Team Green

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「カワサキ・ロードレースのルーツ」①

 いま「TEAM GREEN」の昔話を探していたら、エライコッチャ「カワサキのロードレース」のルーツの記録が出てきた。
 これは皆さんに教えるべきか、私の講演会のネタにしょうか?「アホ」・・・書くで~・・・

 ソレハ1965年に開催された第一回東京ロードレースに参戦した3台のカワサキ、ここからカワサキのロードレースの歴史が幕を切って落とされたのであります。

 ソレハネ・・・カワサキ初のロードレーサーJ1
e0190502_1073435.jpg

 このマシンの改造がまずMXで活躍した後、’65年8月に千葉県舟橋サーキットでのMFJ第1回東京ロードレースに3台に85J1改で参戦した。
 ライダーは、世界の金谷秀夫(他の二人は?今度聞いてみよう)
e0190502_10192044.jpg

 少々暗い男前台無し(ゴメン金谷さん)この時2位につけその速さを見せつけたのである。

 さらにその年10月に開催された第3回日本GPに、カワサキ初のGPレーサーKACスペシャルが殴り込みを掛け7・8位ダッタソウナ(少々テンションが落ちた)デモデモねこのマシンKAC?はエンジンはA-1の設計ベースになった並列2気筒ロータリーデスクバルブ、しかも水冷リァエキゾスト、8そくのマシンである。

 ’66年第4回日本GPでは改良型の水冷KA-1(KR-1)が7位・8位(指定席かな?ゴメン)コレ健闘である。

 
e0190502_1041664.jpg

 ゴメンゴメン写真がうまく取れない(コレ、ワールドMCガイドから拝借許して下さい)
 1967年に市場のニーズに合った250A1、この改造がA1R カワサキは赤タンクで走っていた最速200km/H・出力40PS・車重109kg

 総合して1963年頃から国内の販売網も整備され(日本で売れたら世界も)海外からもそのブランド力に注目され3月にはフイリピンに向け150台のノックダウン輸出契約に成功カワサキも本格的に世界を舞台に進出、アメリカ市場に1968年「アメリカン カワサキ モータース」AKMをその翌年には、「イースタン カワサキ モーターサイクル」EKMを、二つの現地法人を設立したのである。

 次回は完成されたA1R1967年6月に「我らがミスターヒロ」が登場するのである。

                                       t-hirai

追伸 読み返したら時代が向こうに行ったり来たり、マ良いか平井の事や・・・
[PR]
by toshi-hirai | 2012-09-30 11:08

「TEAM GREEN」30周年⑦

e0190502_621968.jpg


 「チームグリーン魂」これを忘れたら「アカン」何しろ沢山の人が「TEAM GREEN」に入り長い間一緒に「同じ釜の飯」を食べて来たんや無いか。

 練習は厳しかった、デモレースは楽しかった、「みんなで勝ち取った」レースやないか、皆の青春を懸けて戦ってきた思い出の一コマ、今・・・創設30周年を迎える時・・・

       「ソレハ勝ち組の青春や」

 先日「カワサキバイクマガジン」(まだ書店にあるかも?2012.9 VOL.97 680円)の取材を受け「TEAM GREEN」の創設期から続く「TEAM GREEN」の強さを「魂」を延々書いて貰った。

 沢山の専門誌ジャーナリストが見た「TEAM GREEN」イヤ「KAWASAKI」のある姿を今一度振り返って30周年を迎えたい。

 ここに浦島太郎氏???(信が抜けてる、お父さんきっと浦島太郎は信じてなかったんと違うか、怒ったらアカン)の見た「KAWASAKI」これまた「Kawasaki DIRT chronicles」として連載されたんや・・・見てほしい・・・

 http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/msinfo/press/kdc/index.html
 ・・・これから、同じこともあるけど(オジイや少々クドイ)続けます見て下さい・・・

                                    t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-09-30 08:16

「コーヒーブレーク」

・・・この処、本職の会社で色々あり、おまけにオジイサン右膝の軟骨がチビテ歩くのもままならない痛い毎日が続き、加えて友人の「ホークリフト教習所」開設許認可の申請を応援したり、忙しいのであります。

