Team Green

<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

コーヒーブレーク「TEAM GREEN30周年」 ⑤

 いよいよやってきますよ、2014年(平成26年)今年は皆さん如何な一年でしたか?一年なんて早いものですね。

 私は残念ながら、膝の軟骨が磨り減り一年中足を引きずって過ごしました、また9月20日を持ち兵庫メグロ販売㈱を退任しました。

 と云うところで決して順調で無い一年でしたが、しかし、お陰さまで傘寿を迎え足以外は至って元気です。

 健康が第一、10月よりジム・トレーニングを初め筋肉を付けることで膝を守ることを最重点に専念し、少しではありますが快方に向かっております。
 何分にも3年懸りで壊した膝、ナカナカ思うように成果は出ておりませんが良くなっております、翌年に向かって明るい日差しが差し込んでいるところであります。

 頑張ります来年は「夢」向かって真っしぐら?非常に難しい問題ですが粛々と進めたいと考えております。何卒応援お願い致します。

 さて本論に行きましょう。「TEAM GREEN」も31年目を迎え、2014年は心機一転ロゴも変更、ロード8時間耐久にワークス体制で出場を決め、前向きに邁進する様子であります。

 これは非常に面白いことであり両手を上げて歓迎です。

 販売会社の実施するレース活動は「販売促進・広告宣伝・ユーザーサービス・関係者各位の士気の高揚・KHIに対する市場における技術情報の提供、必要欠くべかざる分野と確信致しております。

 さてさて先日のTEAM GREEN30周年記念式典に集まった30年間、頑張ったロードレースのライダー関係者のご紹介致します。

 まずは私がR・Rを担当したのは(正式にはKRTの凍結より1984年頃なっているが)オートバイを販売している我々がレースを忘れてはイカン絶対続けなければKRT再開の時にも時間がかかると・・・

 引き続き継続したいと当時の最高責任者古谷錬太郎常務に泣きつきTEAM GREENでロードレースもやることになったのが正式には1985年、実は1982年当時より、TEAM38とのコラブでロードレースの分野にスプリント&耐久と出ていたのだが・・・

 思い出は、1985年正式にTEAM GREENにロード部門が(昨日の紹介写真ロードを参照)

 ノービス耐久8時間の最終1985年斎藤昇司&多田喜代一組、岡 正弘&日下直一でカワサキの誇る技術陣が万を持して投入した、「GPZ750R」(来年2014年がNINJA生誕30周年らしい)の宣伝を兼ねて走らせ、見事他メーカーのワークスを向こうに回して10位に入賞忘れもしないぜ、ゼッケン39良かったな~

 それに’82年にはGPZ400を駆り、岡&故新谷を配しホンダとの直接対決見事に優勝するも、ホンダの策略にかかり仮表彰台は2位、本表彰で優勝、訳わからんイヤー車検場で「ヘットを開けろ開けない」と座り込みした思い出も・・・

 喋らしたら止まらない・・・

(ちょっと報告、昨日のMXライダーの紹介した名前は全部城田選手から聞きました間違いない)

 
e0190502_105319100.jpg

 キヨさんが野村監督に紹介されて壇上に「KIYO節」炸裂 ヤンヤヤンヤの喝采
e0190502_10552675.jpg

 ロードライダー全員集合
写真左から斎藤昇司・林 英治・鶴田竜二・野村純一・北川圭一・塚本昭一・平井稔男(赤ちゃん)
梁 明・後列左から清原明彦・酒井大介・マシンのそば柳川 明・多田喜代一
e0190502_11171055.jpg

 鶴田竜二先輩KIYOに一献、そばでは林(現 スパ直入のインストラクター兼エライさん)
e0190502_11175780.jpg

 1980年代のコンビ 塚本・平井・斎藤・多田
e0190502_11181627.jpg

 写真左から 安井(KRT)酒井・富松(BEET社長)平井・佐々木(ブライト社長、この方1985年当初TEAM GREEN担当偉くなったもんやイカン怒られる)
e0190502_11184046.jpg

