Team Green

<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「グレートヒーローズ同窓会」葵月の陣 ②

 今1965年からの歴代チャンピョン名を見て自分の思い出とかぶせているのだが?マー50年も前の話、思い出もナカナカまとまらない、しかし 昔は良かった、楽しかった~二輪てなんと素晴らしい乗り物なんだ・・・

 皆さんも各名選手の思い出があろう60年代~80年の今回は私の戦友RR歴代チャンピョンを列記してみよう。
1965年 MFJ第1回ロードレース大会 50cc 鈴木忠雄  (69年にはMXに転向250ccのチャンピョンに)
                          90cc 神谷 忠   (JAFスポーツ委員CCの公認認可でお世話に)
                         125cc 宇野順一郎 (現在もMFJ近畿の委員?MX大会では活躍)
                         250cc高武富久美 (確か九州の選手?スミマセンわかりません)
                         350cc隅谷守男   (69年125cc・350ccダブルチャンピョン)

 以上 この時には排気量のクラス分けはあるが部門別(ノービス・ジュニアー・エキスパートジュニアー・セニア-)は無かったらしい。

 それにしても鈴木のチューさんとは共にMXで戦った戦友であるし、神谷さんにはCC(セントラルサーキット)のJAF公認サーキット認可の際、安全面・エスケープゾーン・カントその他etcご指導を頂いたもんである)
又、宇野順一郎さんとはレース運営で大変お世話になった方である、それにしてもマー古い話である。

1966年 MFJ日本選手権大会     50cc 滋野靖穂
                      90cc 同 上
                         350cc P・リード
 この年は、私はどこに?記憶があまりない、
全ライダーを紹介したいがこれからは思い出がある戦友のみとお許し願いたい

1967年 この年から部門ジュニア・セニアが導入された

       ジュニア             90cc 田中隆造(MKに来てくれた)
       セニア              50cc 伊藤光夫(世界チャンピョンスズキの社員で安全運転でお世                              話になったお友達である
e0190502_740154.jpg

1963年TTレース日本人ただ一人の優勝者の雄姿

1968年 セニア              250cc 出ました我らがヒロ(和田正宏)
e0190502_8134773.jpg

MKの時の和田 正宏 右端から(若い奥様とのトーショットどこのあるかなー探します)百合草・大槻各氏

 この様に思い出を辿ると時間がいくらあっても足りないなー・・・ドウシヨウ・・・でも続けてみよう・・・


                                                     t-hirai


                     
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-30 08:29

「グレートヒーローズ同窓会」葵月の陣

・・・「第一回カワサキの思い出、そして未来」(これからはMK)と称して昨年3月に全国から多くの方々を明石にお招きして大騒ぎをしたのだが(震災の前の週)今回は「第二回」を関東で実施する企画が持ち上がり、その前哨戦として6月10日筑波サーキットに於いて「グレートヒーローズ同窓会」主催 (株)WITH・MEフアンクラブ(社長 丸谷 浩)が行われることになった。
 
 これは、1960年代~1980年代に活躍したロードレースの面々を一堂に会して同窓会を・・・昔を回顧今に繋げる企画である。

 私も1960年代にタイムスリップ何やら思い出して見よう

 MFJ(財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)なる団体が設立されたのが1961年10月、現在アジアでFIMに所属する唯一の日本代表機関?(文部科学省に属し)モーターサイクルスポーツ普及・発展を通じ、国民の心身の健全な育成に寄与すること目的とする団体・・・

 このMFJの主催により1965年第一回ロードレース大会・第一回モトクロスグランプリが1964年にそれぞれ実施され今日に至っているのである。

 ソウヤって1960年代を思い起こすに先日のMKにはそうそうたる方々がお集まりになったもんである。

e0190502_6563444.jpg

川崎重工業(株)を文字どうり支えカワサキのレース部門を創設された重鎮の左から全て元ではあるが、川崎の高橋副社長・同じく田崎会長一人置いて百合草常務・次に「今なお名車「Z」の神様稲村理事
 真ん中の奴も少々頭が高いのだがチームグリーンジャパンの創設者切ったら「緑の血が出る」カワサキの真打平井であるへへこんなにエライ方々と素晴らしい・・・

