Team Green

「Ninja30周年の思い出」③-2

 「NInja」の30周年を迎えてナンやバタバタと身辺が忙しくなった様な(ナーニすぐ暇になるへへ)昨日は鈴鹿に久しぶりに行って、雨に降られたが今日のテストはどうなったんやろうか?聞きたいけど報告がない・・・マー明日ぐらいに聞けるやろ?

 それにしてもサーキットでのあの「音」この頃オイルの匂いはあまりないがカメラに収まらないぐらい早くなった速度ドナイやねん(オイラがトシをとり追いかけられないんと違うか?)・・・

 「ホンマに早い」(5,821kmを2分10秒台平均何キロやろ?・・・「てなもんや三度笠」

 そら~オモロいでレースは「人間の極限を求めてエンジニャーが・スタッフ&メカニックが・ライダーが全知全能を注いで」「己の全てを掛けて戦う戦場」やっぱええな~

 時間を30年戻して斎藤昇司&多田喜代一の「Ninja」8時間耐久10位に入賞した斉藤昇司の手記をご披露致します・・・

    TEAM GREEN発足後の記念すべき1995年メインレース鈴鹿8時間耐久

 勿論、8耐は宣伝を兼ねてGPz750Rを2台体制で走らせることになる。TEAM38のメンバーだった’83年の8耐で日本人最高位の4位になった岡&日下が組みゼッケン38番、斎藤&新入りの多田が組むゼッケン39番、この2台で挑むことになる。

 トラックのような重量級のマシンを8時間も走らせるには、かなりの体力がいるが気合と根性しかないと決めて挑む・・・練習ではTOPチームは2分20秒前半で走るが、我々の重量級トラックレーサーは2分30秒を切るのは「必死のパッチ」予選に入ってからは少しでもタイムを上げなければと思い、多田とお互いにバトルしながらタイムアタック、Aライダーは斎藤で先にタイムアタックして29秒台に入れる、次にBライダー多田がアタックして28秒台にタイムアップ。

 そうして2回目のアタック、俺にもテストライダーとしてのプライドがあるので多田には負けるわけにはイカンし、根性と気合で28秒台前半で走り終えた・・・
 今度は多田の2回目のアタックや、コイツ更に気合一発27秒台に入れてきた体は小さいがさすが勝負士(師では?)お互いにライバル心むき出しの結果、こんなトラックみたいな非力なマシンでも予選20番手のポジションに着けた・・・イヤーチームみんな満足だった。

e0190502_19261786.jpg

 TOPはケニー&平組、腕章が黄色なので平選手
e0190502_1927165.jpg

 2番手はガードナ&徳野組、コレは間違いなく徳野選手

 そして決勝や、オイラ二人のタイムはホボ同じなのでミス無く走れば上位入賞も可能なのでとにかくミス無いように走り切ろうを目標に決勝に挑む・・・
 スタートライダーは多田1周目15番手ぐらいで戻ってくる、さすが負けん気の強い多田ちゃん・・・気合の入った走りや・・・

 その後も順調に走り10位をキープしていたが、オレの2回目の走行の時にピットサインが出る前にガス欠になってしまった。
 ヘアピンを立ち上がってマッチャンコーナーに入ったあたりでエンジンがボソボソ泣き出して、スプーンを立ち上がる時にはまともに加速してくれずストール寸前、まさかのガス欠、ピットからこんなに離れたところで止まればピットには戻れないと考えながら、騙し騙し130R近くまでたどり着いたが130R手前で完全に息途絶えてしまった・・・130Rからピットロードまではまだ距離はあるが、一番熱い時間帯の中を必死に押しながら、勿論ヘルメット、スーツの中はずぶ濡れ状態になりながらやっとピットにたどり着いた。
 この時、思ったことは鈴鹿のピットロードが若干下り坂だったので助かった・・・当然、超満員のシケインスタンドやグランドスタンドからは観客の大歓声が聞こえたような気がしたのだが、死に物狂いの格闘中たどり着くのにやっとのことであった。
e0190502_2012555.jpg

 マーオイラも若かった、その後はこの重量級にも慣れてきたのか,猛暑の中を淡々と走り続け、夕闇迫る頃、TOPを快調に走っていたケニー&平組のTECH21がグランド前で止まっている、
e0190502_2021954.jpg


