Team Green

<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「川西警察署長杯ミニバイクレースフェスタ」-2

 どうもカメラの撮影技術&PCの取扱い所謂メカ音痴、自分ではそんなにトロイ方ではないと自負しているのだが、まずは向学心が無いのが大きな問題である。

 カメラの取り扱いがマスター出来ていない、露出・シャッター・スピード&etcをオートにしているのだがやはりそれではまずい様だ?マ・・・カメラの性にせず勉強せなアカンな!

 それはさておき、今回のこのイベント、ナナント盛り沢山な催しが繰り込まれ家族ぐるみの集いとなり、秋絶好の気候に恵まれたスバラシイ一日となりました。

 ソノ逆光でアマリ出来の良くない写真ですが見て戴きたい。
e0190502_555185.jpg

 こちらは猪名川中学校のブラスバンド、これまた大観衆を魅了した熱演であります。
e0190502_528293.jpg

 何やらダンサーが二人前に出ての熱演、男の子も女の子に負けない様に頑張って!
e0190502_529199.jpg

 今度は地元のバンド「SWING-BY」による熱演
e0190502_511028.jpg

 ちびっ子オートバイ体験走行、イヤーオートーさんオーカーサン汗だくの奮闘 
e0190502_5134898.jpg

 同じくちびっ子の特訓風景
e0190502_5395914.jpg

 流石ちびっ子ライダー約15分の特訓で単独走行ドンナモンダイ「てなもんや三度笠」

 この日は白バイのお巡りさんも一役買ってマーシャル(先導車)で活躍、これこそ安全の魂?

e0190502_5491314.jpg

 白バイのお巡りさんによる注意事項、「サーイヨイヨ体験走行」
e0190502_601489.jpg

 指導(サーキット走行の注意事項)も終って胸ワクワクコースインを待つ瞬間
e0190502_550291.jpg

 白バイの先導なんて、恐れ多い何考えテンネン
e0190502_5505850.jpg

 威風堂々白バイのマーシャル

 さてさてこれから「本日のメイン・イベント」のハジマリハジマリと行きたいが、枚数が多すぎる
本チャンは次の土曜日・・・ワタシの写真は練習走行だけ、ソレハネ年がえも無く、レース・アナウンサーをやってしまったトシやな~ゼッケンが???ア~恥ずかしヤメナアカンな?
 と云うことで次回マタマタ乞うご期待である。

                                  t-hirai


 

 
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-29 06:20

「川西警察署長杯ミニバイクレースフェスタ」

 ナナント「秋の全国交通安全運動」の期間中(9月21日~9月30日)の9月23日に

 それこそ、全国で初の試みが秋の紅葉?深まりを見せ始めた兵庫県川辺郡猪名川町のある「猪名川サーキット」の協力により

        「川西警察署長杯ミニバイクレースフェスタ」

                               が行われたのであります。

 ソレハネ、二輪愛好家・兵庫県川西警察署・猪名川町役場・猪名川サーキット・兵庫県二輪自動車協同組合の官民一体となった安全を祈念したイベントでありました。

 ことのハジマリは川西警察署 署長吉塚署長が常日頃、

   ・・・「安全は正しい規則・基礎・マナーを身につけること」が一番大切である・・・

 と兵庫県二輪自動車協同組合 青年部会 神園部会長に、当然二輪を業とする組合団体が努力をせなアカンと助言・・・それもそのはず吉塚署長はダイの二輪愛好家で現在も一個人として二輪車を愛好され、ご自身も「走行会」や「ミニレース」などに参加されるツワモノで今回の企画が完成されたのであります。

