Team Green

<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「金冠日食」

・・・今ブログをUPして、愚妻と朝食を二人で久しぶりに会食(毎朝私は5時出発愚妻はグーグーオヤスミ)していたら金冠日食の話題がTVで・・・私もやりました「金冠日食オタク」見てください・・・イヤーまずはコンビニにめがねを買に走るも売り切れ・・会社で何か光遮閉レンズは?何もない、昔々ろうそくでガラスにくすぶりをそうして太陽を見た思い出・・・しかし、何もないところがである、鉛筆削りのくず入れが少々黒みがかりアッタのである、そこにマジックペンで色を塗り見たらはっきり見えたので成功したもんだ・・・
e0190502_842594.jpg

 通勤途上5:30分ころの太陽が昇り始める頃の記録(これは肉眼)
e0190502_8445781.jpg

 朝飯そうして仮眠をして、会社について7:30頃やっと作った鉛筆削りの受け皿にマジックを塗ったメガネ・・・肉眼にはハッキリ見えたのだが?目が痛かった一週間痛かったが治ったよ~ン
e0190502_8481781.jpg

 これは大分太陽がかけている写真7:35分頃か?
e0190502_849171.jpg

 何か解らんヤン~ アホヤ

 「失敗は成功の元」次回は2030年必ずメガネ買うぜ・・・オッと次は18年後?・・・あの世で見るか・・・・アホ・・・長生きするぜ・・・アホヤ・・・次回の天体ショウは6月の初めに金星が太陽を横切る・・・そこでメガネを調達して・・・あの世に(棺桶に入れて貰っちゃおう)持って行こうかな・・・

 半成功の「金冠月食」・・・マ見れたのだから大成功やナイカ・・・目が痛かったが・・・
今年は天体ショウのオンパレード・・・太陽+金星+月やったか?一直線になった・・・

・・・てなもんや三度笠・・・ナンデそんなに強いのや・・・あたり前田のクラッカー・・・

e0190502_8534491.jpg


                チャンチャン
                                t-hirai

 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-27 09:01

「カワサキ創成期の証言者」

 レーシングメカニックの現場 当時を知ってこそ分かることがある、混沌とした時代だからこそ我々は忘れつつあるカワサキ創成期のエピソードを今に伝え、その想いを受け止めたい。

 カワサキがレースに参戦し始めたころメカニックとしてその渦中を生きた男のレース活動をつずる・・・(ヒュヒュカッコいい)

 先日行われた「カワサキレーシングフエアー」で昔の仲間(今なおお付合いしている)藤原良弘・吉田ヨシマサの両氏の事がKAWASAKI BIKE MAGAZINEに掲載されていたのでご披露したい。

 実は、Z-1会なるものが(会長大槻幸雄)未だに活発に活動しているのだが、昭和30年代後半当時のツワモノが未だに(デザイン・設計・技術・製造関係者達)元気にウジャウジャ居るイヤ生きておられるのである、しかも来る6月6日に一堂に三木セブンハンドレッドCCに会するのである、それはそれはワイワイ昔の戦友楽しい集いである。

 華々しく報じられるライダー・監督・エンジニヤー達の後ろでいつも黙々と作業をこなし、次の走りに全神経を傾注している「縁の下の力持ち」彼らが居るから走るのや・・・

 エンジン供給メーカーとして二輪事業に携わっていたカワサキが、設計・開発から製造まで一貫して取り組んだ最初のバイク「B-8」を完成させたのは昭和37年の事だった。
e0190502_7124639.jpg

(このころはベルトコンベアーでなく台車にスタンドを固定させロープを引っ張って流れていた)

 そうしてその翌年にカワサキは、兵庫県青野ヶ原で開催されたMFJ兵庫県支部(支部長故西海義治兵庫メグロ販売(株)の創設者)主催第1回モトクロス大会にB-8をMXに改造して「B-8M」で出場する。
e0190502_718028.jpg

 スペック:全長1,900×全幅680×全高980、軸間1,255、車重98kg、空冷2サイクル単気筒123,5cc、12ps/8,000rpm、最高速度100km/h130千円

 格好イイやん

 この大会にカワサキはメーカー体制で始めて参戦したレースであった、カワサキはレース初出場ながら125ccクラス1位から6位まで独占したのである。

(コレハネ故西海義治の自慢話、実は大会当日雨で各メーカーの車が、キャブに水が入ってエンジン不調、ところがである西海のアドバイスでカワサキはキャブに雨対策、カワサキのエンジンだけが調子よく完全優勝を果たしたエピソードは耳にタコが出来るほど何回も聞かされた)

 それから全国のMXレース場で赤タンクのカワサキの名を全国に轟かせたのである、この赤タンク時代メカニックとしてレースに参戦していた藤原良弘、彼の精密さが赤タンクの快進撃を支えていたのでは無かろうか?

