Team Green

<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「袖ケ浦マル耐」②

 天気は上々(昨夜来の雨も上がり、ウエットからドライに)一周2.4kmのタイトなコースで繰り広げられようとしている。

 
e0190502_5381224.jpg

 コース図である、ホームストレッチしか休めるところが無いみたい?
 
 「THE GOOD TIMES」3台のエントリーリスト

1、THE GOOD TIMES Racing チームみどり ゼッケン12
ライダー  蘇原宏介・松島 裕・宗方 匠・宗方友香・中島 零
マシン  ZXR250・GPZ900R(出なかったみたい)YZF-R6

2、THE GOOD TIMES Racing チームフリー ゼッケン13
ライダー 松本陽一・松沢智裕・佐治克時・坂本博嗣・樋口雅仁
マシン  NSR250R・TZR250・DRZ400SM・VTR1000SPⅡ

3、THE GOOD TIMES Racing チームNinja ゼッケン11
ライダー 三宅 徹・吉田將己・塚原翔太・滝浪友哉
マシン  ninja250
e0190502_5331566.jpg

メンバーの写真

4、レギュレーション 
 クラスは、GP-1(1000cc以上)・GP-2(600~999cc)GP-3(400cc~599cc)GP-4(250cc~399cc)GP-moto(125cc~249cc)・2ST車両は排気量を二倍の換算・複数台エントリーの場合は排気量の平均値での区分

 ・・・イヤハヤ混走だが色々仕掛けがあったらしい・・・

e0190502_523386.jpg

スタート前丸山さん&レースクインーによる、面白選手紹介(丸山さんナカナカお上手)


e0190502_525476.jpg
 
 サーイヨイヨスタート一分前 胸のところが落ち無いかな~(また始まったダメダメ)

e0190502_536108.jpg

 スタートの瞬間

e0190502_5523531.jpg

 これ傑作、平井がとろいのか?雷神マッハが早いのか?(マアーマッハだから???)車が居ない???

e0190502_5552166.jpg

 サーイヨイヨ 紅一点ママさんライダーご主人からのバトンタッチを待つ瞬間、ナナント平気なご様子何とも感じないのかなー、少しぐらいは「貴男ハヤク-いらっしゃい」テナコト考えないのかな~どうやろ?

・・・てなところでエスカレートしない内にこの項一応終了・・・今日はお休み③があるかなー・・・

                                                         t-hira
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-27 06:01

「袖ケ浦マル耐」①

・・・行ってきました、千葉県袖ケ浦途中海に浮かぶパーキング(カワサキが誇る技術が作った)島にチョット休憩
e0190502_21235760.jpg

e0190502_4314352.jpg

rfuruyaサンのガイドでトンネルを掘ったカワサキの掘削機も見せて頂きました。

e0190502_21275439.jpg

そのあと真直ぐにサーキットに、一番初めに目についた「THE GOOD TIMES」パドック

e0190502_21284369.jpg

パドックエリアでは、お祭り騒ぎライブもありました(サザキさんも歌ったらしい?)

e0190502_21303896.jpg

ミーテング前にスナップ

 元チーム・グリーンの監督としては、NECで皆さんを励ます予定が折角雷神マッハさんから時間を頂けたのに、残念時間がせって半分もお話が出来ず改めてここにご披露します。

①Nnaturall   自然に逆らわず自分自身のラインを見つけ「力」を80%で走ろう
②Enjoy    何かしらオモロイレースでは無く、楽しんで走ろう
③Concetrall  集中力に加え「緩急・強弱・技術力(アクセルワーク)」をわきまえて走ろう

 ライダーはコースへ出たら前後のサカイメもなくマッシグラ、怪我をしたら、全員が落ち込むものです、自然に逆らわず思い切り良く走ることである、「幸運を祈る」テナコトオッシャイましたかねー


 しかし、レースを主催した丸山さんは皆サンを面白可笑しく誘導、久保田武蔵氏(格闘技世界チャンピョン)が準備体操+駅伝今から走るコース上を走りでバトンタッチとライダーの体を充分に解きほぐし、コースの下見?&ライダーを疲れさせたのは本当に良かった。