 ・・・ソレハソレハ素晴らしい、そうして楽しく安全を身に着ける格好の一日でありました・・・
e0190502_86421.jpg


 それでは楽しい秋の一日をご紹介いたします。
e0190502_8111974.jpg

 猪名川町長のご挨拶
e0190502_8114128.jpg

 川西警察署長のご挨拶
e0190502_812631.jpg

 二輪自動車協同組合 理事長のご挨拶
e0190502_8122330.jpg

 今日のプログラム
e0190502_8124942.jpg

 ライダーミィーテング
e0190502_8131286.jpg

 検問中の説明(コレハネライダー交代時ピットアウトの時に法規設問に回答してコースイン)
e0190502_815547.jpg

 今日は、レースのオフシャルをお巡りさんもご一緒にお手伝い
e0190502_8161128.jpg

 コースを歩いて打合せ
e0190502_8162268.jpg

 何やら難しそうなお巡りさんソンナに厳しくせんでも良いのと違う?
e0190502_8171195.jpg

 本部テント前それはソレハ満員のお客様
e0190502_8172571.jpg

 同じく本部テント前、多くのお巡りさん猪名川町の安全協会の皆さんもご一緒に
e0190502_8181972.jpg

 会場で配られた記念品
e0190502_8183627.jpg

 会場で配られた記念品2
e0190502_8192091.jpg

 今日は、白バイ触れるぞとばかりに婦人警察官を夢見る乙女の白バイ試乗
e0190502_8245780.jpg

 マスコットも大活躍
e0190502_8251221.jpg

 マスコットも大活躍2
e0190502_8253128.jpg

 マスコットも大活躍3

 楽しい楽しい秋の一日のハジマリ・・・これからイベントの紹介、レースの模様をお知らせ

                       乞うご期待であります。
                                       t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-28 08:56

「TEAM GREE30周年」創設期に思う-16-11

 どうやら皆んな「TEAM GREEN」を見ていないのでは?何故?東京での「同窓会10月26日」の申し込みが遅い、もっと早いと思っていたのだが、忙しいのかな~出欠どちらでも良い連絡が欲しい。

 毎日一秒を競っていた皆やナイカ早く走らなアカン、もう皆には昔の話なのかな~ソレハイカン

   思い出は大切にせなアカン!!!

 今日は、ミカン山の思い出の最終ヘンになるかも、もう少し「何時・何処・誰」にお付合いをお願いする。

 アノ、ミカン山の場所借りには当時課長だった百合草さん(後に常務取締役になられた)と二人で借り上げの掛け合いに日参したもんである。

 ソレハネ、それこそ偉そうにMFJの近畿ブロックのMX委員長であった故西海義治の依頼でもあったし、全国でMFJのMX委員長にカワサキに縁のある人は故西海義治一人何とか、その地位を存続したかったからKHI/カワ販も協力したもんである。

 ミカン山のネックは会場に入るアクセスだった、何しろメーカにも2T車まで、一方交通なんて全日本MX大会前代未聞の快挙???であった、何か思い出の底に

 ①TEAM杉尾の2T車が道で脱輪傾いたり
 ②谷間の一番狭い土地の地主に乗用車で通行止めをされたり
 ③朝早く・夜中に会場に来る車両が上り下りでぶっかり長い間会場に這入れ無くてブーイング
 ④前にも書いたが、鈴木都良夫選手がスタート直後に私のアナウンス「スタートでフライイングか?」の絶叫にスローダウン、アトでクレームがついたが、涙の2位、トラサンオレの声聞こえたんや
 ⑤そのトラサン、今度の同窓会に早々に参加申し込み「有難い」こう来なくっちゃ楽しみだな~

 ソレハソレハ大変な事やった!それでも舐めるように整備されたコースに参加選手全員が満足してくれたしホントに素晴らしい臨時会場が出来上がったのである。

e0190502_635340.jpg

 車検風景1
e0190502_641530.jpg

 車検風景2
e0190502_642838.jpg

 車検風景3 立脇親子がブッチギリ優勝のアト、他車のチエック
e0190502_645114.jpg

 竹沢選手コースの下見
e0190502_65423.jpg

 タケコース下見のアト、委員長に何か報告、
e0190502_652776.jpg

 タケコースの下見、それより右の女性TEAM GREENの追っかけのプロのカメラウーマン 
e0190502_65426.jpg

 竹沢選手の独走
e0190502_662196.jpg

 オットゼッケン8転倒
e0190502_665163.jpg

 立脇選手優勝の喜びジュニアーの時かな~
e0190502_67781.jpg

 K福本選手優勝、東福寺選手4位か?
e0190502_672398.jpg

 福本選手優勝の喜び
e0190502_673712.jpg

 福本選手3位
e0190502_675216.jpg

 竹沢選手優勝・鈴木選手2位・杉尾選手3位
e0190502_68699.jpg

 杉尾選手優勝・竹沢選手2位・鈴木選手3位
e0190502_6554670.jpg

 鈴木選手優勝・杉尾選手2位
e0190502_656742.jpg

 ???
e0190502_656336.jpg

 関西のTOPライダーそうそうたるメンバー・・・思い出やぜ~
e0190502_656517.jpg

 この写真2008年IAのスタート風景、1975年とエライ違いや
e0190502_657626.jpg

 この写真が出てきた「俺も出して」頂戴です・・・出てくるな~

 永らくの「何時・何処・誰」にお付き合いいただき、多くの皆さんからのコメント沢山いただき厚く御礼申し上げます。

 これからもマダマダ「思い出」を追いかけたい「何か新しい思い出も作りたい」ツタナイ文章ではありますが続けて行きたいと思っております・・・

 それでは、今日はNPOの理事会、明日は兵二協主催(川西警察署長さまご支援)の猪名川サーキットのレース、この忙しい毎日が続いてほしい平井君です、いついつまでも素晴らしいご支援を!