e0190502_792810.jpg

 これまた素晴らしい左から世界の金谷・日本一速い男星野・60年代~今なおオートバイを愛する木村・カワサキレース界の草分けご存じ古谷現THE GOOD TIMESの理事長頑張っておられる・モトクロス会の重鎮第二回目のチャンピョン吉村1965年・ロードレース第一回チャンピョン田中1965年・ホンダHRCで設計開発を担当した渡辺の各氏 それこそ60年代を代表するそうそうたるメンバーである。

e0190502_7541663.jpg

 素晴らしい60年代から活躍している面々ケン鈴木・百合草・ヒロ・キヨ・昭一・柳川・田中・アキラの各氏

e0190502_7571654.jpg

 オッといけないこの人を忘れたらドヤされる「カワサキワークスのメインライダーMX・RR・TR全部こなした・名門木の実(片山義美氏の主宰)の愛弟子・現在も60オジーサンと称しながら現役・・・

 マダマダ紹介したい方々が沢山居られるが、あんまりカワサキばかりでも?次回から他メーカー・・・オイラと戦った戦友を思いだそうかな?乞うご期待である。

                                                     t-hirai

 追伸 これは連休なのに4:00に目が覚め今まで考えながら書きました、走馬灯のごとくに走り去る思い出     思い出は何にも代えられない財産かな?
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-29 08:25

「レースに懸ける思い」16

・・・まずは6月10日(日)筑波で行われる第2回「オートバイの・・・同窓会」のポスターです、どうかスケジュールを調整して ↑ はお越しください・・・
e0190502_6391930.jpg

 やっと貼り付け成功何かしら楽しい集いになるのでは昭一と一緒に参加します、お会いできるかな?

 サテサテ「チームグリーンを愛する馬鹿な男の夢」 その夢は覚めておりません夢の続きを聞いて下さい。

 コウナンダ!カワサキがポールTOフニッシュをした夢を見て・・・この夢を実現するため、6年~8年もかけて「セントラルサーキット」の許認可からオープン迄行きついたが・・・残念・・・あまりにも時間がかかりすぎて一度目が覚めた。

 次に寝たら自分でチームを創って「勝てば」てな恐れ多くも大それたことを、悪魔が枕元で「囁いた」それを会長に話を聞いて貰ったら「自分もカワサキにはお世話になった」「何か恩返しをしなけれれば」「俺もイッチョ噛む」と賛成してくれたから「夢は夜開く」を地で行ったのである。

 この夢は・・・こうだ「KSSR」(神戸スーパースポーツレーシング」の復活や・・・この旗揚げに「カワサキの誇るワークスマシン+カワサキで苦労をして走っていたライダー」を鈴鹿で走らすことや・・・

 難しい・・・しかし今ワークスがレース活動を忘れかけているような時期頑張らなアカン・・・何も大きなこと言って居るのと違う・・・走らせたいのや・・・オーナーであった会長が「永遠に夢をあの世で見ているのは」さびしいではないか・・・男のロマン・・・男の夢・・・夢を見たいんや・・・

 沢山の人から兵庫メグロをチャントしてから「自分の夢を」とお叱りを受けるが? ソウヤなーそれからでも良いか、イヤ俺も会長と一緒に「あの世で永遠の夢を見るのは」イヤや

・・・鈴鹿の8耐に「KSSRのカワサキ」がスタートラインに居ることに意義があるのや・・・

 何から考えたらいいのか、すぐ来る連休で考えをまとめて走り出そうか迷っている昨今である。

e0190502_7345448.jpg

 何時の8耐か11:30 スタートの一瞬

・・・それから、兵庫メグロに事業としてオートバイ関連のセクションを増設するか、(株)KSSRを立ち上げるか?いずれにしても今なお多くのカワサキフアンに可愛がれる様な事をしてみたい。

e0190502_743814.jpg

 淡路で行われた「西日本Z-1会」の風景、ナナント1,000台からの「Z」の集結やで~それも新車同様・・・お客さんを大切にしたい・・・

勿論、MXからスタートした「TEAM GREEN」MXも忘れていません、MXもやるのや・・・殴り込みや~・・・
e0190502_872194.jpg

 俺たちこんなに強いのは「あたり前田のクラッカー」
e0190502_875022.jpg


 ・・・夢は夜開く・・・果てしない・・・目が覚めない・・・コリャ難しい・・・実現したい・・・


                                                      t-hirai

 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-22 07:47

「レースに懸ける思い」15

・・・まずは昨年実施の「カワサキの思い出、そして未来」と題して、北は栃木、西は九州・沖縄からお越しいただき皆さんでどんちゃん騒ぎを、今年は少々お上品にしかし楽しい関東(筑波6月10日+東京年末ごろ)で第2回・3回の継続がホボ決まり、まずは筑波サーキットで行われる。詳細は ↓
http://www.facebook.com/groups/356862957691146/386415348069240/