 お陰様で2・3転倒はあったもののけが人は無し、これは立派である。

e0190502_2224371.jpg

 丸山・久保田の両氏によるウオームUP
e0190502_225749.jpg

コース上に広げられたバトンリレー(選手はクタクタ)

サーイヨイヨレースの時間が近ずいてきたライダー予選で決められたグリッドへ
e0190502_228663.jpg

スタート前だと言うのに余裕のヨコちゃんthe good time のエースライダー蘇原・松島の両氏

イヤーカメラで追っかけられない程のスピードである、次回のお楽しみ
                                                        t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-26 22:14

「西日本Zミーテング」開催(速報)

 11月20日(日)昨夜来の豪雨もからりと晴れ渡った淡路に第2回西日本Zミーテングが昨年同様同じ会場で盛大に行われました。

e0190502_15363699.jpg

会場入り口に立てられた誘導看板

e0190502_16262969.jpg

 1,000台以上のZ-1・2その他多数のオートバイが淡路に集結(東は栃木・東京・千葉、西は熊本・広島・山口・愛媛・京都・大阪・神戸・姫路その他各地から)冬空の中(少し暖かい時間帯もありましたが)


 トークショウ(これはパネラーにカワサキのZ-1開発者大槻・種子島・稲村+開発ライダー清原・山本各氏)がお客様の質問に、はたまた苦労した開発物語を展開、Z-1・2 愛好者も改めて自分の愛するカワサキの生い立ちに接し、惚れ直した様子満足に頷いておられました。

トークショウ風景
e0190502_16491581.jpg

 Z-1パネラーの左から大槻統括責任者 ・ 種子島企画販売担当 ・稲村エンジン開発担当の各氏
                 清原テストライダー・ 同じく 山本テストライダーの各氏
e0190502_16501514.jpg

e0190502_16213711.jpg

トークを一所懸命聞ているお客様・・・

e0190502_16102018.jpg

こちらも一生懸命お話を・・・

e0190502_16123476.jpg

そのほか、オートバイレース(これは二人一組、一人が乗って一人が押してどちらが早いかトーナメント)


e0190502_16282916.jpg

ご自分のマシーンの馬力測定(シャーシダイナモが設置され各車測定データーを持って満足顔・不満顔?)

e0190502_16394257.jpg

全員(ごく一部)の記念写真

e0190502_16505649.jpg

これはお珍しいKR250懐かしい車である、車も万全だそうな

e0190502_1744727.jpg

 集結した「Z」集団 新車底抜けピカピカである

 最後に全員でじゃんけん大会で無事終了「来年の再開を約して」散会となりました。

 皆さん「安全運転を誓い」それぞれ帰路につかれました。

e0190502_16401570.jpg

・・・最後に特別参加、元同僚のカワサキマン星川君相変わらず遅いレースをやって、カワサキのエンジンバラシテ頑張っているそうな・・・皆さんオートサロン星川をよろしく・・・
                                                   t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-20 16:30

「コーヒーブレーク」6-4

 人間の性、前回も申し上げたが毎日の習慣は恐ろしい休みが2日間あるのに、4時になったら目が覚める、せっかく休みなのに(今日は淡路の西日本Z-1会に行くことになっている)とカーちゃんに怒られるが仕方がない!それに、昨日昭一(日本チャンピョンを昭一と呼び捨てにするなて・・・許して)から、スミマセン・・・彼も仕事のイベントがあるらしい、しかし、次の土日には原稿が着く「コーヒーブレーク」もこれで終わりか?思い出がいっぱい詰まっている但馬なのに・・・

 香住を(今は香美町)後にして(なんと言う道路か今臨時に豊岡まで走っている、将来は舞鶴まで伸びるのだろう)当時は海岸線を走ること30分豊岡の西側の町、竹野駅前の前田自転車店に立ち寄る、ここは豊岡に手を伸ばされあまり商売は成り立たない町であるが、魚業・観光等(竹野~日和山間の海岸線は、それは素晴らしい)の町であり豊岡営業所には特に関係があるのである(ソレハネ前田のおじちゃんに営業所の事務員の綿谷さんを紹介して貰ったところで)畳屋さんの令嬢を姉妹2代に渡って採用した、妹さんは現在東京のオートバイ屋サン(ファイブ・テン カワサキ正規取扱店)ごっちゃんの奥さんである。