                元TEAM GREEN迷監督 平井稔男 チャンチャン
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-22 07:44

「30周年関東地区TEAMGREEN同窓会」のご案内

 前略 大変長らくお待たせを致しました10月26日(土)の実施メインイベントのご紹介です。

 この度、「二輪文化を伝える会」のご尽力により関東地区のTEAM GREENメンバー及び応援を頂いた皆々様と昔を懐かしみ、あらたなる思い出に浸りたく、ここに同窓会開催のご案内致します。

 多くの皆々様と約2時間少々の語らいではございますが、何卒お一人でも多くの皆様お誘いあわせ戴きご参加戴きます様、この段、お待ち申し上げて居ります。
                                         草々
e0190502_16254984.jpg

e0190502_15435787.jpg
e0190502_15441148.jpg
e0190502_15442351.jpg


 尚、KMJ主催「TEAMGREEN祝30周年」の開催が西明石で行われる様子であります、近じかお伺いを致しましてお尋ねして参ります、乞うご期待です。
       
                                         以上
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-16 16:34

「TEAMGREEN30周年」創成期に思うー16-10

 月日の経つのは早いもの、私が家でゴロゴロしだしてからもうすぐ1ヶ月、こんな生活は性に合わない、どうしても動かなアカンのヤ・・・
 それじゃ動け・・・足が痛くてテキパキと動かれん(良くはなっているのだが?)マ~仕方ないデモネ、次の3連休は少々忙しくなりそう20日送別会・21日墓掃除・22日NPO・23日猪名川サーキットレース見学と盛り沢山・・・これも少々オーバーロード・・・ドナンせ~云うんや???

 てなことで毎日過ごしているが少しは、次の「夢」見な「アカン」やろ・・・ハヨ寝よ?

 多山の方々がらコメントを頂いた、皆さん有難うございますここで披露致します。

 「思い出」ボロボロ、思い出して~、好きな歌手の一人ソウヤ内藤やすこやったか?ハヨセ~

e0190502_5335184.jpg

 ゼッケン8 増田一将?耕二?ドッチやそれにしても早いやん
e0190502_5342729.jpg

 アレ モウ表彰式?写真が前後か許して、セニア125か?左からスギ・トラサン・??? 
e0190502_535068.jpg

 コレ セニア250ccトラサン(鈴木都良夫)タケ(竹沢正治)スギ(杉尾良文)のお三方
e0190502_5354136.jpg

 この写真、ライダーミーテングか表彰式か?星野春男が賞品持ってるんと違うかな
しかし、そうそうたるライダー皆さんのコメントからの解説
 ’75年のミカン山特設コース、多分鈴木秀明怪我のため欠場シメシメ早いの一人居らないと
左から東福寺保雄・一人置いて紺のジャンバー吉原??その隣赤のジャージー中部スポーツライダーの福田正敏・奥の顔だけ山本秀人・中央手前ベルボトムが鈴木都良夫・みどりのパンツをはいた杉尾良文・その後ろに控えしは我らがミキ(立脇三樹夫)何やら演歌歌手もどき角刈りアタマ・その右はおそらくロードに転向したGP500ccのチャンピォン水谷 勝・ライムグリーンにまとめた川崎利広・その後ろこれまたミスターカワサキのタケ(竹沢正治)平井の秘蔵子イヤー早かった何しろ神鍋スキー場の下りスロープでゴボウ抜きする速さ惚れ惚れしたぜ~・先にご説明したが星野春男・タケの左に居るのが当時カワサキ2軍(カワサキオートバイ販売が運営、不肖平井稔男がサービス課長をしながらコントロールしていたサテライト)チームの集まり、立脇三樹夫・鈴木??の二人のジュニア・エキスパートに福本敏夫・野宮修二・小坂??・増田耕二?・津留崎??・志賀ナオヤ後にロードに転向GPZ400Rで耐久に・・・これらの選手を纏めていた島田監督・・・
 このレースでミキのマシンが不調で始動せず?監督の一声、野宮のマシンにゼッケン付け替え(規則違反)スタートツーフニッシュ・・・ブッチギリやったそうな・・・時効だって?エエヤン
e0190502_537116.jpg

 この写真早いぞ 鈴木都良夫 多分優勝したレース
e0190502_5374827.jpg

 ゼッケン20藤 秀信と岩尾一敏の接戦?
e0190502_5381725.jpg

 ゼッケン14唐沢栄三郎とゼッケン12???
e0190502_5384378.jpg

 ゼッケン19と7誰でしょう???