 彼はMXのみならずロードレースのメカニックも昭和40年~44年迄カワサキの縁の下の力持ちを務めたのである。

 次回男前の藤原良弘の物語そうして写真も掲載する・・・次回 乞うご期待を・・・

                                     t-hirai

 追伸
 
 この処、6月10日の「グレートヒローズ同窓会」続いて7月1日「酒井文人&クラブマンレースを語る会」マタマタ続いて9月1~2日に掛けて「鈴鹿サーキット50周年記念」(これにはソウソウタルメンバーが集まるらしい、コークも参加する会えるかなー)イヤー連続のイベントである。

  ・・・モーターサイクル愛好者の皆さんチャンス到来見逃す手は無いのでは・・・
                                

 
 

 

 

 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-27 08:13

「笑って遊ぼうミキランド」

 今日待ちに待った「笑って遊ぼうミキランド」が盛大に行われた、詳細は広報担当rfuruyaさんがレポートを出されるだろうが、準備を全面的にされた森田さんには頭が下がる思いである。
e0190502_18342779.jpg


 それから60オジサンの昔々お馴染みの「輪」ころがしをご披露これまたオッたまげた
e0190502_1837859.jpg

 戦時中遊ぶ道具も無い時代に自転車のホイルをころがし遊んだもの、これは本日参加された皆さんもご存じないのでは?
 イヤー山ちゃんやるじゃない・・・

 もう一つNPOの仲間福井さん自慢の60年代のオートバイで参加得意満面の笑顔が
e0190502_1841153.jpg

 古いものでも大事にする人に掛れば新車同様これまた素晴らしい・・・

 本当に参加されたスタッフの皆さんお疲れさんでした、又、来年も是非お願いします今回参加された子どもたちがスタッフに成長するまで続けられたらな~ もっと素晴らしい・・・

                                     t-hirai


            
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-20 18:47

「グレートヒーローズ同窓会」葵月の陣⑪

 間もなく上記「グレートヒローズ同窓会」葵月の陣が6月10日(日)に筑波サーキットで開催される、果たして誰のお顔が拝見できるのだろう楽しみである。

 もう⑪回も色々書いたがイカンやっぱり自分の廻りにしか目が届かん、そんなこんなしているうちに、今日は三木で「笑って遊ぼうミキランド」が10:00~三木防災公園でハジマリハジマリである。

 天気も良いし家族で集合かなり面白い内容らしい必見である・・・

 NPO法人THE GOOD TIMES「二輪を語ろう会」の始動と同時に今回の三木のイベントBERT(主宰片山敬済)主催の「笑って遊ぼうミキランド」、東日本大震災に活躍をしたオートバイによる社会貢献したとして「貢献者表彰」を授与された、これは全国オートバイ協同組合連合会(理事長吉田純一)被災救助に小回りの利くオートバイで救援、今回の三木のBERT主催のイベントもその体制造りの一端では、続いて実施される筑波サーキットでの「グレートヒーロズ同窓会」葵月の陣主催CLUB WITH ME(主宰丸山 浩)、マタマタ東京で7月1日(日)東京の有楽町で開催される「酒井文人&クラブマンレースを語る会」(発起人石井昭博・新津栄一・大久保 力)が開催される。

 この処、二輪関係のイベントが目白押しである「素晴らしい」ウエルカムではあるが、私はこんなことを思っている、ソレハネ・・・ブームはメーカーが作るもの・・・その素晴らしい企画をみんなで盛り上げる・・・今までそうして力強く二輪が羽ばたいたのでは・・・

 奇しくも今年は鈴鹿サーキットの開設から50周年を迎えるらしい(今回の上記クラブマンレースの主催者石井さんの案内状に明記されている)続けて富士スピードウェイ・スポーツランドSUGO・筑波サーキットなどが50歳に名を上げるだろう。