e0190502_4224776.jpg

 豊岡市内鉢岡屋商会(但馬カワサキ会の会長、今も明石の擁護施設で存命か?多分100才に近い)
一番右端(会長)次に息子+従業員+平井

 この会長には思い出がいっぱいある

①良く一緒に商売に連れ出された、田植えの時期には田んぼ迄商売に押しかけるのだが、ある時、田んぼのあぜ道で行き止まり細い道をクラウンでバックオーライ、ところがである誘導していた会長が消えてしまい脱輪、会長どこに???田んぼでびしょ濡れになりながら、田植えの真っ最中?どうやらバックオーライで落ちたらしい

②何しろ厚かましい会長であり、お店に行くと「ヨーウ~お出でんシャッタ」と奥から出てきたら上から吊ってある(自転車の格納は天井に一杯、サドル・ハンドルが下向きに)自転車のハンドルに額を割られ血がタラタラ(レスリングでは無い)・・・ソレハネ・・・上がりかばち(座敷と店の床の段差)に置いてある折り畳み椅子の後ろ部分に座敷から飛び出し足を乗せたから椅子が折りたたまれ転倒?
(思い出して今一人大笑いしています・・・あまり面白くないですか?)

③川崎航空機(株)時代なので「平井さんヘリコプターに死に土産に乗せて」、一度工場から飛んで豊岡の店まで・・・会長感激「是非但馬の皆さんを飛ばせてやりたい」アイデアマンの平井さん「ヨッシャ会長100台但馬でM-5・B-53を走らそう」・・・そうしたら・・・「オートバイ買って空を飛ぼう」と言うポスターが出来た、当時高橋部長(副社長にまでなったお方、現在もお元気でTHE GOOD TIMESの顧問)を拝み倒してOKが出たのである(多分6~70台くらい売れたと思う・・・怒られなかった・・・)

e0190502_4514482.jpg

これは会長を乗せて店の上まで飛んだ時のスナップ本人が居ない(ソレハネ本人はカメラマン)
左端吉永・真ん中の女性がグラマー綿谷兵庫販売課の紅一点(明石綿谷造船所の令嬢、ごっちゃんの奥さんでは無い)
右端、川崎重工(株)創設者の孫(川崎課長)では???(背の高い下を向いている方)

④招待旅行(夜行寝台でハルバル東京へモーターショウ見学)の時、帝国ホテル(旧の)に二泊したとき、行く前から話題満載、結論は私の(会長)真似をしなさいダトサ・・・銀座の高級レストラン・・・失敗してはと別室を予約店長には「こうこうしかじか」「許してとお願い」サァーーーフルコースのハジマリ・ハジマリ・・・・ナイフ&ホークをメチャクチャに使うものだから(外から順番に使うのでしょう)ウエートレスのお嬢さん泣き出す始末(だから別室)結局「箸」で一件落着・・・まだまだ・・・エビフライのレモン会長それを食べたがノドにつかえて目を白黒・・・それを見た皆さんレモンを口に・・・
 面白くて涙がこぼれています・・・皆さんは面白くないですか?

⑤何時も出てくる・・・会長の自慢話・・・会長昔はハイヤーの運転手、豊岡の置屋から城崎温泉に芸者さんの送迎担当・・・帰りの玄武洞付近で芸者さんを押し倒し・・・二人で大笑い・・・良き時代であった・・・

 いくらでも続くがこれくらいに・・・豊岡市内には3軒、鉢岡屋・宇和野・全但ダイハツ営業所は、森ちゃん・ごっちゃん・キョウちゃん・綿谷さん・そして私 5人体制・・・良く頑張って売ったものである・・・

 そこから出石に播磨自転車店、但東町に宮重自転車店と走り名物の出石そばを

e0190502_5205283.jpg

 こいつを15杯ぐらい、美味しい

 近道をして日高町JR江原駅前の西賀自転車店へここの店主が新しい考えを持つ人、今も元気に頑張っておられるが、自分の所で一番初めにカワサキ色塗った軽四に乗ったと自慢顔・・・荷台をご覧ください板をはり自分で高床荷台に改造・・・
e0190502_5275848.jpg