 仕事なら真面目に一生懸命やれば何とか前が見えるのですが、アホラシイ社内の問題に振り回されることが一番辛い(これは弱音ではありません)アホラシイのです。

 それにしても世の中狂ってる、チョット怒鳴ったから病気になった「パワハラ」で労災?アホらしくて話にならんてなところです???
 労災申請に押印しないでおこうと思ったが、待てよここで正式に労働基準局に調査してもらい白黒つけようと思い押印したところ、サー大変調査のための資料作りが莫大なもので頭が痛いのです。
 マー本当のことを報告するだけなので手間だけと思いきやとうとう専門の先生に依頼していま作って頂いております。

 オジイサンの右膝の軟骨は若いころの「空手」が影響か?前回のZ-1会のゴルフコンペ前後から痛くなりだし(約4ヶ月前 その時は絶好調・・・ドラコン(ホンマやでー)+会長賞+馬券的中・・・これが悪かったのか?今回リタイヤ残念)及び8耐+鈴鹿アニバサリー色々ありました。

 現在、両ひざに軟骨を制作の為に注射を打ち、痛み止めで痛さを抑え、マー何とかなるのでは?と考えている毎日です。

 「フォークリフトの教習所」の方は、講師(学科・実技の講師がこれまた大変、色々条件があり)
例えば座学の講師には
 大学又は高校で「力学の勉強をした」証明+フォークリフト3年以上の実務経験がアル証明が必要

この条件を満たす講師を2名

 当然管理者(上記の条件を満たす事?)も必要

 てなもんや三度笠・・・大変な毎日であります・・・これまた人生、楽しいことです。

 同じ楽しみでも我々の理事長古谷さんも私より半年先輩のオジイサン(お孫が3人も居られる本当のオジイサン)この処、メインはお孫さんの顔を見に奥様(毎年2ヶ月のバカンス)の後を追っかけたのでは?と思いますが、

 そのバカンスの前半にKAWASAKIZ-1フアンクラブ米国版に出席、それこそ世界を一つにとの思いで飛び回って居られる・・・元気オジイサンであります。

 今まさに成田から伊丹に向かって空の上(7時のフライト)9時には伊丹タクシー飛ばして理事会に直行・・・イヤー今日の理事会は、帰朝報告独演会(何時でもそうだが)コリャまた大変だー

 てなところでTEAM GREENは、お休みを・・・

e0190502_744051.jpg
e0190502_75819.jpg
e0190502_753835.jpg



                                t-hirai

 

 
 
 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-09-23 07:05

「TEAM GREEN」25年前の8耐

「鈴鹿サーキット50周年アニバサリーデー」にお祝いに行ったが、主目的はコークとの再会だった
e0190502_6574255.jpg

 コークは覚えていてくれた、懐かしい出会いであった
e0190502_659293.jpg

 コークもまた彼78・79年カワサキワークスの名監督ケン・鈴木とのコンビで250cc・350ccを駆って世界を制覇したチャンピョン、これまた監督との出逢いを心待ちにしていたのでは?コースに出てケン鈴木監督と話すコーク・バリントン(ケン・鈴木監督残念後ろ向き、帽子をカブッて背中だけ)
e0190502_7294178.jpg

 ケン鈴木ご夫妻と式典会場でご一緒
e0190502_7283246.jpg

 コークサービス精神旺盛、私の友達中田さんに快くサイン
e0190502_744850.jpg

 ピット前でこれから始まるドラマも知らずに記念写真(参謀のキヨサン・チャンピョン昭一も)
e0190502_7135595.jpg

 コーク予選で名誉の右足ねん挫(これまた沢山の話題を提供したのであるが)迷監督の心も知らず
e0190502_7163271.jpg

 この時、足は・・・余裕綽々のチャンピョン・・・迷監督の気持分かっているのかな?
e0190502_71927100.jpg

 「男の美学」では無い・・・お金が無いのである・・・これでエエヤン
e0190502_7211981.jpg

 コークの負傷で急きょファーストライダー「ロブ3周TOPでTVに出ろ」「OK」とロブ
e0190502_7242639.jpg

 走った走った3周は持たなかったけどロブは約束のTOPにTVに映し出されたのである
 21・9・12・15・1優勝コウホウを従えて・・・ゼッケン7TOPや・・・
e0190502_739272.jpg