・・・私も塚本と参加させて頂くが、二輪の少々寂しい現在「オートバイ」をこよなく愛する皆さんと共に一堂に会し懐かしみ、新たな想い出造りを図り「お友達の輪を」広げようではアーりませんか・・・

 サテサテ私の「レースをしたい」をお聞き下さい・・・

 再三申し上げておりますが、レースの持つ意義はいったい何なのだろう、勿論メーカーの持つ意義には

  ①広告宣伝 ②技術の革新 ③販売促進 ④ユーザーサービス ⑤士気の高揚

 に集約されるのでは、それもブーム造りの一環オートバイを製造・販売しているメーカーの責任では?

 それじゃ平井はナンヤ・・・ソレハネ

 「SPEED・SOUND・SEXY」やったかな~取り敢えず・・・スリーSナンヤ・・・

 人一倍血の気の多い・満州育ちの大らかな性格?人間の持つ「闘争心」が人一倍強いチンチクリンナンヤ

 レースレースと簡単に言うが、これがなかなか大変なのは皆さんも御存知の通り

 ヤレ「メーカー」ヤレ「マシン」ヤレ「ライダー」「ヤレ「スポンサー」ヤレこれらをまとめる「体制」と種々大変なのである。

 しかし、これをやり遂げた達成感はやった人にしか解らんのでは?・・・違うか・・・内容は違うが、レースを主催する人・レースを応援する人・レースを走る人・・・それぞれに達成感が違うがあるのである。

 その中から「オートバイを愛する」昔も・今も・これからも、多くの人々にオートバイの素晴らしさを「訴えたい」

 しかし、俺は「カワサキ」を勝たせたいんや・・・いま「二輪を語ろう会」では、「オートバイの文化」を再確認し「THE GOOD TIMES」・・・みんなで繋いで良い時を過ごそう・・・これである。  続く・・・

 チョット一服これから今日の始まり・・・・洗濯屋さん+病院屋さん2軒(血圧+虫歯)+食料の仕入れと13:00頃まで休憩を・・・

 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-21 08:52

「レースに懸ける思い」14

・・・俺が「コーク&ロブ+宗和&多田」の2台を走らしたのは1987年?最高に楽しいレースだった
e0190502_89939.jpg

 楽しいの始まり、ライダー&スタッフ全員の記念写真、このチームが「アイアム・ソリー」である

 スポーツにはドラマが付きまといそれも予期しない最終回満塁ホームラン逆転勝利てなことが野球だけでなく全てのスポーツに起こりうるのである・・・ご存知の方も居られるだろうが、1987年の耐久・・・カワサキがエントリーしたことで初の4大ファクトリー激突、ちょうど10年目を迎えた本大会が8耐の歴史に「ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキ」が肩を並べたのである。

 幾つものドラマが生まれた10回目8耐でもあったのである。

①少しだがカワサキがTOPを走った、コリャ驚きである
②各チーム給油が始まるこの時間帯、ゼッケン21の2番手のマギーTOPとの差25秒
③スタート後2時間経過時点2回目のライダーチエンジ3時間目にはゼッケン1ガードナー続いて46秒遅れでゼッケン36三浦、ゼッケン21ヴィメル・・・ナナント「ゼッケン7」TOPと約65秒遅れで第5位、へへへへ
④4時間目102周 同一周回を走る 1、ガードナー&サロン 2、グッドフェロー&高吉 3、ヴィメル&マギ、ナナント「ゼッケン7」我らがコーク&ロブも同周回へへへオマケニ(この時点2位を走っていた三浦&徳野組はヘヤアピンで転倒すぐに走るも7位まで順位を落してしまったので)カワサキ4位

 イカンイカン 1987年の耐久をご披露しているのではないが、5時間目にカワサキのゼッケン7はリザルトから消えていたのであった・・・続ける・・・


e0190502_9394927.jpg
 このレースドラマが沢山生まれた
e0190502_8552020.jpg

 敗れ去るナイスガイの夏物語、写真左上大本命のホンダ 右上吉村監督の苦慮の顔「男や」 左下ヤマハ3位に輝いたコシンスキー&レインボーの若手ペアである
そうして右下 我らがコーク5時間のドラマを創ってくれた渋いお顔「これまた男の顔」である「アイアムソリー」

 最終7時間55分経過で本日の大逆転劇が涙涙の中で起こったのである、正に逆転ホームラン・・・
e0190502_982243.jpg

 逆転優勝を飾ったテック21(ヤマハ)ヴィメル&マギーペア・・・今走っているのは誰だ?