 そろそろお時間です、ちょうど「豊岡営業所管轄」但馬一周早回りでありました。

 今日は先ほども書いたが「西日本Z-1会」マタマタ1,000台ものZ-1・2その他色々の単車が淡路に全国から集結圧巻である(天気が心配だが)当然 Z-1開発者大槻・種子島・稲村・清原・山本各氏のトークショウ、レストア自慢のZ-1・2が整列である。

 今月来月平井としては大忙し師走であります、今日は淡路・23日には千葉の袖が浦のサーキット3時間耐久、22・27の夜には今年初めての忘年会12月に2回の忘年会・・・であります。

  Z-1会の忘年会は12月24日クリスマスイブ行きたいけどお昼・・・現役はつらいがリタイヤ・・・

                                                  t-hirai
 
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-20 05:45

「コーヒーブレーク」6-3

・・・香住観光協会に写真を依頼したら快く送ってもらえた、流石香住である何しろ「情けのある」町である、私は昔は宿院商会とつい4年前には有田自転車商会とお付合いをして頂いたので良く解る。
 「弁当忘れても傘忘れるな」との教えもある通り、雨の多い所だが何か楽しい町である、観光名所が多く特にこれからのカ二は絶品である。

 これが雄大な山陰海岸の中心観光の街「香住」である
e0190502_4223813.jpg

 これからが本番「本当に美味しいカニ」漁港近くの市場にイキナハレ・・・(ソウソウ思い出した豊岡の全但ダイハツ岡本さんにお邪魔したら「アア親父今まで居んさったのに」とご親切に電話で「〇〇さん、岡本ですがの~うちのおやじ生きとり(行って)ますか?オ・オ・オお父さん亡くなったのかな???てなもんや三度笠、忘れられない但馬の町々である。

 豊岡から竹野町経由車で約40分(高速道路が出来た)関宮町経由矢田川温泉を通り、関宮からも約40分走ればパラダイス香住の町である。
 余部鉄橋・山陰海岸(カエル岩・鎧の袖・円山応挙等々)私が書くより詳しく紹介している、是非ご覧ください。
香住観光協会の ↓
 http://kasumi-kanko.com/
 
e0190502_4532045.jpg

 駅前を突き当り左折して海岸沿いに走ったらこの「鎧の袖」に行けるかな?(イヤ美人の女性船長の観光船で行った方が早い、もうお年を取られたかな~???)

 
e0190502_4563222.jpg

これは「有名なカエル岩」これからの季節日本海の男らしい荒波に耐えて「吠えるカエルさん」である。
何やら守り神、協会のHPをご覧アレ
 ここで夏には海に潜り「カワサキで造る酸素ボンベを背負いマウスピースをクワエ海中散歩をしてお魚さんを取ったり、ウ二・アワビ・サザエを見たり(取って食したりしません?)冬はカニをタラフク?、イヤー海々の珍味、「山海の町香住」である。

 もう一つ忘れられない「円山応挙」さんの町はずれにあるお寺「大乗寺」である、一頃流行った「だっこちゃんの目」の手法が数百年前から既にあったのである「屏風に書かれた鯉」が「跳ねる」のである。
 香住に行かれたら、必見!(国宝)

e0190502_5275416.jpg


 ここの和尚とお近ずきになり、夏は冷たいお茶を頂き一休み、「和尚」から話を聞いたり昼寝をしたり本当に素晴らしい思い出である。

 営業せずに観光旅行イヤイヤ違います「今月のノルマ30台」それが買ってもらえた時代で思い切り働き、思い切り遊べたのであります。
・・・それではこれから竹野の前田自転車店・豊岡の鉢岡屋さんに移動である・・・香住観光協会の皆さん、「良き時代の良き思い出」私の青春を有難う。

 何かしら「コーヒーブレーク」が続いている・・・ソレハネ・・・そうです昭一作家が原稿を送って来ないからであります、昭一さん早くしろそんなに忙しいのか・・・早く送れ・・・送って下さい。