 モンスターは止まった、4時間30分のドラマはカワサキのフアンを「満足」させ、スポンサーに「感動した」とお褒めを頂き幕を引いたのであります。

 来るべくワークス復活の前哨戦はこの様に幕を閉じたのであります・・・
e0190502_7452019.jpg
 
 こんなに多くのモータースポーツのフアンの前でカワサキはワークス参戦を誓ったのであります。

 もう何回も皆さんには報告をしたが、今回25年ぶりにコークに逢いまた、思い出してしまった。

 良いものは何遍でも良いのでは?(アホもうアキタワイ)お許しください書きたかったのです。

                                       t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-09-17 07:49

「鈴鹿サーキット50周年アニバサリーデー」③

 1962年9月に産声を上げそれから延々50年日本のモータースポーツを育み幾多の喜び、そして悲しみを乗り越えて、ここまで育った「鈴鹿サーキット」日本のモータースポーツの歴史である。

 希望にあふれるモビリティを未来へ繋げて行くために鈴鹿サーキットのみならず、全国にあるサーキットの存続をフアンである我々の手で守っていきたいもの・・・
e0190502_4203063.jpg

 2日間のアニバサリーデーを楽しんだ大観衆

 ソレハ大物のご挨拶から始まった
e0190502_4232883.jpg

 コノ催しの立役者大久保 力さんのご挨拶から始まった
e0190502_4262078.jpg

 挨拶の順番を待つジム・レッドマンと高橋国光の両氏
e0190502_429911.jpg

 ジム・レッドマンそれこそ1962年鈴鹿サーキットオープニングレースで優勝勝ち取った顔
e0190502_4324939.jpg

 誰でもが愛した高橋国光氏のユーモア溢れるスピーチ2輪から4輪にホンダ一筋に頑張っている男

e0190502_4402549.jpg

 この日の為にお祝いに駆け付けた内外のドライバー&ライダーの面々

 これからはアラカルト・・・スナップ集
e0190502_4454746.jpg
e0190502_4462220.jpg

 サーキットのGPスクエアに構えたカワサキブース結構な人気人であふれかえって?
e0190502_4505235.jpg

 カワサキの歴史レーサーの展示
e0190502_454388.jpg

 1959年マン島TTレースにホンダが125ccで初挑戦団体優勝を飾った谷口尚己氏
e0190502_534514.jpg

 もう一度出番やでー「カワサキが初めて鈴鹿を走らせた男」得意満面の山本 隆
e0190502_564387.jpg

 昔そのままのジム・レッドマンの走り
e0190502_585188.jpg

 宮城 光 氏実はカワサキのフアン?H2Rに跨って得意満面、横でケン・鈴木氏(後姿)
e0190502_5103539.jpg

 ピットでケン・鈴木ご夫妻が一休み
e0190502_5132619.jpg

 平井+近藤博志(トライアルチャンピョン)+星野一義+山本 隆 の各氏
e0190502_5275560.jpg

 星野さんとのツーショット・・・上の写真山ちゃん星野氏とツーショットを取りたかったらしい

 これが無ければ終わりにならん
e0190502_5193941.jpg
e0190502_5202735.jpg


 今回平井の目的はコークさんに会いにモウ25年も前の話覚えているかな?イヤイヤ覚えてくれていた。
 コークと迷監督との出逢い、イヤー話の弾んだこと???ヤッパ昔馴染みは良いもんや・・・