 ’75年当時ワタシはサービス課長(レース担当)KHIに名古屋からチャンバーを造りに来ていた
島田??監督、7人の侍を引き連れて全日本MXを巡業していたのであります。
 7人の侍、野宮・津留崎・白戸・増田・志賀・立脇・鈴木この7人だったか?あまり強くなかったんと違うのかな?イヤマテミキがブッチギリ早かったんや・・・
                                      チャンチャン
 
 ところで皆さん「祝TEANGREEN30周年」記念祝賀会・同窓会?が来る、10月26日(土)関東地区で(NOP法人「二輪文化を伝える会」主催)12月17日(火)?関西地区で(この明石の集いはKMJ主催)関東・関西共に詳細が解り次第お知らせいたします。

   多数の皆さんのご参加をお待ち致します、乞うご期待です。

                           元TEAM GREEN 迷監督 平井稔男
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-15 07:17

コーヒーブレーク

   お待たせいたしました「30周年関東地区TEAM GREEN同窓会」開催のお知らせ

e0190502_19185080.jpg


 関東地区の皆さんに申し訳ないことをしてしまいました、ソレハネEメールをお送りしましたが、3年前の「カワサキの想い出、そして未来」の名簿をそのまま使用して皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

 ここに謹んでお詫び申し上げ、改めて「ご案内」をここに貼付致します。
e0190502_9595185.jpg


マタマタ申込書が無いこれまたチョンボもう一度チャント出直し致します。

 皆様にはご多用とは存じますが、是非ともご参加頂きます様、この段、ご案内申し上げます。
         
         今なおレースに思いを馳せる元TEAM GREEN迷監督 平 井 稔 男


 
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-13 19:25

「TEAM GREE30周年」創設期に思う-16-9

 竹沢正治・杉尾良文・鈴木都良夫・岡部篤史・藤 秀信・調所伸一・故菅原義広・中深迫 正・花田茂樹・長沼朋之・榎本正則、ワタシの時代にKRTにまで上ったライダー、其の他多くのライダー達が私のTEAM GREENの迷監督時代を共に戦った、仲間である。
 
 レースは大体月1回組まれて居り、待ちどうしいインターバル、その間、次のレースに向けての練習、ソレハソレハ厳しい練習が行われていた。

 ランニングは勿論の体トレ・マシンの整備・実車による走行練習(基本走行・応用走行・タイムトライ)等、約4日間/週はみんなで頑張った。

 何しろレースに行くと連戦連勝トロフーイの無いレースは無かったもん・・・である・・・これは自慢、しかし、皆んな良く走ったナア~皆んな自分のすべてをただ勝ことのみ一点に集中して走ったものである。

 ソノ成果が茂樹の’92年に良く現されているのでは、翌年ゼッケンは2つしか上がらず’93年は5番だったが、’92年はシゲキにとって忘れられない年となったに違いない。

e0190502_7373668.jpg

 ’91年ゼッケン11から’92年ゼッケン7番にアップしたのである
e0190502_7392953.jpg

e0190502_7395224.jpg
e0190502_7401156.jpg

 この年、光輪モータースが10,000千円の賞金総額を掛けたレースを最終戦に行ったその成果は
e0190502_7423396.jpg

e0190502_743040.jpg

 何しろ優勝賞金5,000千円、とてつもない賞金である
e0190502_7442127.jpg
e0190502_7445466.jpg

 本人は納得していなかったかもしれないのだが、彼は潔くゼッケン20に落ちたところで引退したのである。
 マダマダ行けると思ったこと有ったろうに、思い切りの良さも大変なものである。

 その後も「TEAM GREEN」は快進撃を続けたのであります・・・

 その歴史を刻んだ歴代監督を紹介してみよう。

    RR        MX        RR        MX
 初 代 平井稔男      平井稔男  2代目 重本修二郎     重本修二郎

 3代目 野村純一      中岡吉郎  4代目 橋本治彦      吉田 誠

 5代目 岡崎 基      谷本 純  5代目 清水泰博      清水泰博

 6代目 三浦泰洋      花田茂樹  6代目 釈迦堂利郎     田澤豊昇

 現RR 釈迦堂利郎 MXは無し(TEAM GREENにはMXはないのである、寂しい~)

 この人たちがTEAM GREENの30年を引っ張った人々である・・・

注)どうもおかしい、ゼッケン7と4があるが光輪のレースは、マシンを量産車としたのでゼッケン  は特別なゼッケンなのかな~? 一度聞いてみます。

                                    t-hirai


  
 