                                                     t-hirai

 
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-19 05:37

「コーヒーブレーク」6-2

 今日は養父郡に移動八鹿町

① 今は場所が変わったが八鹿町の町はずれに、小野山商会の屋号で自転屋サンをされている、小野山さんは但馬地区の安全運転指導員の元締め、今はもうおとしかな~指導員は無し、しかし、私が新規開拓でお邪魔した時にはクラブ自転車の四天王の一角、お金があるから資生堂化粧品のお店もあり、マタマタ女性???マネキンガールが店頭でお客様にお化粧を・・・楽しかったな~
 看板はGOOD・奥さんもGOOD・相棒の上田さんもオモロイお方、最後はカワサキの部品代理店だったこともあった。

②養父郡関宮町に㈲井上モータース(現在は(株)関宮モータース息子さんの時代)
親父とは〇〇兄弟面白かったなー雪の降る夜炬燵で一杯、チチャナ飲み屋さんの女将、「私も飲ませて~」今日はもうお店終わり、テナコトオッシャイマシタのネ~

 イヤーこんなことばかりしていたのでは無い、真面目に営業を頑張り、その間が「余暇男」明日の英気を養っていたのである。

e0190502_21311870.jpg

 但馬カワサキ会 展示即売会 なんか三浦投手が???一番右端が鉢岡屋オモロイ人だった(あ~と~で)次がメガネのおじさん宇和野自転車店主(親父に似ず可愛い娘さんがマタマタ駄目)

③次は美方郡美方町 井口自転車店冬には男衆は大半が神戸に杜氏として出稼ぎ、おかーちゃんもだえる、ほんとかなーウソ・・・

④美方郡温泉町 岡本モータース (兄貴さんは亡くなり、今は弟さんが店主)
ここはきっての温泉(何しろ生の卵が20分ぐらいで湯で玉子、イヤー情のある温泉街だった

⑤美方郡香住町 宿院商会
ここはあまり話が無かったが、店主が若く一升下げて我々の宿舎に良く遊びに来てくれた、目的もあったのだろう?

  スミマセン眠たくなりました、続はまた
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-15 21:54

「コーヒーブレーク」6-1

・・・何かしら「コーヒーブレーク」ばかり続いている・・・ソレハネ昭一が原稿を送って来ないからどんなにエライ作家なのかな?しかし、この処、但馬の話が皆さんから出てくるので懐かしく写真を出してみた。
 何枚か出てきたので今日は「但馬の思い出にしようかな~

 それは私が若かりし(紅顔の美少年)昭和30年22歳の青春だったころに遡る、当時近畿メイハツのメカニック&営業として淡路・但馬・山崎地区を担当していたのである。(年が分かってしまう)
e0190502_4413519.jpg

 当時の余暇男(ヨカ男)会社の前で自慢のハーレー350cc(型式忘れたタンクのヨコにチェンジ・足クラッチだった、かばん屋さん助けて~) ノー・ヘルで走っていた時代であった。

 話せば長くなるが但馬地区(後に豊岡営業所長の時には丹波地区迄拡張)には21軒の販売店が有った。

e0190502_448238.jpg

 この「クラウンピックアップ」(当時最新型)の格好いい車でB-7の木枠を2台積み営業に走っていた時もあった。

 毎月(淡路に2回+但馬・山崎に2回)月曜日に出て4週/1ヶ月を営業に精を出していたのである、何しろ全然カワサキの「カの字」もない、新規開拓、初めはダイハツのバタバタ(三輪トラック)坂道でノッキング(水冷エンジンが焼きつく手前チンチン言い出す寸前にタンク横にあるポンプでシリンダーに水を噴霧する画期的なものだった、エンジン始動でケッチン防止電気位置を遅らしたな~)ソウソウバッテリーがすぐに上がるので、自分で自転車のライトをつけ発電機を前輪に接触させ(スピードが遅くなると明かりが消える)イヤーこんな話したら・・・終わらないがもう一つ・・・当時国道2号線は舗装が街の中だけと言う時があった(神戸を出ると明石・加古川・姫路と街の中のみ舗装)振動が激しく我が愛車ダイハツ号のブレーキロットの割ピンが飛んで「ノンブレーキ」で知らずに会社迄帰ったこともある(事故をするような車が多く走っていなかった)チャンチャン