 岡部部長(KHI、レースが好きで黙々と開発に精を出していた努力が報われたのでは)旧友?怒られる
e0190502_1119142.jpg

 写真左から 林・鶴田・野村・北川・梁・後ろ多田
e0190502_114454.jpg

 清原・女性お二人(KMJレース担当)平井・梁・多田

 マダマダ写真はイッパイあるけどここらでお許しを(機会があったらご紹介致します)

 一年間ご愛顧を頂きありがとうございました。

 皆様にはご家族ともども良き新年をおむかえになりますこと祈念いたしまして、2013年を締めくくります。
            「ありがとうございました」

                                      t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-12-30 12:02

コーヒーブレーク「TEAM GREEN30周年」 ④

 今日は朝から三木アネックスパーク恒例の「餅つき大会」にご招待を受け楽しい一日を過ごさせて頂きました。
e0190502_20142087.jpg
e0190502_20143967.jpg

 その模様はF/BにUPしておりますぜひ見てください。

 さてさて「TEAM GREEN30周年」も去る12月17日に盛大に挙行され、30年間チームを支えたライダー・及び関係者皆さんの喜びを今日明日2回に分けてご紹介致します。

 皆の喜びの顔これこそ「カワサキの力」

      「我がTEAM GREENは永遠に不滅です」

 その「顔」をご紹介しよう・・・(敬称略・順不同)

 まずは1983年初めから挑戦して来たTEAM GREEN MXの戦士たちのご紹介である。

e0190502_1743547.jpg

 月木レーシング(貝塚)から単身軽トラで明石に通い苦労した中深迫 正 1982年~ゼッケン1もあったでよ~ 少々年取ったな~
e0190502_1816238.jpg

 これは1985年TEAM GREENの選手紹介、今は亡き菅原義広’84年B125クラスチャンピォン・中深迫 正B125第2位・塚本昭一・多田洋之から1982年~頑張ったんや~昭一は’85年は膝を壊して故郷やった
e0190502_17441227.jpg

 そう金沢バイパスオートからの派遣選手ご存知 塚本昭一はロードでの活躍が有名(1992年ロードレース・スーパーバイクチャンピォン、~初めは1983年当時TEAM GREENのMX国際B級のライダーだったのである、今なお元気に頑張っている、私とは切っても切れない仲である。あのロード筑波の最終戦が脳裏に焼き付いている、イカンここはモトクロスライダーの紹介だ~女性は来年大活躍するワイズ所属キャンギャル名前忘れましたゴメン
e0190502_17443047.jpg

 写真左から金子(KMJ)城田賢一1990年当時のライダー’91年B級250チャンピォン、谷本PWC監督~MX’99年監督(KMJ)同じく高野(KMJ)
e0190502_17444920.jpg

 しゃしん左から瀬の口 修’88年当時のメンバーB25010位、一人おいて永井久道’86年代、「久道勉強せな走られないぞ~」と監督の声「監督大学に入った」「ドコや神戸大学」びっくりしたな~も~ナイスガイである、安藤秀明(KMJ営業部長現在レースも担当)田澤豊晃1906年~MX監督・・・現KRT
e0190502_17452522.jpg

 谷本 純 2003年から2005年までのMX監督(KMJ)
e0190502_17454169.jpg

 写真左より大宝史郎1990年代792年ゼッケン22A125ランキング4位、一人置いて谷本監督、城田賢一
e0190502_17455486.jpg

 写真左より平田 優2004年代(現在400ccクラスゼッケン3)瀬戸康一1984年代A125ランキング10位名古屋出身、瀬の口 修1999年代B級10位、田尾 ?ゴメン1991年代、清田忠恒B250ランキング6位、松浦慎一1992年代、みんな可愛いヤッチャ
e0190502_17461072.jpg

 これまた全員集合写真左から 田尾・清田・田澤監督・藤城光雄1989年代ジュニア・城田・大宝・永井・河合憲二1987年代(現KHI)B250ランキング3位・松浦 みんな愉快な仲間 
e0190502_17462225.jpg

 写真左から現在フリーライター大変お世話になった木田・切っても切れない立脇三樹夫・・・かれ小学校何年からか島根からお父さんが連れて加古川のレース(カワサキ神戸営業所主催)当時キッズのレースがなく、原付許可書がなければMFJレースには出れなかったのである