 1987年、ワークス復活の前哨戦「カワサキを愛する男」の友情、コーク&トシ・・・
クランクケースを突き破ってオイルがジャジャもれ、帰ってきたコークに「アイアムソリー」と肩を抱いたあの時、何かしらマダマダ行きたい走りたいと怒り満面の面魂「コーク&ロブ」の顔・・・
 デモデモ終わってしまったレース・・・充分に戦ったあの時の思い出をコークは静かに思い出してくれた。
 本当にカワサキを愛しケン・鈴木と世界を一蹴した男と男の友情(俺も居るでよ~)それが9月1・2日に鈴鹿で蘇った日であった。

 楽しかった日々の思い出がこれからも何時までも消えないでほしい、そんな思いの「鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー」の一幕であります。
 
 55年もう一度お祝いをしてほしいなー・・・ワカルカナ・・・トシ(年)の気持ちあと何年生きているのかな~

 マ・ショウナイか・・・頑張って良い思い出をこれから沢山作りたい。
                                         t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2012-09-15 05:59

「鈴鹿サーキット50周年アニバサリーデー」②

・・・今回の鈴鹿は60オジサンとの二人ずれ、何しろ古谷錬太郎氏(ご存じNPO法人THE GOOD TIMESの理事長)が仕掛け人で、同罪のマシン提供者「孫文を語ろう会」の理事長 田崎雅元氏(元川重会長)のお二人が山本 隆 氏を「カワサキが初めて鈴鹿を走らせた男」に仕立てたらしい。
 会社に無断でカワサキを鈴鹿に走らした張本人、実は私も竹沢正治・杉尾良文・吉田豊次郎の3人を会社に無断でレース(当時従業員は怪我をしたら実務に差し障りがあるとの事でレースは禁止されていた)に連れ出していたのだが、お二人も昔々そんなことを、ヤッパ大物は違う。

 今回はその山チャンとの珍道中、イヤー博学の山ちゃんなんでも良く知っている、ガイドを携えての鈴鹿平井も偉くなったもんや?
e0190502_5345280.jpg

 このクレデンシャル来年迄一年間鈴鹿サーキットレース開催日入場無料(鈴鹿サーキットやるな~)
 ソレハソレハ60オジサン自慢のクレデンシャルあちこちで見せ歩き自慢顔
e0190502_617522.jpg


 イヤーそれにしても沢山の人が昔を懐かしみ、沢山の人が昔を学び、沢山の人がモータースポーツを愛した素晴らしい二日間ではなかったかな~、鈴鹿サーキットが日本のモータースポーツを育み今日まで巨額な資金を掛けて育ててきた50年は素晴らしいものである、願わくは多くの人々がモータースポーツを愛し日本にある数多くのサーキットが継続されんことを祈念したいものである。
e0190502_5521948.jpg

 イカン終わりの文章に?「マダマダ続くヌカルミぞ~」(解らんだろうな?)である。

 まずは当日の話題の一戦(中島 悟VS星野一義) 永遠のライバル対決、二人の最終決着F-1マクラレーンホンダの競演(これから先も永遠に続く宿敵である、チームの戦いが始まったばかり)
e0190502_5591746.jpg

 ニコニコ顔のお二人さん腹ではムラムラ闘志をたぎらせていたのでは?

 イヨイヨ対決の始まり黄色いマシンは中島 悟&白いマシンは星野一義サテサテどちらに軍配が?
e0190502_642353.jpg
e0190502_644623.jpg
e0190502_651483.jpg
e0190502_653613.jpg

 ドッチモドッチ腕は一緒か?イヤイヤ・ソレハ違う俺が強い?????

 今日は休みだがカーちゃんとデイト、二つもイベントが重なり大忙し
10:00~神戸自衛隊統合協力会の納涼会に
14:00~鈴蘭台高校創立50周年記念「3っのすずらんコンサート」(実はわが社の中村営業部長がOB会長でどうやらご挨拶を・・・心配だから応援に・・・

   コリャ一日パーやな それではまた来週お目に掛ります。
                                  t-hirai
 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-09-09 06:14