 イカンな俺は、すぐに「はまり込んでしまう」俺らのレースの「夢は」何時になったら」???話が前向きに行くのだろう・・・

 次回にはレースをやりたい「男のロマン」「夢を」お話しできるのかな~


e0190502_943284.jpg

デモね・・・レースにつきものこれが最高・・・情報は別冊サイクルワールドより

                                        イカンイカン迷監督 t-hirai

 皆さんにお願いがある5月20日に行われる、三木での ↓
    
e0190502_9151847.jpg

 是非お越しください、皆で楽しめる「笑って遊ぼう三木ランド」お待ち致しております。
http://rfuruya2.exblog.jp/17648016/  

 それからそれから、6月10日筑波サーキットで繰り広げられる、イベントの詳細が間もなくリリースされる、乞うご期待である。

 オモロイ企画が待っている、スケジュールを取っといて6月10日筑波やで~

                                                      t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-15 09:52

「レースに懸ける思い」13

・・・堀ひろ子&越山峰子何かしら4耐コンビ、多分スズキだったと記憶している(怪しからん何故カワサキでないと憤慨していたことを、イヤ女性ライダー珍しいだけのレースは?と応援しなかった事を思い出した)その堀ひろ子の墓参り27年も経過しているらしい、峰子の年から判断するにどうやらひろ子さん20歳後半では?二輪が女性にも波及した(MFJの規則を変え耐久にも女性が出れるように)色々なことをしながら、今の時がある・・・堀ひろ子立派な奴やったんやな・・・

 何やら写真集をと峰子と二人でヨーロッパ・・・世界に飛び回っていたらしい、そうして中国に行く準備中に他界、今生きていたら「THE GOOD TIMES」のさしずめ理事?イヤー立派な人だったんや~

 年はかなり上だが、俺にも二輪を愛する(カワサキ)気持ちはだれにも負けないと思っている、そうしてレースをやる体制は既に昨年の「カワサキの想い出、そして未来」カラ始まっているのである。
e0190502_9332856.jpg

 その時の工場見学会での記念写真
e0190502_9375824.jpg

 恐れ多くもカワサキの一時代を築いてこられた左から高橋元副社長・田崎元社長・会長今最高顧問・一人置いて、百合草元常務・稲村理事(アレR FURUYAさんが居ない)の各氏
e0190502_1014412.jpg

 鈴木ケン・百合草・和田・清原・塚本・柳川・田中・梁・司会森田の各氏
e0190502_1071810.jpg

 大槻・百合草・稲村・高田(現プレジデント)山田(現企画部長?)の各氏
e0190502_1091552.jpg

 カワサキを熱く語る高田プレジデント(東京からわざわざ帰られて)のご挨拶
e0190502_10292548.jpg

 世界の金谷・越山峰子(今尚ライダー幾つや)・司会の森田各氏
e0190502_1031257.jpg

 ご存じ「鈴鹿8耐&LOVE BIKEメッセンジャー サザキさん
http://sazaki2008suzuka8tai.blog116.fc2.com/
e0190502_10371539.jpg

 古谷さん78歳の誕生祝い「バースデーケーキなんて」初めて?隣は仕掛け人関東地区支部長村島さん


 こうナンヤ皆さんでレースを通じて楽しみたい、若者をそうして団塊の世代をもう一度オートバイに呼び戻したい、アホみたいな考えだが(そんなことで戻ってくるかな???)俺には二輪文化とやら難しいことは後回し、即、レースをやりたいんや、それから二輪文化なるものを考えたら良いのではないか?