 シメたヒトツ順位が上がったと考えながらゴールを目指して8時間を走り切りました。
 重量級のアップハンドルのトラックレーサーが・・・優勝したガードナ&徳野組に7周遅れの10位でチェッカーを受けることが出来たのであります。

 ライムグリーンの代表としてTEAM GREENの記念すべき初8耐で10位入賞は記念すべき結果で目標の宣伝活動としても十分であったと思う。

 その後、GPz750Rはヒット商品となり、カスタムではエンジンサイドのアルミサブフレームが大流行し、未だ人気衰えずの「Ninja」はKAWASAKIの名車に名を残しました。

 こう結ばれている、あのガス欠の時の斎藤昇司は死に物狂いに押したのであろう、よく頑張ったもんである。

 おまけに400のレースの写真をサービス
e0190502_2018781.jpg

 ボードを持った迷監督の顔見てください得意満面
e0190502_20182851.jpg

 ノービスのレースには最前列レース中に叱咤激励、8時間はピットで瞑想・・・お祈り

       チャンチャン 若き良き時代の良き思い出であります。

                                  T-hirai


 
[PR]
# by toshi-hirai | 2014-03-19 20:35

「Ninja30周年の思い出」③-1

 3月9日(日)カワサキの誇る「Ninja」30周年の歴史を飾るフエアの最終日、同好の士約40名による「Ninja30周年記念パーティー」が行われ、それはそれは楽しい時間を過ごしました?
e0190502_5101546.jpg

 皆さんのお顔をご覧下さい皆さんご満足の様子、写真は埼玉から参加された向笠さん撮影を借用

 催しは「カワサキの思い出、そして未来」以来の名司会コンビ森田&越山両氏により楽しく開始
e0190502_822692.jpg

  「カワサキの思い出、そして未来」の時のお二人
 テーマーは
①TEAM GREENの初挑戦「Ninja」テストラン・・・鈴鹿8耐参戦の思い出
②「Ninja」誕生の設計陣 現役3氏がお越しになり・・・・Ninja誕生秘話
③「神戸スーパースポーツレーシング」復活の宣言 平井の構想少々元気なしか?

 テナ流れでそれはそれは貴重な楽しい時間を過ごすことが出来たのであります
 
 余りにも楽しい時間、時間が足りなく思い切り話せなかったのが残念、当日参加されなかった方、参加された方にも斉藤昇司による鈴鹿8耐参戦記を2回に亘って紹介します。
e0190502_54317100.jpg


 斉藤昇司の語りはここから始まっている・・・

 俺たちが結成した社内チーム、「TEAM38」は1975年にモトクロスチームとして発足したが、1980年頃から徳野政樹(カワサキ~ホンダ)を始めとするテストライダーがロードレースで活動をはじめ、1983年KRT(カワサキワークス)がロードレースを凍結、レースから撤退した後もライムグリーンの火を消したら「アカン」との意気込みで走らせていたのであります。

 しかし、ワークスが凍結から2~3年・・・1985年頃からRRの復活を囁き始めた頃、TEAM GREENにロードレースの組織を作り強化することとなり・・・
 その年1985年の鈴鹿8耐にTEAN GREENでTEAM38を主体に参戦が決まったのです。
e0190502_6544268.jpg

e0190502_6552331.jpg

e0190502_6554546.jpg


 俺の本心としてはテストライダーと開発メンバーで作り上げてきた「TEAM38」だったので、この先も存続させたい思いがあり、無くなる事には涙するほど残念な思いであったが・・・火を消すことは出来無いと涙ながらにTEAM38皆んなで参加しました。
 
 Ninja の8耐参戦は、マダマダ他社と対等に戦えるベースマシンは無かったが目的は、ライムグリーンの火を消さないために広告宣伝活動及び開発を目的としたものであり、ゼッケン38番(TEAM38の38番)39番の2台体制でエントリーしたのであります。

 耐久のベースマシンは、国内販売したマシンはGPz900Rの弟分GPz750R(Ninja)だった、GPz750Rも開発投資して、軽量化、パワーアップ等レーサー用に開発をすればポテンシャルは上がったと思うが残念ながらそこまでの開発投資力は無く、KRの遺産部品であるホィール・サスペンション・ブレーキ等を流用し、エンジンは吸排気系の手直し+サイレンサーを変更した程度であり、パワー不足と重いbikeだった。
e0190502_643542.jpg