 イヤーそれにしても、みんなナイスガイやっぱカワサキは凄い、こんなに素晴らしい奴がカワサキTEAM GREENを背負って走っていたのである。
      (みんな年代・クラス・成績に誤りがあるならご連絡をチョウダイ)

 明日は、ロードの皆さんをご紹介これまたナイスガイの集まりである。
                                  乞うご期待 t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-12-29 20:02

コーヒーブレーク「TEAM GREEN30周年」 ③

 もういくつ寝たら「お正月」2014年の幕開けである。

 来年は何か変わった良い事がありそうな気がしてならないのだがなんだろう?とてつもない良いことが起こるのでは、小さい胸がドキドキしている。

 実は、俺自身にはあまり進展がない。

①少しずつ足が良くなっていること、
②何となくレースが出来る様子が皆さんのお力で成り立つようである、今年はレース場に行けそうや

 「次期に備えて躍進の年にしよう!」

             てなこと考える今日この頃であるすばらしいでは無いか?

 先日の「TEAM GREEN30周年」でロゴを変更した発表があった、
               心機一転「カワサキが生まれ変わる」心構えが必要なのであろう。

e0190502_717684.jpg

 TEAM GREENが1983年スタートしたときのロゴ
e0190502_7182326.jpg

 2014年のスタートするTEAMGREENのロゴ
e0190502_7202880.jpg

 同上と2014年レース場で会えるぜワイズ所属KAZEギャル名前聞いたが?ボケてるな!
e0190502_745599.jpg

 この写真有名な「アイアムソリー」の時、平井くん何処にいる
e0190502_7464482.jpg

 1987年メーカー解凍一年前、GOOD LUCK TEAM GREENの面々
e0190502_7474234.jpg

 2014年心機一転8耐に挑むTEAM GREEN 耐久チームの面々

 テナところだ「頑張って欲しい」

 今日の本番は来る平成26年1月18日(土)に延期になっていた、
「TEAM GREEN関東地区同窓会」のことやで~
 前回40名ほど集まってくれたが、延期はマズイのかな今回は出足が悪い、もう一回改めて連絡が欲しい!お願いしますだ・・・

                                   t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-12-27 07:53

コーヒーブレーク「TEAM GREEN30周年」 ②

 「世界の金谷」が、ちょっと早いのではと思うくらい早くあの世に逝ってしまった。
でも金谷少しの間や、すぐにうるさい連中が追いかけて来て、また「飲み会」が始まるから少しの間の辛抱や酒でも飲んで待っていてくれ、宇野さんがお通夜の席で「俺はお酒を飲まんので解らんが」「お酒って良いのかな~」間髪入れず「ソラーイイもんや」とオイラ、金谷は本当にお酒を愛していたんやで~ ・・・「灘の生一本」持参で行くからな・・・

                         ご冥福をお祈りいたします。

 それにしても「世界の金谷」には、私は大変お世話になった「神戸スーパースポーツレーシング」時代多田喜代一の相棒に斎藤光雄(チーム金谷のエースライダー)をノービスSB8時間耐久に(この年1999年がSBノービス8耐の最後)お借りして?KSSR&チーム金谷でエントリーしたんや、

  その翌年から(2000年)F-3による4時間耐久がハジマリ・・・思い出した、堀ひろこ&越山峰子がこともあろうに並み居る(150台以上はエントリーしたんでは?)チームをオサエテ予選1位やったんや・・・でもどっちが転んだのか3周で転倒したんやな~てなもんや三度笠チョッとした思い出・・・昔は良かったな~

 しかし、30年もTEAM GREENが継続したんはエエことやな、しかも、初めから30年間も話題を継続したんは見事なもんや・・・流石「カワサキ」・・・

 そのTEAM GREENが2014年に8耐に帰ってくる、これは多くの「カワサキフアン」が一番お待ちになっていたのでは?クシクモ・・・ニンジャの30周年

 しかも、2014年は4メーカーそろい踏みやオモロなりマッセ!!!