 石井氏は続ける、各地にサーキットが開設され二輪・四輪自動車産業の飛躍的な発展、並びにモーターりゼ-ションの向上に大きく貢献した・・・とある。

 どうやら日本のレースは1984年(昭和23年)多摩川スピードウエーイレースに端を発しているらしい(S23年私は?15歳・・・ナンデ私やアホ)イヤー今度の7月1日(日)も待ちどうしい、約200人からの名簿が添えられているが、多分これだけではないもっともっと居られるはずであり、今日のモーターリゼーションの発展がある。

 モットもっとメーカーが考えなければならないのでは、しかし、小さな一つからも大事である、要するに敗戦に打ちはのめされた我が国の今日があるのは多くの人々とそれに携わった自動車産業の発展、人の英知である・・・忘れたはイカンぞよ~
 
 テナコトを思いながらもう三木に行く時間になってしまった・・どんなもんやろ~楽しみである。

                                         t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-20 06:53

「兵庫県自動車整備振興会神戸中央支部通常総会」

 今日久しぶりに京都に行ってきました。沢山写真を撮ったので、このあいだrfuruya さんにFACE BOOKのアルバム制作を教えて貰ったのですが、カメラのデーターを消してしまったのでできません、仕方なくブログでご覧ください。
 何か写真は懇親会+道中になって居りますが?(総会の写真は支部長が?)

 それではまずは車窓から
e0190502_20252221.jpg

高速を降りたら東寺&五重塔↓
e0190502_20254542.jpg

e0190502_2026961.jpg

一日お付き合いの柳川ちゃん
e0190502_20263521.jpg

オイオイもう紅葉かな少々早い
e0190502_20274512.jpg

宴会の始まり始まり 行ったところは京都北寄りの貴船の割烹料亭「右源太」
e0190502_20281470.jpg

われわれの給仕役(京都の大学生超可愛い!)
e0190502_20284887.jpg

席のそばでは滝が音を立てて(オー寒い)
e0190502_20291944.jpg

これから支部を背負って立つ青年部会のご両名支部長を囲んで
e0190502_20294814.jpg

金閣寺これはすごい(観光の外人さんUS・中国等々)大喜び・・・
e0190502_20301443.jpg

優雅な庭園

 まだまだ沢山あるのですが、FACE BOOKでアルバム造りを再挑戦してみます、師匠に怒られる?

 イヤー楽しい一日でした、再度、総会もバッチリ今期の計画まで無事終了おめでとうございました。
  (それにしても写真が無いアホか、遊びにいったんと違うやろ)
 
                          チャンチャン  t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-13 20:44

「グレートヒーローズ同窓会」葵月の陣⑩

 今日は兵庫県自動車整備振興会神戸中央支部の総会で京都まで、久しぶりの京都懐かしいな~

 忘れてはならない、水谷 勝・宮城 光・千石清一をご紹介しよう・・・

 水谷 勝なんと懐かしい名前か(怒られる)1976年ジュニア250のチャンピョン・1982年国際A級500クラスのチャンピョン非常に苦労人である
e0190502_5234930.jpg

 ’70年代中盤から既にカラーのツナギが走っていたが、’60年代にはマダマダ ライダーはクロ一色のツナギで走っていたもんだ(キヨさんの縞々Tシャツは有名だった)

 この時水谷は既に海外に日本ではお馴染みウオ-ターウルフカラーでGPに初登場ヨーロッパのスズキ・フアンの熱い思いを背に水谷(ゼッケン4)はアッセンを「力」一ツパイ走った、結果は13位だが一生懸命走る日本人ライダー水谷選手にフアンは絶大なる拍手で迎えたそうな・・・

 「宮城 光」この人も、当時は明るいキャラクターでレース界の話題を独り占め、他メーカーの平井が「オイ ヒカル」と呼び捨て、それでも「ヤー監督調子イイじゃん」てな言葉を返してくれる「ナイスガイ」若いころから、早いライダーの仲間で’83年ノービスクラス、フォミュラー・250クラス、’84年国際B級フォミュラー1・3クラスでチャンピョンに、ところが’85年には 平・辻本・山本・小林・畝本・各名選手にチャンピョンを譲っており、ソレハネ・・・3年間でトントン拍子にノービスから国際A級に「国内のレースには馴れました」と言ったそうな・・・日本のレースの歴史にはなくてはならない人物である(八代俊一とチームメイトとは?知らなんだ)
e0190502_61138.jpg

 入国審査官に「アイアム・レーシングライダー」その係官「そうかスポーツマンなんだな」とフリーパス・・・と意気揚々と話してくれたこともあった。「ナイスガイ」この写真の頭の白いものヤンチャナ「宮城 光」である・・・今も元気に活躍しているらしい・・・今度の同窓会来てほしいナ~