 勿論、今でも会長との話は生きている・・・カワサキに恩返し=レース=故西海義治=レース・・・

 RRでもMXでも「カワサキ」に勝利を・話題を投げかけたい、イヤRRにもMXにも「カワサキ」はある、何故なら二輪車を製造・販売している企業だから、考えなければならないのでは・・・

 俺は常に「ブーム」はメーカーの責任、それを側面的に応援するのが販売店&ユーザー、どうやらこの路線が今は無くなったみたい、これはイカン・・・

 メーカーが莫大にお金を掛けてレース戦線に「自社を・自車を・ブランドを」アピールすることは、今では愚の骨頂、お金を馬鹿みたいに使う時代は過ぎている。

 そこでや量産車によるレース入門、メーカーに関係のないサテライトによるレース(戦い)底辺の拡大ビギナーによるビギナー対象レースがあっても???そこえメーカーが目を向けてくれないかな~今も何らかの活動をしている好きな人は沢山いる?(今でもあるが簡単に参加できる体制、お金の掛らない、楽しいイベント)

 参加型レースをしたい、確か競馬にはお金を出し合って一頭のお馬ちゃんを走らす馬主制度?なるものがある。

 会長と私の会話には、「カワサキが勝つレース」をから始まったが、レースにまず参加してもらい、熱い思い人間の性(サガ)を買って貰うレースがあってもイイのではとの私の語りに会長も耳を傾けてくれる迄話し合ったものである。

 具体的に何をするのか?レースに参加まず「勝つことから」・・・難しい・・・それでは参加することに意義を感じて「話題性を」重視した、レース参加は考えられないか?

 いずれにしても参加することを決定して、それから良いものに考えることは出来ないのかな~それにしても、
ライダー・マシン・体制・予算(スポンサー)・アイデア 色々考えなければならない・・・コリャ大変だ~・・・

 「ドウシヨウ・コウシヨウ・アアシヨウ」「やるきゃない」好きやなー・・・でました・・・

「俺がこんなに強いのは・・・あたり前田のクラッカー」
e0190502_9121651.jpg

 赤と緑上手く表現できるかなー???
e0190502_10113764.jpg


 テナコト考えながら・・・色々レース参戦の夢を追っかけている「夢」だけか・・・馬鹿オジンである

                                                        t-hirai

 追伸 「カワサキの思い出、そして未来」に応援・参加して頂いた皆さんの活躍は昨年の3月頃の各氏のブログをご覧ください、沢山居られますが今回は表現できませんでした・・・参加された皆さん主役です。
 少々長い(タッチャンに怒られそう)話だったが、これから大変な事である。
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-08 10:43

「レースに懸ける思い」12

・・・レースナンヤろ・・・闘争・・・勝利・・・満足・・・確信・・・喜び・・・ヤッパ馬鹿や・・・

e0190502_784415.jpg

 会長が乗っていた「メグロ号」(型式等サダやかでない、ソレハネそれを聞いた途端家に帰えれ無い)
「命を懸けて、生きている喜びを」それならもっと他に安全に「人生を楽しむ」方法があるのでは、それは平井違うんや「オートバイが進歩したのも」「未だにオートバイを愛する人が居る」・・・と会長は言い張る・・・これは平井の作戦・・・

e0190502_813484.jpg


 「ソリャー平井もレースが好きや」「未だに安全な乗り物」と信じている一人である、タダそれを使う人の使い方が問題であると思っている・・・テナコトを夜な夜な話し込んで、35年~40年もの親交を交わしてきたのである、府県単位のスポーツ委員長はホボ「本田さん」の座席であるが、兵庫県は唯一「カワサキ=会長」だっただけに、会長のメンツは躍如たるものがあったようであり「俺はカワサキに育てられた」「カワサキのためなら」と常日頃話の中に出てくるのであった。

 ・・・二人でいつかカワサキの「ポールTOフイニッシュ」をヤロウヤと話した・・・

 レースやそれは勝ち負けで結果が出る、それが恩返しや「勝たなアカン」・・・難しい、しかし、ライダーに座禅をさせたり、絶食を望んだり、マラソンを勧めたり・・・素っ頓狂なことを強制する解らん「オヤジ」でもあった。

 一方ワタシは、カワサキのフアン皆でレースを楽しみたい

 「走っても良い」「応援するのも良い」「自分の夢の中で優勝しても良い」「ヤッパ馬鹿や」でもいいのではないか?みんなでチームを作って「夢を見て欲しい」のであると会長に力説する、それには会長も賛成であった。

 それなら、西海基金なるものを準備して若手育成の場所を作ろうではないか、言いながらなかなか具体的に話を進めると話が消えてしまう(お金を出したくないのかな???)