 ここで笑い話

 鈴鹿8耐の車検の時の話だが、車検で重量測定をするのだが大体各メーカー重量はワークスで160kg程、プライベートでも180kgぐらいで纏めているのが通常だが、我々のGPz750RNinjaは、ナ・ナント200kgオーバーの重量級マシンで重量計の天秤に200kg以上の錘が無く、車検員~「計測不能」と言われて大笑いしたのである(「何がおかしい」「走るんや」「走ったら止まらん」)そうやこの時には重量上限が無く車検はパス出来たが・・・大笑い?

 ハンドルポジションは清原先輩がH-2のアップハンドルで一世を風靡した時代から受け継がれているアップハンドルポジションだった。

 俺としては全日本のレースでGPz750Rでは入賞するのは難しいので全日本だけは’84年型の38specialで走らせて貰うことにした。
 結果は鈴鹿GPで5位が最高順位だったが、旧態マシンと俺の腕ではこれが限界(ご謙遜を?)
マー自分なりに満足できる成績だった・・・
e0190502_7181910.jpg

e0190502_719728.jpg
e0190502_7192663.jpg


 そうしてTEAM GREENでのロードレース発足時の記念すべきメインレース8時間耐久が始まったのであります。

 ③ー2は水曜日か木曜日にリリースします・・・乞うご期待です・・・チャンチャン

                                       t-hirai
[PR]
# by toshi-hirai | 2014-03-15 08:30

「Ninja30周年の思い出」②

e0190502_18563578.jpg
 ソレはソレは素晴らしいパネラーがやってくる、これ何も企画された催しではない?、思いつきで
Ninja30周年のお祝いをしようか?とNPO法人THE GOOD TIMESの理事会で誰かが手を上げてやろうと決まった、さすが「みんな繋いで楽しくいい時を過ごそう」のメンバーの集まり楽しみ過ぎではとも思われるがなんとなく決まってしまい、ご丁寧に今夜前夜祭までやっている・・・今日は泊まりで思い出話に花を咲かせるらしい?好きやな~

 それにしても、father of ninjaこと山田さん・Ninja250の田中さん・NinjaZX-14Rの大島さんの強力なカワサキの誇る技術陣が遊びに来てくれる・・・オートバイが好きなんや・・・

 それに加えてNinja GPz750Rの開発テストをあの「夏の祭典鈴鹿8耐」に持ち込み、笑い話だが車検の重量測定の時(ファクトリー160kg、プライベート180kg)オイラのマシン200kgオーバー鈴鹿の重量計の天秤に200kg以上の錘がなく「計測不能」と大声で笑いながら叫びやがった。

 何がオモロイや「アホ」「重たいほうが惰力が付いたら止まらんぞ」「てなもんや三度笠」こんな
オモロイ話は明日に置いとけ、何しろ鈴鹿サーキット130Rからガス欠で押して帰ってきた斉藤昇司が来てくれるし、ウイリーで怒られた多田喜代一、迷監督と二人で漫才をして雰囲気を和ごました塚本昭一(1992年F-1チャンピョン)も急きょ参加と来たもんだ。
e0190502_182789.jpg

 この4人喋らしたら時間の無い漫才、周りを気にせずお構いなしに延々と続くのであるオモロイ

 昇ちゃんが「叫ぶ」TEAM GREENのアップハンドル重量級トラックレーサーが優勝したガードナー&徳野組に7周遅れの10位や良くもま~頑張ったもんや・・・TOPを快調に飛ばすケニー&平の駆る、TECH21のマシンがメインスタンド前でリタイア一つ順位が上がったと走っていたらしい。

 ライムグリーンを代表してTEAN GREENの記念すべき初8耐での快挙、宣伝効果は十分やった、その後、GPz750Rがヒット商品になりカスタムではエンジンサイドのアルミサブフレームが大流行・・・未だに衰えのない「Ninja」はシリーズとしてこれからも名車の称号を続けるのや~