 テナコトで先日行った「TEAM GREEN30周年記念パーティー」席上KMJ代表取締役
浅野 剛より発表が行われたのである。

e0190502_8105779.jpg

 仮にも「TEAM GREEN」がブランクをものともせずに8耐出場を決めた社長が覚悟の発表
e0190502_8112293.jpg

 マンを充ちて2014年の8耐ニューマシンを育てた、KHI技術本部部長岡部泰久による説明
e0190502_81257.jpg

 KMJ営業統括部長兼取締役清水泰博による、同じく参戦説明前後フエンダーのマークにご注目
e0190502_8122432.jpg

 釈迦堂8耐新監督によるライダー柳川&渡辺選手の紹介
e0190502_8124144.jpg

 同じく8耐体制の説明(メカは、今村浩司・安岡義人・片田拓磨)
e0190502_8125774.jpg

 ライダーの二人、ご存じ 柳川 明(全日本SB第2位)渡辺一樹(新進気鋭)もう一人?3月に
e0190502_8135494.jpg

 縁の下の力持ちの軍団(平井は付けたし)
e0190502_81433100.jpg

 記念式典の超目玉商品だった8耐参戦発表を待つ専門誌軍団
e0190502_8162519.jpg

 「TEAM GREEN30周年記念写真」

 イヤー本当にウレシカッタぜ~マダマダつずく・・・乞うご期待ジャ・・・

                                  t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-12-23 08:54

コーヒーブレーク「TEAM GREEN30周年」 ①

e0190502_716100.jpg

 会場のムードを盛り上げたパネルでの紹介
                                     (敬称略順不同) 
 去る2013年12月17日(火)西明石ホテルキャッスルプラザに於いて約120名の歴代監督及びライダー・スポンサー&専門誌記者・カメラマン、関係者が参加盛大に・・・

 「TEAM GREEN30周年記念パーティー」が行われました。

 まずは、KMJ代表取締役社長 浅野 剛 よりのご挨拶から始まり、ご来賓KHI MC&Eカンパニー営業本部長 中川雅文よりのご祝辞により、祝賀会が開始されたのであります。

(ご挨拶の内容は来春発売の専門誌、カワサキバイクマガジン、ライダースクラブ、MX-ING、ヤングマシン、ライデングスポーツ、ダートクール、㈱二輪車新聞、オートバイ、エイ出版の各社で)

 こともあろうに歴代監督を代表して自称「切れば緑の血が出るカワサキの真打」にマイクが廻り、
「オス」から元気に始めたのは良かったのだが?

 平井には「30年前にタイムスリップしてMXの回顧」をとの注文があり(内心アホ、ロードもと思って話したかったのに???)ロードは野村元監督にお願いしておりますとのこと、このブログではRRもご披露したいと思っておりますが

       ・・・ではモトクロスの思い出ハジマリ・ハジマリ・・・平井節炸裂・・・

 ①TEAM GREEN30周年おめでとう、またこの様な盛大な祝賀会に多くの関係者をお招きいただ  きみんなになり代わりありがとうございます
 ②多くの仲間との再会、当時の思い出が走馬灯のごとくに駆け巡っております
 ③TEAM GREEN JAPAN の生い立ちは1982年当時アメリカカワサキTEAM GREENでの絶好   調にR&DのTEAM GREEN US の監督ピート堤の悪魔の囁き「TEAM GREEN JAPAN」をとの  こと、レース大好き男が逃がすはずがない、当時の上司古谷常務(現THE GOOD TIMES理事   長)にお願いして誕生したのであります(と云うところで1983年から始まったのでありま   す)
 ④目的は「販売促進・広告宣伝・ユーザーサービス・関係者に対する志気の高揚・KHIに対する市  場の技術情報のフィードバック」大きく5ヶの目的で始めました
 ⑤初めは弱いTEAMところがジュニアーライダー(横山モータース)よりの派遣選手調所伸一の活  躍により、TEAM全体が波に乗り以後延々と今日まで30年継続しているのであります
 ⑥願わくはTEAM GREENの現在凍結しているMX部門の再会を・・・・切にお願い
 ⑦それからは、ライダーの思い出を少々ご披露して野村元監督にバトンタッチ

 ここでの反省、初めは総合司会塩田嬢(ワイズ)の誘導で話を進める予定を「オイラに任せろ」と始めたこと、時間があればライダーを壇上に上げて「思い出」をと思ったのだが、どうも半分も話せなかったのが残念思い出は簡単にしてライダーをあげたほうが盛り上がったのでは?