 こんなことをしながらの営業活動、(今は1軒城崎円山川沿いのトラクションさんのみ台風で2回も流された事のあるお店)
昔々カワサキオートバイの営業は、兵庫県だけ直販体制で後はメグロの代理店をメグロから来たルートセールス、慶応・早稲田・明治卒のキャリヤーが全国を回っていたのである。

 こんな苦労(面白かった)を今のカワサキマン???が知っているだろうか?総務に一度3時間ほどしゃべらせてくれと言うのだが?歴史を伝えたいのに、なかなか実現しない。

 前期・中期・後期(平井・古谷・渡部3氏だけで事足りる、カワサキのルーツが丸わかり、飯だけで良いのに)そんな事重要ではないのだろう、違うのだがな・・・営業は適材適所アィデアの勝負なのが解っておられないのでは???ブームはメーカーが造るもの・・・考える営業をせなアカン・・・

 イヤー今日はスラスラ出てくる、もし良かったら最後までお付合い願いたいものである

 話を但馬に戻そう
 
 明石をスタート姫路経由生野まで・・・分水嶺(一方は加古川反対は恋の川 円山川・・・コレハネ・・上流ではコイ、中流ではアィ(アユ)河口ではキスが取れるから・・・恋は大好き今でもである)を超えたらオイラがテリトリー、峠には別嬪姉妹の待つ峠茶屋今でも営業しているはずだが、娘は既におばーちゃん(昔の面影なしガッカリ当時イッチョ???へへ)
 
 まずは腹ごしらえのあと(名物 峠大福)すぐに

 朝来郡生野銀山を右に見ながら西川自転車店(男好きの小股の切れ上がった奥さん3年ほど前に行ったらもう亡くなっていた、天国で俺を・・・秋田出身炭鉱から転業のご主人)
①平井さんエライコッチャ「バッテリーにヘビが入った」 ナナントどうした? ヘビがどうして、ヘビでない、ヒビが入って液がこぼれ車体が白く硫酸に犯されたのであった、綺麗に拭いてラッカー塗ってチャンチャン

 朝来郡朝来町県道に面し荒木自転車店(現在は下水工事屋さんに転職儲かっているみたい)
②何しろ道路が舗装なし車で走ると白煙が・・・カワサキの誇るM-5が走っていたので後ろをついて走る、「オジチャン」止まればいいのに前を走る着いた先は?「荒木の親父さん」流石「カワサキ」ワシを追い越さないだと?

 朝来郡竹田町県道(バスがすれ違い出来ない細い)木村自転車店あの有名な竹田城址のあるところである
③小っちゃいお店、今はチッチャクなった木村さん(歳とったら棺桶に入りやすいようになるのや)元気かな~

 朝来郡JR和田山駅前 牧田自転車店今は2代目(親父とは違い堅物、学校の先生からの転業)
④宴会にはなくてはならない国宝級の踊り手、若い時分には城崎でブイブイ言わしたそうな好々爺だった

 今日のところは朝来郡でお終いにしますが、最後に自慢話を一つ、何しろカワサキの平井はオートバイの神様であった、ソレハネ・・・技術と口を生かして「黙って座ればぴたりと治る」オートバイなら何でも治す「カワサキの平井」だったのだ~よその店からも頼まれたもんだ・・・へへ、カワサキの販売店鼻高々・・・

                                                    t-hirai


 
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-13 06:13

「Z-1会ゴルフコンペ」本年最終戦

・・・快晴の三木セブンハンドレット倶楽部に於いて「Z-1会」本年の最終戦が行われ、日ごろ鍛えし腕前を26名のツワモノで競われました・・・

e0190502_20582176.jpg

スタート前の練習風景(みんな入れ込んで必死のパッチ)

e0190502_20593861.jpg

全員集合スタート前のミーティング

e0190502_20484781.jpg

全員のスタート前集合写真(キャディーさんピンボケですせ)

 何故か試合風景が一枚もない、ソレハネ、カメラマンも必死のパッチ、一生懸命やったので写真が無いのだ~、結果はメンバーにも恵まれたのだが(大槻会長・事務局藤原さん)残念勝てなかった、スポーツは正直、練習あるのみ、今年は情けないが4位来年こそは優勝でっせ???