 千石清一 この人もまたレースを語る上では忘れられない人である、今なお去年の8耐で「紳助チーム」で陣頭指揮、彼友達の不慮の事故でレースは8耐のみ55歳までと決めてやり遂げた素晴らしい根性の人では?、いま尚、若手ライダーの育成に努めている。
e0190502_6271085.jpg

 これは鈴鹿でライセンスを取得するときの講師を務めている時の写真、彼もまた兵庫メグロの社員に私が推薦してライダー修行を始めさせたのである。エッヘン
 
 イカンもう出発の時間・・・「イッテキマ~ス」・・・
                                      t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-13 06:31

「グレートヒーローズ同窓会」葵月の陣⑨

 毎回カワサキの話で終始してしまう「カワサキの真打」こと「迷監督平井稔男」しかし、他メーカーと戦うためには、当然他メーカーのエースライダー&マシンの事は充分に知らなければならない。

 ヤマハの「平 忠彦」彼は尊敬出来る素晴らしいライダーであった。
e0190502_5453422.jpg


 ソレハネ・・・私が「オートバイを造っているメーカー」はレースは絶対やらな「アカン」と息巻いていた時に彗星のごとく現れたナイスガイ平 忠彦その人であったからである。

 デビューは確か1977年TZ250での参戦、その容姿(映画スターでも通用するヤマハの宣伝にはTVにもでた格好良かった)闘志(1979年YZ350を駆って第1戦から全部一位?一回2位があったかな?)当然走るために出てきた天才ライダーだった。

 そうして日本を後にしてヨ-ロッパへ飛び出して行った、それは全日本を3度にも亘って制覇、世界のコンチネンタルサーカスへの挑戦が始まったのである。

 日本の誇る「平 忠彦」今なおヤマハで二輪の普及に頑張っている「ナイスガイ」である。

 「TEAM GREEN」も1980年代前半からTEAM38と一つになりロードレースに手を伸ばして居たところでなかったかな?1985年RACER PROFILEに紹介している選手諸君、早い速い故新谷永喜の他は今なお逢えば「オイ」である?みんな元気にやっている。
e0190502_6434171.jpg

 イカンイカン今日は他メーカーのライダーの紹介だった。

 ヤマハを紹介したら今度はホンダやろ、ここにはこれまた忘れられない「八代俊二」世界へ飛び出して行った日本を代表するライダーである。
 
e0190502_7105518.jpg

 彼との出逢いは、鈴鹿での「全国安全運転競技大会」の前夜祭でのこと「鹿児島の代表選手八代です」と挨拶をしてくれた時からである。
 平井さんもレース大好きカワサキの監督と聞いたのでとの事、イヤー照れたな~
e0190502_7155256.jpg


 その八代選手もまた世界に飛び出した素晴らしい男である・・・ちなみに安全運転の成績は駄目?ヤッパ八代はロードレーサーや・・・会いたいなー彼もまた頑張っているだろう・・・

 もう一人話題の井形マリ並み居る男の世界に飛び込み「本田の女性ブランドgのキャラクター」だったのでは?

 写真が残念ない・・・ミネコにでも送ってもらおうかな・・・

 今日は洗濯屋さん・散髪・血圧・歯医者さんとお忙しい一日の始まりである之にてゴメン

サー今日の計画はすべて終了、これから少々お勉強かなそうしよう。


                                      t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-12 07:31

「グレートヒーローズ同窓会」葵月の陣⑧

 首題のイベントの少しでも応援をしたいと始めたのだが、どうも’60年代は自分の廻りしか書けない、ソレジャ-チョット年代を上げて’70年代から’80年代後半まで広げてみよう。
 皆さんも知っておられるライダーが沢山いるのでは?