 今日から何回になるか分からないが当日の模様をご披露致します。

e0190502_6572039.jpg

 KMJ 浅野社長のご挨拶
e0190502_6581720.jpg

 KHI 中川本部長のご祝辞
e0190502_6595094.jpg

 30年間辛苦を共にした僚友の会場風景
e0190502_715285.jpg

 平井節炸裂?てな所

 当日の超サプライズは
「来年8耐に出場する」
 浅野社長の覚悟、また「TEAM GREEN」のロゴを変更して「心機一転頑張る意欲」を前面に打ち出されたことである。
 
 来年のレース界は4メーカそろい踏み・・・特にカワサキは面白い・・・乞うご期待!!!

                                    t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-12-19 07:41

「波乱万丈オイラの人生」・・・7 平井の若かりし頃?

 もうすぐお正月、この頃のお正月は変わったもんやな~何かしら情緒がない、しかし、今年は少し寒さが違うので少しはお正月らしいのかな?

 でも日にちの立つのがやけに早い、この間、お雑煮を食べたのにマタカイナやっと傘寿になったのにあまり早く日にちが過ぎて行って欲しくない様な今日この頃である。

 先日、加古川FさんのF/Bやったか零戦の話題があった、オイラの人生の思い出にも「飛燕・0戦」が出てくるのである・・・それはね!!! オレ空を飛びたかったんや・・・

 それで川崎航空機工業㈱に入る予定が(オヤジと同級生の高田重役に頼んで入社が決まったのだが職場が単車事業本部?)コリャ飛行機には乗れない同じ単車なら「なんでも出来る」とそのまま近畿メイハツに居たら吸収合併で明石の川崎航空機工業㈱に連れて来られたナンジャこれは?

e0190502_5444738.jpg

 三菱重工業㈱の誇る「零式艦上戦闘機」通称「零戦」1939年(堀越設計担当)に初飛行、こいつは、太平洋戦争開戦前の中国大陸での活躍何しろ世界最高の戦闘機だったらしい。
e0190502_5461882.jpg
 
 川崎航空機工業㈱が誇る「飛燕」1945年(土井設計担当)残念ながらあまり戦えなかった水冷エンジン1,000HP、1945年に生産されたのだが・・・エンジンが不調でせっかくの水冷エンジンに空冷エンジンを積み{五式戦闘機として)第二次世界大戦に大日本帝国陸軍が飛ばしていたのだが?

 そんなやこんなやで近畿メイハツ時代にはオイラもっぱらUコンにドッポリ漬かっていたんやで~

e0190502_5543080.jpg

 得意満面の制作者平井くんと零戦
e0190502_5545496.jpg

 スケールモデルの零戦・・・格好よく出来たんやが
e0190502_555965.jpg

 エンジンも快調サテサテ操縦士があげようと思うが上がらない?ソレハネ重たかったんや馬力不足
e0190502_5554479.jpg

 スタントモデル・・・こいつは宙返り・背面飛行・急降下・急上昇ナドナドを競ったもんやが、こいつは入賞もした大事な1機、主翼の「KMC」USのカワサキではない「楠・模型・クラブ」(模型屋さんの店名)だったが、ヤッパカワサキと縁があったんや???
e0190502_556748.jpg

 スピードモデル・・・こいつも早かった入賞した大事な1機
e0190502_5564316.jpg

 双発旅客機(モデルは忘れたが?ダグラスDC-3?)こいつは平井製作所でかなり開発費が掛かったが飛んだ時の素晴らしさは未だに忘れられない1機である

 日本の航空機生産は戦後昭和30年(戦後10年程経過して)から川崎航空機工業㈱+新三菱重工業㈱が共同で製作した自衛隊練習機(ロッキード社製T-33A)こいつには川崎航空機工業㈱明石工場で乗せてもらった、 感想は、主翼が鳥みたいに上下して(これは必要らしい)非常に怖かった。

