました。
 山下社長&迷監督はイベント大好き人間、スナック・カラオケ・ツーリング・安全運転(ジムカナー)などの行事が目白押し、2年もたたない内にオイラの体も全開、バイクに跨りハイシドドと暖機運転が始まり、もともとセンスのあるオイラ?????ますます快調、カワサキ安全運転ジムカナー全国大会上級クラスで2連覇
 特約店対抗イベントレースでもブッチギリ、この様なリハビリがあり昔の自分に戻るのに時間は要りませんでした。
 ついにカワサキに深く係わるチャンス到来、1984年石屋モータースで働いていた自分にTEAM GREENの迷監督からレース活動を休止していたカワサキが、又再開する「多田乗ってくれるか」との有難いお言葉、自分は二つ返事でOK、

・・・違う違う・・・
 レース再開は本当だがワークスが1982年に凍結した後、オートバイを販売しているカワサキがレースをしないのは、お客様に対しても失礼である、せめてTEAM GREENでRRの再開をさせてくれ~の再開であった、真意は情けない状態に殴り込みであったが、これが功を奏して一年後のワークス活動の再開今があるのである。
 多田は乗ってくださいでなく乗せてやったのや、ソヤろ多田・・・

 病院の先生は「今度バイクで転んだら神経が切れて下半身不随になる責任は持てない」とのたまう「そんなの関係ない」と、さっそくTEAM GREENの一員契約金700千円???

・・・待て待て病気上がりのヘナチョコライダーにお金を出すほどTEAM GREENは金持ちではない、拘束料5万円/月それでも60万円だったよん~、契約金は’87の鈴鹿8時間耐久の時、初めて800,000円の契約金ゼロが多いと宗和と二人喜んでサインしたのである、そうして’79年からワークスで本格的に契約と思うが、どうや多田?・・・

 これからが二足ワラジの人生の始まりでした、’85年これまた寒い2月初旬TEAM GREENの初テスト、その時は粟井さんに面倒を見てもらっていたのですが、ちょっと「ねーちゃん」とお食事を豪華にやってミーテングに遅れ(みんなに挨拶もできず)粟井さんに怒鳴られ「挨拶もできないショウナイライダー」でのスタート。
 アホやなー・・・しかし、テストは走らせてもらいました、初日ピットでは・・・GPZ400R・・・保安部品のないほぼノーマル、前後16インチにスリック(ちなみにリヤーはダンロップ特注の太いタイヤ)専門誌の取材(ライダーは和田 稔)もかねてのテスト、カワサキは故新谷・西田いよいよ自分の番(さーきた)今までモリワキのモンスターなのでGPZ400Rでは?普通のバイクてな感じ、東コース7~8周流し体慣らしとはいえ、タイムはその日僕のタイムが最高やったと思いますへへへ・・・やればできる・・・
 私が入れて貰う前のカワサキのロードレースライダーには、KIYOさん・和田さん・杉本五十洋・阿部さんなどと有名な方々に+有名外人ライダー、無名の?自分がワークスのライダー(国際B)まさかまさかのデビューでした。

 今日のテストは転倒もなく、アアー良かった、いよいよ第1戦筑波サーキットです。

*写真がない面白くない                                           t-hirai

  
                                                          

 
[PR]
by toshi-hirai | 2010-11-12 21:18

Z-1会ゴルフコンペ開催

・・・好天に恵まれた?秋日和の今日、恒例のZ-1に何らかの関わりを持ったカワサキのツワモノが一堂に会して、旧友を労わる会で賑やかなことこの上ない、オモロイ集まりをやって来ました・・・
 やはり同じ釜のカンカン弁当を食べた仲間今日は総勢33名旧友の絆を確かめた一日でありました。
e0190502_18371354.jpg

 私には別の目的があり、・・・ソレハネ、来年の話をすれば鬼が笑うと言いますが、私の企画「カワサキの想い出そして未来」に出演してくれる人々にOKを取る目的をやらかしました・・・
以下OKを頂いた方々のお写真を(怒られるかな)
e0190502_18442225.jpg