e0190502_2141324.jpg

表彰式風景

e0190502_2152148.jpg

優勝のK.N 大槻会長より優勝盾の授与(これがまた立派なもの)

e0190502_218561.jpg

表彰式にて優勝者のスピーチ

e0190502_2191279.jpg

最後に会長あいさつで今日の楽しい一日が終了、全員来年の健闘を誓いました・・・

 そのあと事務局仲さんより、来る12月24日(クリスマスイブ)の昼に忘年会が行われるとの連絡があり、
ナンヤ~また会えるんや、大拍手で本当に散会された。

 総評 若干いつもより少なめのコンペだったが、イヤ~賑やかなことこの上なしお互いに褒めたり?けなしたり・・・大笑い楽しい一日・・・快晴の三木セブンハンドレッド倶楽部に笑い声がコダマした良いコンペでした。

                                                        t-hirai

追伸 勿論11月20日(日)の西日本Z-1ミーテングもご披露致しました。
是非是非、ご参加ください。




 
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-09 21:17

「コーヒーブレーク」5

・・・60おじさんもう一つイヤ二っ三っぐらい、歳を取ったのでは?しかし、愛すべき逸材である。
 腰は曲がり、頭は真っ白、言葉はゆっくりなのにレース場でのあの迫力はナンヤ???確かに怪人である、彼は年は取らないのでは?話に詰まり困った時のあの顔、でもどこか切り返しを狙っている気配、アア~マネがしたい、今度新年会でゆっくり話したい。
 
 しかし、理事長・平井は78才山ちゃんはいくつが本当???(60才+?が本当今本人に確かめた結構いってる)でもマダマダ元気である、マダマダやれる。

 彼をもっとしっかりみんなでサポートしよう、俺は今日タイヤを頼まれた、ヤッタロや内科、イヤ外科かなへへそれにしても、国宝級である。

 「ナイスガイ」何時までもニコニコ元気でいてほしい。(アホ・・・どっちが年上や~)
                                                   t-hirai

追伸 タッチャンに貰った写真の柿のヨコに太田胃酸が、柿の大きさを見てもらいたいそうな、なんとユニークなことであるか。
e0190502_23115224.jpg

 俺はしっかり胃が悪いと思っていた(本当は胸やけがするらしい、要注意である、オドカシ)、イヤーTHE GOOD TIMESにはオモロイ人が沢山いるな~

e0190502_2314516.jpg

*中央山ちゃん(60おじさん)左が60おじさんの後輩日本一速い男「星野一義」、右が大槻常務エライサン
(「Z」開発の第一人者)
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-07 22:54

コーヒーブレーク 4

 今日NPO法人THE GOOD TIMESの理事会でface bookの話から何時しか政治の話に移行、みんな楽しそうに話し合っていた。

 私も話の仲間に入り、先日会社のミーティングで読んだ(毎朝ミーティングの初めに論語の一節をみんなに読んで聞かせている)一節を披露したかったが、どうも思い出さない家に帰って読み直したのでここにご披露する。

 政治への信頼
 
 子貢(孔子の高弟)が政治の要諦を聞いた。
 孔子が答える。「食料を充分にすること。 ついで軍備を充分にすること。 そして国民が政治を信頼できるようにすること」。
 
 子貢がさらに聞いた
 
 「もし一つを捨てなければならない時は、どれを捨てますか」。 孔子が答える。「軍備を諦める」。子貢が続けて聞いた。「残る二つのうち、どれを先に捨てますか」。 孔子が答える。「食料を諦める。食料が無ければ人は必ず死ぬが、どうせいつかは人は死ぬものである。だが国民に政治への信頼が無ければ、政治そのものが成り立たないので、生きていても仕方がない」と。

 ワカルカナ、今の日本生きていても仕方ないのかな?????しっかりせ~~皆がである ぬるま湯につかっていたのでは 立ち直れない終戦でトコトン落ち込み今日がある。

 カワサキにも危機があったが、何とかみんなの英知&力で乗り切って今がある、皆が頑張れば日本も生きていても仕方があるのではチャンチャン・・・
                      
                                                    t-hirai

 
 
[PR]
by toshi-hirai | 2011-11-06 17:41