 ・・・こんな思いでである・・・

 さてさて話は変わるが、明17日17:00~ホテルキャッスルプラザ(西明石)に於いて
  
   「TEAM GREEN 30周年記念パーティー」

 がKMJの主催で行われる、今から小さな胸が高鳴って?「嬉しさと懐かしさ」が入り乱れて大変であります。

 みんなと会えるかな~どんなになっているのやろう~デモデモ・・・オイラには「昭一・アキラ・ミキ・野宮・瀬戸・中深・ナミユキ・久道」等など呼び捨てやろ・・・みんな許せ!!!

 超~楽しみである早く来い来いである(勝手なもんやな~)速報・ビッグニュースをお知らせできるぜ・・・乞うご期待である。

                                   t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-12-16 07:04

「波乱万丈オイラの人生」・・・6平井の若かりし頃?

 昨日「Z1会の総会&忘年会」が明石で実施されました。みんな和気合い合いと楽しい時間を楽しんだ様子、私も十分に楽しんできました。当日の触りです。
e0190502_645576.jpg

 会場は木曽路明石店
e0190502_652827.jpg

 日本美人のお出迎え(仲居さんも全て和服やっぱ和服は落ち着く?)
e0190502_654995.jpg

 大槻会長のご挨拶(何やらモットお若い方に参入を希望されていた様子)
e0190502_662034.jpg

 年間最優秀賞我らが古谷理事長が選出され表彰
e0190502_664244.jpg

 名物男、山本さん本年の回顧及び来年度の抱負(例によって賑やかに)
e0190502_67126.jpg

 これまたミスターカワサキKIYOさんのスピーチ(同      上)
e0190502_674939.jpg

 お開きに全員の記念写真 合計22名の参加であった。

 何やら100人のコンペを今後推進、「若者よ集まれ」てなところでした。

 サテサテ前置きはこれくらいで、これからが「波乱万丈オイラの人生」のハジマリハジマリ

     ・・・どうも思いつきで思い出すので年号が前後しますがお許しを・・・

 1998年当時セントラルサーキットの営業を担当していたのだがオーナーと意見が合わず残念ながら追われることになり、再度カワサキにお世話になってジェットスキーのゲレンデであった昭和池(加東市に所在するJETのテストコース)の管理を福井さんのご厚意により池の管理の仕事を譲っていただき働いていたのだが、残念無念1999年(平成11年)「胃癌発生」まだ死にたくない(当時66歳の青春の真っ只中)マダマダオイラにはやらなければならない・・・「オートバイ人生」が残っていると明石のがんセンターで「全摘手術」を受け療養中、突然MFJの専務理事を努めておられた元KHIの杉沼さんからのオハー「韓国でサーキット」を造る来ないか?とのお誘い、よっしゃここわ6年掛かりで許認可にたどり着いたセントラルサーキットのノウハウを使わにゃ「日本男児ここにあり」と韓国に単身赴任(良かったな~何しろ女性の足がスンナリ、太った若い女性が少ない)ビジョビジョ(美女美女)ホンマやで~良かった。
e0190502_7233663.jpg

 韓国太白サーキットの計画図
e0190502_712029.jpg

 杉沼さん・平井くんと一つの部屋を充てがわれ美人秘書とお仕事ツーショットの写真があったのに?探そう
e0190502_73213.jpg

 昼食出前イッツ丁辛いのなんの素敵な弁当、全額(三食会社持ちの契約)
e0190502_734967.jpg

 奥のマンションに住居、3人の従業員との合宿
e0190502_74745.jpg

 マンションを出ると立派な公園、ビジョビジョとの散歩道???