 それにしても明日はどんな話が飛び出すのか・・・楽しい事の大好きなメンバーが何を話すのか?楽しみである・・・乞うご期待である・・・

e0190502_18513255.jpg
e0190502_1851472.jpg
 
e0190502_18565269.jpg


 明日お話します楽しかったこと

 Ninjaの生い立ち、&’858耐の思い出、これからもカワサキの歩みに歴史を刻んで行くのである。
                  チャンチャン

                                        t-hirai
[PR]
# by toshi-hirai | 2014-03-08 19:06

「Ninja30周年の思い出」①

  誠に申し訳ないが「TEAM GREEN31年」に向けてを少々お休みを頂いて、いまたけなわの 「Ninja30周年の思い出」を挟んで書いてみたい。
 コレはね2月25日(火)~3月9日(日)までカワサキワールド(神戸海洋博物館内)で「Ninja」フェアが行われている。
e0190502_8121533.jpg


 今年「Ninja」も「TEAM GREEN」に続いて30周年を迎えたのである、カワサキの全盛時代?イヤ世界のオートバイ市場は「スーパースポーツ」に対する人気が高まり、エンジンはハイ・パフォーマンス化が激戦となり各メーカーが凌ぎを削ってパワー戦争を繰り広げていった。

 このような時代背景の中でカワサキでは「Z1」の流れでその後継者として900ccのキャパで1000cc~1100ccをターゲットにニューモデルの開発が行われて行ったのであります。

 開発コード「990R」後に「GPz900R=Ninja」と命名されるモデルであった。

 このマシンは次世代のGP車狙うと言うコンセプトのもと、スーパースポーツの最先端として当初空冷エンジンと設定・開発されていった中で、現在のエンジンにもその血統が息づくサイドカムエンジン当時最先端の空冷エンジンに採用されていたのである。

 このあと耐久性を含めて絶対的な性能不足と言う結論に達し、斬新さとして際だつ水冷エンジンへと移行していったものである。

 カワサキには「Z1」があった、あの偉大なる先駆者がある限りあの存在感を超えるものをと開発に携わった技術陣すべてのカワサキ魂が集結して出来上がって行った。

 もう一つニンジャロゴの決定「嘘か誠かの誕生」逸話
 
 未だに隆盛を誇る「Ninja」と言うネーミングについても関心の寄せられるところであろう、当時アメリカではニンジャ・ブーム全盛期、いわゆる一つのキャラクターとしてカッコイイというイメージが定着、アメリカ&ヨーロッパ仕様に「KAWASAKI Ninja」いっぽうヨーロッパ仕様は「KAWASAKI GPz900R」とされたのだが、逸話はニンジャのロゴである。

 ソレハネ・・・アメリカに明石から「Ninja」のロゴをファックスをした時に、ズレが生じ「これがええんと違う」と好評を得て現在まで延々と続いている「ロゴ」である。

   
e0190502_81346.jpg


                         (資料はワールドMCガイドより)

 今日思い出したんはその開発目的である、走る実験室「鈴鹿8耐」に幾多の思い出を残した「GPz750R=Ninja」ニンジャテストラン8時間耐久である。
e0190502_8393396.jpg

 写真右から多田喜代一・斉藤昇司・平井稔男・塚本昭一の懐かしいメンバーである、空冷大好き昇司が泣く泣く乗った水冷GPz750Rシャナイヤン開発テストやナー多田、当時昭一さんはジュニア・・・オイラと二人ピットで漫才をしておりました
e0190502_8284032.jpg

 これ’85年のTEAM GREENのスポンサーアサヒビールのフリップS(スポーツドリンク)
この時、38番岡&日下組39番斉藤&多田組この39番コンビが色々ありましたが10位入賞、次回詳細を・・・

 本当は昇チャンが涙する手記?を迷監督に託しているのだがコレは3月9日(日)何やら「ニンジャ思い出昼食会」を近くのホテルであるらしいので、そこで本人にシャベラソウかな?当日会場で
斉藤昇司・多田喜代一(参加決定)岡 正弘・日下直一も来てくれるかも?(全てニンジャ開発ライダー)、それに忘らたらバチが当たるミスターカワサキことキヨさん&昭一さんにも参加依頼の電話してみようかな?和田さん、山本さん(現エントリー社長)も居られるがどうしようかな?今回ニンジャの思い出だからな?考えよう・・・

 もう一つ笑い話・・・喜代一がテスト・ランの時、ヘア・ピンでウイリ~をして遊んでいたら、当時KHI実験研究部のレース担当野田監督が「コラ多田!ウイリーすんな、マシンが壊れる」と怒鳴られたので、今度はシケインでこれまたテスト・ウイリー、今度は野田監督がシケインに居て「またまた怒鳴られ」たんや・・・なんやヘア・ピンにいるんと違うんかい?