「鈴鹿サーキット50周年アニバサリーデー」

・・・鈴鹿サーキットからお知らせが、来る9月1・2日鈴鹿サーキットに於いて50周年の式典を行います。
 是非ご参加をとのお誘い、先日8耐ではお世話になりこれはお祝いとコークさんが招待で来ることが解っていたので旧友を温めに、60オジサンと駆け参じたのでした。
 ソレハソレハ素晴らしい式典でした、主目的のコークともケン鈴木ご夫妻ともお会いでき最高の集いでした。
e0190502_2047475.jpg


 サァサーコークとの再会からリリースきっと私の事だから文章が前後すると思いますが我慢して漫才をお楽しみあれ・・・

 コークとは(呼び捨てゴメン)3時ごろ8番ピットでと思いきや28番ぐらいのピットレイーンに椅子を置いてそこえライダー集合・・・来ました来ましたコーク・バリントン氏(こらアカンワヤッパ コークや)
 「ハイ-コーク」「do you remember me?」???しばし沈黙「it knows TOSHI」ソウやがなソウヤがな・・・「it is nostalgic for the first time in what year it is」「about 25year for the first time in this from the body in 1987」「it was really interersting」てな訳もわからん会話、通訳のおネイサンが助けてくれました。
(big long distans milktankワカルカナ、ヒント・・・どこかに写真があるよ)

e0190502_19521764.jpg

 コーク「オイトシ スタンドアップ」「アホスタンドアップ立ってるぜ」「背の奴が短くなったんや、ソレハネ死んだら小さな棺桶で良いやん、でもねコークまだ死ぬわけにはいかん俺まだやることがあるんや」「トシ・アホ死んだらアカン、何時までも元気でいてや」トホホ「ソレハそうとお前幾つになったんや」「61才トシ君は」「俺78才」「ヒェー若いな、まだ大丈夫や」ヤッパ国が変わっても心配してくれる。「ヤッパ世界のコーク・バリントンや」

 しかし、サービス精神旺盛なコーク・・・フアンには手を挙げ、サインをしたり、握手をしたり
e0190502_2005072.jpg

 私の友人中田さんに快く
e0190502_2052599.jpg

e0190502_20151743.jpg

 コーク・バリントン+宮城 光+F・スペンサー
e0190502_2054350.jpg

 ミス-ター平井のブロークンイングリイシュに茫然、かまうかジェスチャーで判断せ~

 そろそろ出番ケン鈴木さんとコースに
e0190502_2085827.jpg

 コークと流暢な英語で話すケン鈴木さん(背中を見せている帽子をかぶった方)
e0190502_20104656.jpg

 コーク・・・誰も目に入らんキャンギャル?とお話し?・・・

 サーイヨイヨ選手紹介が始まった
e0190502_20132794.jpg
e0190502_20135354.jpg

 コークさん大観衆に手を振ってご挨拶

e0190502_20162848.jpg

 エンジン始動
e0190502_20172475.jpg

 「カワサキのマシンで鈴鹿を始めて走った男」山本 隆 いま何を想う・・・

e0190502_20195249.jpg

 コークさんだけキャンギャルの傘(これ意味あり)「トホ情けない」解らんでしょう~マ良いか
 しかし、カワサキのイベントカーのお二人親切にパラソルを快く貸与してくれました「有難う」
e0190502_20214686.jpg

e0190502_20225100.jpg

 流石世界の走り様になってると平井迷監督は腕を組んでエンジンが止まらんか必死に思う・・・

e0190502_2025327.jpg

 エンジン止まらず無事ピットにマシンのオーナーにマシが調子イイと(情けない・モ・イイッか)
e0190502_20303045.jpg

e0190502_20294392.jpg

 コークせがまれて快くタンクにお礼のサインを、マシンが良くなったみたい・・・

e0190502_20381046.jpg

 そうして我らがコーク帰路にお供を連れて(ゴメン)この時、二人は手を挙げてお別れ
e0190502_20392123.jpg

 コークの背中に何かしら哀愁がツナギのバリントンも寂しげに 今年の夏は終わりました。

 マダマダ沢山の思い出を有難う「鈴鹿サーキット」まずは今回の大きな目的の一つコークとの再会いの一幕でした。
            ・・・まだまだ続きます・・・
                                t-hirai


 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-09-08 20:59