 杉沼さんのお陰で私の人生が決定韓国に骨を埋めても良いとまで思ったのだが?如何せん8ヶ月で許認可が下りた途端に「平井さんとてもじゃないが給料が払えない居っても良いが?」(アゴ足は見るが給料までは)と来たもんだ、杉沼さんも再三掛け合って頂きご迷惑を掛けてしまったのでありますが涙を飲んで日本に舞い戻り、マダマダ使えたのに?・・・今度は、ご存知渡部たっちゃんさん(現Z1フアンクラブの会長)に拾われ「カワサキライデングスクールのバスの運転手」に採用され再度カワサキに・・・
e0190502_7241718.jpg


       ・・・本当に「波乱万丈のオイラの人生」である・・・


 追伸 あったボエジャー正面乗りの写真が走ってる。
e0190502_740572.jpg


 今日は10時からNPO法人THE GOOD TIMESの理事会、マタマタ賑やかな集いである、アアそうか今日は静かな集いか?なぜたっちゃんさんが欠席らしい。

                                   t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-12-07 07:49

「波乱万丈オイラの人生」・・・5 平井の若かりし頃

 もう師走先生も走り出すんや、オイラも走らなアカンな走ろ(毎日ランニングマシンでリハビリ1,500歩約20分走ってる)足も良くなっているが?
 29日30日二日間、関東からの珍客が二人「三木のZフアンクラブ事務所」に訪問され、歓談有意義な(ソレハソレハ密度の濃い話ばかり)何しろ古谷理事長も太刀打ち出来ない会話とのこと、私なんかさっぱりチンプンカンプン・・・
e0190502_181524.jpg

左から前列 柏原・平井飛んで山本、後列左から雷神マッハこと清水・古谷・マッハパパこと大橋
の各氏・・・

 関東のお二人に(「雷神マッハ」大のカワサキフアン・「麻波のパパ」これはね御子息の名前にマッハと付けるほどのカワサキフアン)2日間お付き合いをしてZフアンクラブ事務所、夜はドンチャン騒ぎ「飲むは・喋るは・喚き・笑い」ソレハ・ソレハ酷いもんやった、まずKIYOさんのところに訪問、ご飯に行こうと誘われたがスミマセン、山ちゃんの所で加古川名物「かつめし」を予約していたので加古川に、翌日月木さんの所に同行したのだが昼は「イタ飯」これなんやろ「パスタ」やんか私田舎モンだから?・・・
            大体大きく4ヶ所を大急ぎで・・・

 今日は、夜の会食時の話題に平井は「オートバイに乗れるのか?」との失礼な質問???チョット脱線して、平井の乗車歴をご披露しよう。

 オーイ写真が出ないどうしよう・・・ジムから帰って開いてみたら誰かが開けてくれていた、思い出を添付します。

e0190502_7184727.jpg
e0190502_719682.jpg
e0190502_7194315.jpg

 上の3枚は、当時の日本生命の社長さんが大のオートバイマニヤーとのことで、明石工場に表敬訪問に見えた時のもの、小柄な平井がバンバン乗れます「社長いかがですか」との一幕、結局お体がと50ccに試乗された時の模様、前からの写真があったんだけど?
e0190502_7201939.jpg

 この写真、大型特別指導員養成講習会の時のスナップ、平井君は講師
e0190502_7204655.jpg

 これ神戸新聞のTV欄に紹介された、「こんにちは県警です」県警一番美人の婦警さんと警察官が好きやな~平井は? 
e0190502_7214373.jpg

 ナナ美人やろ~ 素晴らしい
e0190502_7222872.jpg

 これメイハツ125と湊川神社正面の一コマ
 1955年58.2ccKB1型から発展したエンジン125ccKB-5型、これをメイハツでドイツのマイスターをモデルとした車体に搭載、車重105,5kgのボデイーを80km/hまで引っ張る実録モデル・・・KAWASAKI 11 WORLD MC GUIDE より
e0190502_7224280.jpg

 上記モデルで六甲縦断レースで2位に輝いた(レースは優勝だけでは?)ときの一コマ

 平井は走っておりました、しかも「カミナリ族」愛車はハーレー350cc単気筒、タンクサイドにチェンジ、左足クラッチと言う代物、当時はノーヘル?
e0190502_18271330.jpg

 こんな装備で走っていたんや~
 
 イヤーどうやって写真をオープン出来たのかなー?ありがとうございます説明ができました。

                                    t-hirai
[PR]
by toshi-hirai | 2013-12-01 07:29