Team Green

「レースに懸ける思い」6

・・・故西海義治(オヤジ)とはS36年ごろからのお付合いもう神鍋のMXGPの開催された1972年6月3~4日には10年も付き合った仲、オヤジが「ツー」と言えばこちらは「カー」お互い心の知れていたのであるが、兵庫県に高松宮殿下が来られるから「場所をお前が探せ」とは?「何を言い出す・・・

 私は当時、既にカワサキオートバイ販売(株)豊岡営業所の所長をS42年に卒業、カワサキの特約店制度が始まったS47年、平井が居たのでは「兵庫の特約店制度導入は難しい」と当時、カワ販古谷常務が配慮、カワ販直営部大阪母店長を拝命した時だった。
e0190502_552198.jpg

この写真は大阪母店(大阪・兵庫・京滋・奈良・和歌山近畿2府4県で構成)S48年の慰安旅行のもの?何故母店長の平井が真ん中に居ないとは?奥ゆかしい・・・中央は奈良の所長井上さん、ウルサイ・タッチャン(今はTGTの副理事さん)が居ないようだが、三田の療養所だったのかなー

 当然当時は4メーカーも何となく安全運転活動を通じ仲良くやって行く様な兆しが見え始めたころ、早速4メーカーの大阪在住代表者会議、これは困った「エライコッチャ」何を言い出す、故本田宗一郎&故西海義治
e0190502_544178.jpg

毎回出てくるが仕掛け人の二人である

 4メーカー会議で何となく今回は、兵庫県で開催とのことカワサキさんメインでお願いしますとなったのである、あとで笑い話が出てくるが、一時はお断りをしてはとの発言もボウメーカーからあった。

 場所はOKが出たが、コース造りが大変だった・・・

 まずコースレイアウト、コレハネ、カワサキに関係のあるライダー十数名を一堂に会し兵庫メグロのオンボロ・ジープ一台、まずはジープの先導でゲレンデを右往左往その後をライダーが走り、何とかコースレアウトが出き外周を杭でロープを張ってコース完成したマー幼稚なもんである。

 当時は常設コースは無く、このように臨時にコース造りしていたものだった(鈴鹿・菅生ぐらいか?常設は)兵庫県は、加西の青野ヶ原・加古川河川敷・明石のミカン山等々転々としていたのである。

 イヤーしかし雄大なコースが初めに予想していたように3本松から飛び出してくるライダー迫力満点素晴らしいコースが?出来たのである、当然カワサキ有利に練習もかなりやったのであるが???アホラシイ

 イカンイカン2週間ぶりの連休今日は歯医者+散髪+買い物+ワンちゃんのお風呂と忙しい一日が始まる、それだはマタ明日お目に掛ります。
                                                          t-hirai

 
[PR]
by toshi-hirai | 2012-03-10 06:41
<< 「レースに懸ける思い」7 「カワサキレーシング・フェア」5 >>