平 忠彦  TECH21 8耐でリタイヤした時メインスタンド中央でTHE END憎たらしい,スポンサー大喜び
e0190502_8124788.jpg


e0190502_750240.jpg

清原明彦 カワサキ一筋世界を駆け巡ったツワモノ、カワサキあるところいつもキヨサン

和田将宏 この人を忘れたら罰が、ヒロもカワサキあるところ常にヒロが居り 
e0190502_8132227.jpg

ヒロの若かりし頃、イヤー男前、彼早くからカワサキで海外に
e0190502_813532.jpg

ゼッケン33 デイトナ1961年にホンダが走り翌年から、ヤマハ・スズキ・トーハツの各ファクトリーがアメリカ市場への売り込み計画参戦、この頃,伊藤史郎・北野 元・玉田真市・伊藤光夫日本人ライダーとHアンダーソン・Bシュナイダー・Pリード等世界GPラウダーのファクトリーエントリーであった。
 伝統あるデイトナ200マイルレースはAMA規定で1968年まで排気量制限(エンジンが750ccのマシンはサイドバルブ型式500cc迄OHV型式)ハーレーに対する配慮だっつたか? 1969年よりこの制限も解除、カワサキもボチボチ走ったのでは、しかし、カワサキが本腰を入れて走り出したのは’72年~’73250ccA-1R、ここで気ちがいマシンと異名を取ったH1ーR~H2RとUSカワサキの要望で750ccH2-RがTOP集団で行列を繰り広げ、派手なツナギでUSを暴れたようである。
 
 その他、
川崎博之・辻本 聡・木下啓司・徳野政樹・宮城 光・八代俊二・植田 昇・水谷 勝・上野真一
清水雅広・大本十生・高井幾次郎・江崎 正・伊藤 巧・三浦 昇・大島行弥・山本陽一
斉藤光雄・片山敬済
カワサキ
岩道 博・根本 健・杉野順三・阿部孝夫・宮崎祥司・岡 正弘・井筒仁康・多田喜代一
宗和孝宏・塚本昭一・梁 明 ・斉藤昇司・日下真一

 マダマダ沢山のライダー年を取って忘れた~また思いだしてエピソード等ご披露します。

                                      t-hirai
  

                                    
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-06 08:16

「グレートヒーローズ同窓会」葵月の陣⑦

 今日で「六甲伝説」に出てくる戦友の話は書きキレないので終わりにしようと思う

 毛利良一
 「僕はいつも優勝するつもりで走っています」
 こう云わしめるほど彼は勝ちまくったライダーである、デビューレースは’68年の8耐その時はリタイア彼18歳の時、それ以降これはイカンと六甲を真剣に攻めたそうである、その努力が知らないサーキットで威力を発揮したと自分自身が回顧している。
 イケメンの面魂その秘めた中の闘志ソレハネあまり勝ちに拘らなかったからか?しかし、8連勝して追われる立場に立ッた時、一生懸命練習したそうな、欲のないレースが勝ちを呼んだのか(阪神に聞かせたい)
e0190502_539852.jpg

 このクールな顔に似合わずレースが近ずくと短気になるらしい・・・
 引退後芦屋でフランス料理店を弟さんと経営していたのである、その彼と「片山義美60年会」久しぶりに再会出来たのである。

 杉尾良文(これまた同じチームで戦った親友MXだが紹介したい)
 「俺は頭を取るためにレース場に来たのだ」と言わしめるまでには、悩み苦しむ時が多々あったそうである、ソレハネ彼高校卒業後一度就職すぐにやめてカワサキのテストライダーになり運命の人、竹沢正治に出会った事に始まる・・・
e0190502_7411721.jpg

 左からキヨサン・平井・杉尾・竹沢の面々
 竹の加入は杉尾にとって励みでもあり彼の転機にも繋がっている、ソレハネ竹沢は二階級特進セニアに、自分は力でもぎ取ったエキスパートジュニアのママ(これはメーカーのエゴ、平井は2階級いずれも優勝を狙ったから竹はセニア・杉尾はエキスパート)ここで悩んで片山に相談4輪のドライバーになりたいと、ところが片山にプロとは何たるか?を教えられ自分はMXでプロのライダーを目指そうと決心、ヤマハに行ってしまったのである。
 そうして’75年には125ccのチャンピョンに’78年にはホンダと契約’80年にはホンダに初の250ccチャンピョンをもたらした、これはホンダの体制(良くライダーことを考えてくれた)に恩返しをチャンピョンと言う形で返して行ったのである。
 律儀な彼の性格がお父さんの勧めで県会議員に5期?も頑張らせた根性を培ったのである。(今ちょっと充電中)彼の事を話したら何時までも続くが今回はここまで・・・杉尾&竹沢の競り合いは次回MX集で・・・
e0190502_6151084.jpg