稲村暁一 知る人ぞ知るカワサキを背負ってきた立った技術のツワモノ
e0190502_18443938.jpg

古谷錬太郎今回公援を快く引き受けていただいたNPO法人TGTの理事長でありカワサキの主である
e0190502_1846944.jpg

これまたMXとRRの仲良しコンビ杉尾良文&塚本昭一である
e0190502_18551912.jpg

この人だーれ怒られる、泣く子も笑う、梁 明である

 残念のは、大槻初代KRTの監督?が今回はお仕事で欠席私の企画のお願いは次回となった。
また、キヨさんが新井ヘルメットのイベントに東京に行って欠席だったが、多田喜代一・MX山本 隆・野宮修一・立脇三樹夫全員OK、段々煮え詰まってきております。
 後、皆さん希望の和田OB・今年RR全日本2位柳川選手・MX全日本2位田中選手の現役にも会社から声を掛けてもらっており、ライダーは大体私の思った人々は応援してくれます、乞うご期待です。
 楽しい一日でした。                                           t-hirai
 
[PR]
by toshi-hirai | 2010-11-10 19:19

「カワサキに想う」23-11

e0190502_15394697.jpg
・・・新しいパソコンが帰ってきた、こいつはおれに寂しさを改めて教えてくれたツワモノである・・・
 今日は多田からまたヤカマシイメールが入ると思っていたが、続けることは大変であることを彼は分かった様だ、「ン」とも「スン」とも言って来ない。
 新しいパソコンのセッテング???に時間を費やしやっと立ち上げたマシン順調に働いている。

 今日は一つ私が喜代一の過去を思い出してやろう、困ることばかりに「奥さん」怒るかなー
e0190502_1321927.jpg

 多田は、29年1月生まれ(これだけでも目出度い)30歳頃だったかカワサキに入れたのは、とにかく陽気な奴だったのは間違いない、唯一外部から入ったライダー(チームグリーンはチーム38のライダーで構成されていた頃である)がチームの和を盛り上げたのも間違いない、しかし、私のライダーに対する信念は「即ち天秀才を作るのである」と吠え、ライダーを仲間に入れるのには、イヤ見つけるのは「何か光るものを持った若者である(天才)」「それを磨いて秀才にする」「天秀才」を作りたかったのである。
 もちろんその金の卵を磨きに磨きをかけ「天秀才」に仕上げる過程にベテランも必要であったのは確かである、彼はその役目を十分に果たしてくれた、何しろ30歳若者とは違う、しかも実戦でテントウムシのサンバを踊る王様である、彼の出番は「和」でありこれは十分に果たしてくれたと思う。
 チームの成績が悪い時、好い時、どちらでも体制を崩さないツワモノ、イヤーそれにしても〇性が大好きアッチをキョロキョロ、コッチをキョロキョロ、「レースクイーン」全盛の時ピットにレースクイーンが居ない「男カワサキ」(予算がなかったので決して、そんなに格好の良い「男カワサキ」ではない)そこにである、他メーカーのクイーンが遊びに来てくれる、そんな馬鹿な話があるか?
 何しろ相棒も悪いタイガー宗和である、二人の漫才コンビは常に話題の多いライダーであった、レースで早いのは良いのだが最後まで完走出来ないのは問題である、しかし、カワサキの長いレースの歴史の中になくてはならないライダーの一員であることには間違いなかったと確信する。
 彼の忘れられないエピソードに、それこそ鈴鹿でテントウ虫のサンバをやらかし、右だったか左だったか?足を骨折、私の車でポウアイの神戸中央病院に入院させたときのこと、私が見舞いに行ったら奥様が看病に来ており「こいつはアホですな」「痛いのに転びやがって」「もうーレースはやめてほしい」との会話のその時、・・・花束を持ってお見舞いに来てくれた「細面の見るからに男好きのタイプ」ビジョビジョのご婦人・・・火花が散った女性の目と目を私は見逃さなかった。
 私はそこにはいたたまれずにホウホウのテイで退散、後日どうした???との質問にイヤー困りましたとの一言、喜代一でも困る時があるのか?アホラシイ。
 こんなこともあった、グットラックの社長に8耐でのご褒美に(テントウムシのサンバで敗退した多田・宗組)銀座のクラブに連れて行って貰い、こともあろうかクラブの女性にモウションをかけ上手くかわされ、シブシブ二人でデュエットをご披露したり・・・まだまだオモロイ話・・・沢山あるのですが彼の名誉のため、イヤ、カワサキの名誉のためここではお許しを・・・来年の工場見学会で本人からお聞きください・・・何しろ、おもろい奴であります。
 しかし、今なお私とは仲良く付き合ってくれる「ナイスガイ」これからも多分、いついつまでも私とは良い友達の一人であることには間違いありません、イヤ、あって欲しいものです。   t-hirai
 
e0190502_15391043.jpg


 
 
 
 
[PR]
by toshi-hirai | 2010-11-07 15:13