 テナ笑い話、今度「ニンジャ思い出昼食会」で話をさせます、ソレはソレは面白い「想い出話」が満載の昼食会になること間違いなし、当日会場に10:00に全員集合、会場で約2時間散策、その後、13:00~約2時間 近くのタワーホテルに移動昼食会これまた楽しい集いになること間違いなし(誰でも参加可有料だが廉価です)

 当日オートバイ展示会場でご説明、なんやら「Father of Ninja」も参加とかこれまた素晴らしい
乞うご期待である。

                                       t-hirai

 チラット次回ブログの写真・・・オミセしようか?

e0190502_9292580.jpg

 ライダー交代の風景
e0190502_9302068.jpg

 斉藤昇司の勇姿、これ8耐と違うか?
e0190502_9414079.jpg

 多田喜代一の勇姿、これは8耐や
[PR]
# by toshi-hirai | 2014-03-01 10:17

「TEAMGREEN31年」に向けて⑤

 昨日のNPO 法人THE GOOD TIMESの理事会で「長年の夢」神戸スーパースポーツレーシング(KSSR)の復活を宣言しました。
 タダ当初株式会社の立ち上げを絵に書いておりましたが、何しろ先立つものがママならぬ状態少々時間を掛けてゆっくり進みます。

 今年のKSSRの目標は、MX全日本出場ライダーを鍛え走らすこと+鈴鹿8時間耐久に焦点を当てて企画をして行きたいと考えております。

 乞うご期待です、お世話になります応援してくださいお願い致します。

 てなところでTEAM GREENの30年の思い出を続けます(今回は走ったライダーの成績から)

 1994年

 益留信太郎 A125ランキング 3位
 高見 俊次 A125ランキング 2位
 牧野 秀寿 A125ランキング39位
 辻 健二郎 B125ランキング 2位 B250ランキング 5位
 国立 賢治 B125ランキング 9位 B250ランキング14位

 1995年

 辻 健二郎 A125ランキング 7位
 矢島 健一 B125チャンピォン   B250ランキング 2位
 溝口 哲也 B125ランキング 2位 B250チャンピォン

 1996年 

 花田 茂樹 A250ランキング32位
 矢島 健一 A125ランキング 5位
 溝口 哲也 A125ランキング 8位
 中村 真吾 B125ランキング 5位 B250ランキング 3位
 伊藤 崇浩 B125ランキング 4位 B250ランキング 5位

 1997年

 中村 真吾 A125ランキング33位
 伊藤 崇浩 A125ランキング14位

 1998年 TEAM GREEN MX部門中止⇒グリーンクラブ化の推進?

 1999年
 
 溝口 哲也 A125ランキング 3位
 中村 友則 A125ランキング27位

 2000年 ???

 2001年

 溝口 哲也 A125ランキング 3位
 吉田 勝  A125ランキング20位

 2002年 ???

 2003年 ???

 2004年

 中村 友則 A125チャンピォン
 平田 優  A125ランキング14位

 2005年

 平田 優  IA2(125)ランキング 5位
 加藤 吏一 1A2(125)ランキング11位

 2006年

 平田 優  1A2(125)ランキング 2位
 加藤 吏一 1A2(125)ランキング 7位

 2007年

 新井 宏彰 1A2(125)チャンピォン
 加藤 吏一 1A2(125)ランキング22位

 2008年 

 三原 拓也 1A2(125)ランキング15位
 加藤 吏一 1A2(125)ランキング 9位

 2009年

 中村 友則 1A2(125)ランキング 8位
 三原 拓也 1A2(125)ランキング12位

 以上、この後、TEAM GREENMX 部門凍結か?

 一応データーとして頂いたものがここまでです、これから各ライダーにお願いして
「TEAM GREENの思い出」を書きたいと思います。


 ヤッパRRもMXもTEAM GREENで走って欲しいな~

                                    t-hirai
 
 
[PR]
# by toshi-hirai | 2014-02-23 15:09