 従野孝司
 彼は、片山義美の二番目の弟である「六甲山はレーサーとしての1から10まで全部教えてくれた」兄貴の教えが、既に兄貴&歳森康師は2輪を卒業4輪のドライバーとして歩き始めていたのである、その後釜にすんなりカワサキと契約2輪のプロとして走り始めたが、カワサキのMXには他車に勝てるポテンシャルがなく(孝司が走らなかったのでは?)すんなり二人の後を追い4輪ドライバーになってしまった。
 彼は六甲山を自分の練習の場として、ドライビングのテクニックをそうしてトレーニングを行い車の特性を掴み基礎を培った一人でもあったのである。
e0190502_636587.jpg


 片山敬済
e0190502_755556.jpg

 彼ほど話題の多いライダーもそう多く無いのでは?しかし、よく走った彼がPPを取りレース前に表彰の際、マントを着て自分自身の歌が流れる中(コロンビア?でプロの専属歌手)、颯爽とトロフイーをソラに上げた時の姿は忘れられない。
 その彼もまた六甲山は練習の場であった朝4時から、前出毛利と一緒にトレーニングそれはエキスパート時代であり既に世界チャンピョンGPライダーを目指していたのである。

 彼は言う走りはリズムだ・・・自分の頭の中でワンショットワンショット描いて刻めば、それがリズムにそうしてハーモニ-をかもし出して“踊れる”ようになる、その心地良さが恐怖や無謀をフットバシ素晴らしい発見があると言い切る「自分の旋律を常に変えて走る、メインテーマ-は常に一つだけだから」イヤー格好イイである。
 
e0190502_7103411.jpg


 そのほか沢山のライダーが居るがタッチャンに長すぎると怒られそうだから次回チャンスがあったらご紹介しよう。

 
e0190502_7143629.jpg

 左から辻本・大島?・宮崎
 
e0190502_715201.jpg

 八代
 まだまだ我がカワサキの戦友(ヒロサン・キヨさん・キヨカズ・ソウワ・昭一・明・井筒・北川等々)
 
e0190502_7445586.jpg

 これは多分多田喜代一の雄姿共に戦った戦友である・・・

 もう一人六甲山の仙人こと歳森康師
 
e0190502_8121329.jpg

 世界一速い男 星野一義と歳森康師  この二人の事は多くて次回にチャンスがあったら特集だ~

 「六甲伝説」主体に書いてきたので勿論みんな友達であり、良きライバルであった、しかも、みんな六甲ドライブウエーイにお世話になったツワモノたちである・・・

 これは昔昔のお話、今はみんな真似をしてはいけない、その当時は交通量も交通取締りも少なかったし、みんなほかの人に迷惑を掛けなかった?

 再度お願い・・・今は真似をしてはいけない・・・・近くに俺の作った「セントラル・サーキット」カッコイイ&「岡山国際」世界の「鈴鹿サーキット」があるではないか、そこで思い切り楽しもう・・・

                                   チャンチャン         t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-05 07:56

「コーヒーブレーク」

 連休中日六甲山の仙人のお示しで名所旧跡である、三田市永沢寺の「花のじゅうたん」見学に、  
 うる妻(愛妻?)と久しぶりにデイトとしゃれ込んだものの家を出ること500m車の座席の事で口げんかショウモナてなところで私が折れて上手く前に向いて走り出したものの道に迷いブツブツ言はれ、挙句の果てに六甲山の仙人に電話で「SOS」流石仙人「今何処」と直ぐにナビゲター、軌道修正無事到着雨の中「花のじゅうたん」を見学、目的の峠茶屋で名物の茶そばを約1時間待ちで食したところ、あと10膳で売り切れ「良かったなーと仲直り」途中景色を見ながら帰路につきました。
 しかし、こんなに近くにこんなに素晴らしい所が・・・雨で霞んだ田舎道の一日でしたアーアーブツブツ言われながらの楽しいデイトでした(仙人の声・・・勝手にせ~・・・)
e0190502_150073.jpg

 雨と人でゆっくり見ずに目的地に
e0190502_151136.jpg

 雨にかすんだ一軒家の峠茶屋中は満員
e0190502_1523128.jpg

 冬にはこんな具合炉があり情緒イツパイ、今日もホットカーペットが心地よい・・・
e0190502_1532137.jpg

 仙人ご推薦の「茶そば」セット、茶そば+オニギリ+わらびもち=1,100円 これは安い

 充実した一日でした六甲山の仙人さん有難う、皆さんも是非一度茶そばを食しにお出かけください・・・

                                                       t-hirai

                                               
[PR]
by toshi-hirai | 2012-05-04 15:20