 
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-06 05:26

「TEAM GREE30周年」創設期に思う-16-8

 1992年新春オールスターで優勝した花田選手、’92年の最終の戦いに行われた(株)光輪モータースの突拍子もない賞金5,000千円がMXのレースに計上され総額10,000千円の賞金レース大いにレース界をにぎわせたものである。

 このレースワークスマシンを外して、量産車による戦い(イコールコンデション)であったため、各メーカーMX関係者がそれぞれの思惑を抱えながら注目する中秋に開催されたのである。

 まずはその年を占う’92年1月3日に行われた、恒例の鈴鹿新春オールスターモトクロス大会、昇格後初めて参加するIA&IB昇進組、既に昨年以前にIAとなり少なくても全日本MX大会を走ってきた海千山千のツワモノたちが、同じフイールドで競い合う、今年を占い集まってくる。

e0190502_545412.jpg
e0190502_546912.jpg
e0190502_5465088.jpg

e0190502_556118.jpg

e0190502_5471753.jpg
e0190502_5473745.jpg
e0190502_5483100.jpg
e0190502_5483731.jpg
e0190502_5493347.jpg

e0190502_558248.jpg

e0190502_559016.jpg

e0190502_5593143.jpg
 

これらの写真すべてコメントが付いており、詳細なんか要らない様なもんだが、前回の岡部篤史がゼッケン859を付けてジャンプしている写真の解説を少してみたい。

 イヤーカワサキも大したもんだ、なんせKRTのMXチームが河野監督兼メカが率いる岡部・花田・長沼の3選手を携えロサンゼルスに近いハンティントンビーチに近い所にアパートを借り、アメリカでの特訓が行われたのである。

 同行の4人は、1ヶ月何しろMXにドップリ浸かり、しかも、日本人だけでは意味が無いと現地のUSカワサキの粋な計らいで、飛ぶ鳥を落とすワード、ラシーン、マタセビッチと云うソウソウたるメンバーとの合同練習、又、よくばりにも実戦での経験も積みたいと、前回のCMCのゴールデンステートシリーズに参戦していたのを、この年からAMAのスーパークロスに初戦から4戦までエントリーまずは予選通過を目標に挑戦したのである。

 開幕戦では花田がラストチャンスで2位まであと一人で決勝まで転戦する度に3人の力が上がってきて、2月11日の最後の挑戦サンデイゴでのレース岡部選手がラストチャンスから決勝にコマを進めることが出来たのである。

 日本人が予選を通過したのは’77年~’80年まで参戦していた増田耕一(’92年当時HRC監督)以来だから10年ぶりの快挙である、増田選手は「オリエンタル・エクスプレス」の異名を付けられアメリカンが躊躇う4連ジャンプを2個ずつ飛び決勝で5位に入る快挙をしたナイスガイ、さてさて岡部や如何に・・・

 決勝のポジションは決して悪くなかった21人中10番手序盤はブルックスの後ろをピッタリマークするもやがて離され結局12位でチェッカー「ウーンもう少し行きたかった、来年来れたら10番以内には入りたい」「少々解ってきたジェフ、ジョンソンそうしてアト何人かにはかなわないけど行ける」と回顧している。

 増田監督は「余所のメーカーですが、ライダーの立場から云わして貰うと嬉しいことですね。今のレベルは私の時とは全然違うし立派な成績ですよ、これってアメリカに追いつけと云うことですよ」「若い人にはドンドン挑戦してほしい、そうしてアメリカの良い所を学んで欲しいですね~」

 今回のUS遠征の特訓の成果は、アメリカで岡部の活躍は高く評価され、若い二人にとってもこの上も無い刺激になったことだろう。

 ここから’92年以降のカワサキの快進撃はまた一段と激しさを増して行ったのである。

 ワークスは違うお金を懸けるな~何故?ソレハネ勝ためにあるんや・・・ところがTEAM GREENにもお金は無いけど目的があるんや、ソレハネ・・・

 ・・・顧客サービス・販売促進・広告宣伝・技術革新・士気の高揚・・・ナンヤ・・・

 これからは、熱き血潮をマシンに向けてひたすらに走る、老若男女何時の時代でも「若さと・力強さ&楽しみを」合言葉にこれからでも遅くない頑張ろうではなかろうか?チャンチャン

                         少し長く(クドク)なったな t-hirai

 追伸 茂樹が強いのはコースに「お金」が落ちているから、ソウ~や、それを拾うハングリー精神が彼を駆り立てるのである、次回はそのお金を拾いに行ったシゲキの武勇伝をお伝えしよう。
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-04 05:11