 平井はレースをやり「勝って」実績を作りたい・・・そう思ったのである・・・それには会長も賛成であった・・・

                                                        t-hirai




 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-07 08:15

「レースに懸ける思い」11

・・・今朝のrfuruyaさんの雑感日記に「何かを背負っているハンカチ王子」の第一線完封勝利を取り上げておられ、自分自身も幸運であると言われている、79才で今なお元気オヤジである・・・

 素晴らしい、これは自分自身が置かれた環境(時代)に左右され、それにもまして「行われた努力」である、今なお、なかなか出来ない活動を絶好調でやっておられる。

 「コリャ化け物である」失礼、しかし、私も幸運児である(これが言いたいためにrfuruyaさんを初めに持ち上げて居るのではない、お互い70代後半(80に手が届いている)これがキーポイントか、お陰様で良き時代に生きてこられた、活躍をそれぞれに成し遂げてきたのである。

 rfuruyaさんはカワ販で俊腕を振るわれ、長年の負債を一年で改善されたり、自らの与えられた道を切り開かれそれぞれに成果を上げられたのである、素晴らしい人である。

 コリャ又私も最大限に可愛がられ(ホンマかいな?)自慢の三つを成し遂げたり現在も一つ現役で行っている。

TEAM GREEN」・・・「セントラルサーキット」・・・「韓国の太白市にあるサーキット」(今期F-1レースを行うコリヤ・インターナショナル・サーキットとは違う?)等、取り敢えず三っの大きな夢を達成し、今なお現役で「兵庫メグロ販売(株)」の陣頭指揮を取らさせて頂いている、これまた良くやっているのである?
 何しろ幸運にもサーキットを俺の人生に二つも造らせてもらったり、誰も出来ん(自我自賛)

 ソレハ・・・兵庫メグロの創設者故西海義治(以後会長)との付合いに影響大である、前にも書いたがレースをやりたくて2,000万円の借り入れを申し入れた時、俺のところでレースをヤレとの言葉で現在に至っているこれも幸運である(レースが出来たら)幸運である頑張らな・・・男の約束・・・ロマン・・・夢である・・・

 それはそれは会長との話には今をさかのぼる「第二次世界大戦」に敗北、終戦に遡り会長本人の除隊からハジマリ・・オート・レーサー・・・メグロとの出逢い(村上さんメグロの初代社長?)川崎重工業(株)明石工場でのW-1から自ら川重の技術顧問???と称してアドバイザー、ある時はレース顧問等、合わせて兵庫メグロの経営を軌道に乗せたり現在に至っている、これら自らに歩んで来た状況を延々と、これまた何回も同じことを聞かされたものである。
e0190502_1072241.jpg

 この写真は何回も出てくるが会長自慢の写真の一枚である、会長との話は、しかし、真実性に富んでいた、

 ソレハネ・・・

e0190502_9183678.jpg

 1863年フランスの発明家ルイ・キョウーム・ペローが蒸気機関を動力にする二輪車を考案1873年のウイーン万博に出品したのがオートバイの原型である
e0190502_9221051.jpg


①1885年にダイムラー・モドレーンゲーゼルシャフト?(とりあえずダイムラー)内燃機関のエンジンを・・・
②1903年にウイリアム・ハーレーとアーサー・ダビットソン(ハーレーダビットソン)としてエンジン付自転車
 これらは第一次世界大戦の時代に技術革新を遂げ1920年ごろに現在のオートバイの一般的な基礎が出来上がり、第二次世界大戦には軍隊でもサイドカー偵察部隊等最前線で活躍された様である。

 我が日本では1990年(明治42年)に島津楢蔵によるNS号が初めての国産オートバイであった・・・

 上記は、少々私が調べて書いているが、会長の話はメチャクチャだったように思うがこれらの歴史を淡々と語ってくれたものである。

e0190502_9372540.jpg

 この様に日本のオートバイは故本田宗一郎の努力により、多くの技術者の力で今日を築き上げたのである、「平井解っているかな?」

 解っている大きな戦争で技術が革新されて来たのは解る・・・会長がやって来たのと違うぜ・・・イヤ平井レースが技術を革新したのであると頑固である・・・

 こんな話から核心のレース運営の話に展開するのである・・・


                                              t-hirai

 

  
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-01 10:09