Team Green

「レースに懸ける思い」13

・・・堀ひろ子&越山峰子何かしら4耐コンビ、多分スズキだったと記憶している(怪しからん何故カワサキでないと憤慨していたことを、イヤ女性ライダー珍しいだけのレースは?と応援しなかった事を思い出した)その堀ひろ子の墓参り27年も経過しているらしい、峰子の年から判断するにどうやらひろ子さん20歳後半では?二輪が女性にも波及した(MFJの規則を変え耐久にも女性が出れるように)色々なことをしながら、今の時がある・・・堀ひろ子立派な奴やったんやな・・・

 何やら写真集をと峰子と二人でヨーロッパ・・・世界に飛び回っていたらしい、そうして中国に行く準備中に他界、今生きていたら「THE GOOD TIMES」のさしずめ理事?イヤー立派な人だったんや~

 年はかなり上だが、俺にも二輪を愛する(カワサキ)気持ちはだれにも負けないと思っている、そうしてレースをやる体制は既に昨年の「カワサキの想い出、そして未来」カラ始まっているのである。
e0190502_9332856.jpg

 その時の工場見学会での記念写真
e0190502_9375824.jpg

 恐れ多くもカワサキの一時代を築いてこられた左から高橋元副社長・田崎元社長・会長今最高顧問・一人置いて、百合草元常務・稲村理事(アレR FURUYAさんが居ない)の各氏
e0190502_1014412.jpg

 鈴木ケン・百合草・和田・清原・塚本・柳川・田中・梁・司会森田の各氏
e0190502_1071810.jpg

 大槻・百合草・稲村・高田(現プレジデント)山田(現企画部長?)の各氏
e0190502_1091552.jpg

 カワサキを熱く語る高田プレジデント(東京からわざわざ帰られて)のご挨拶
e0190502_10292548.jpg

 世界の金谷・越山峰子(今尚ライダー幾つや)・司会の森田各氏
e0190502_1031257.jpg

 ご存じ「鈴鹿8耐&LOVE BIKEメッセンジャー サザキさん
http://sazaki2008suzuka8tai.blog116.fc2.com/
e0190502_10371539.jpg

 古谷さん78歳の誕生祝い「バースデーケーキなんて」初めて?隣は仕掛け人関東地区支部長村島さん


 こうナンヤ皆さんでレースを通じて楽しみたい、若者をそうして団塊の世代をもう一度オートバイに呼び戻したい、アホみたいな考えだが(そんなことで戻ってくるかな???)俺には二輪文化とやら難しいことは後回し、即、レースをやりたいんや、それから二輪文化なるものを考えたら良いのではないか?

 勿論、今でも会長との話は生きている・・・カワサキに恩返し=レース=故西海義治=レース・・・

 RRでもMXでも「カワサキ」に勝利を・話題を投げかけたい、イヤRRにもMXにも「カワサキ」はある、何故なら二輪車を製造・販売している企業だから、考えなければならないのでは・・・

 俺は常に「ブーム」はメーカーの責任、それを側面的に応援するのが販売店&ユーザー、どうやらこの路線が今は無くなったみたい、これはイカン・・・

 メーカーが莫大にお金を掛けてレース戦線に「自社を・自車を・ブランドを」アピールすることは、今では愚の骨頂、お金を馬鹿みたいに使う時代は過ぎている。

 そこでや量産車によるレース入門、メーカーに関係のないサテライトによるレース(戦い)底辺の拡大ビギナーによるビギナー対象レースがあっても???そこえメーカーが目を向けてくれないかな~今も何らかの活動をしている好きな人は沢山いる?(今でもあるが簡単に参加できる体制、お金の掛らない、楽しいイベント)

 参加型レースをしたい、確か競馬にはお金を出し合って一頭のお馬ちゃんを走らす馬主制度?なるものがある。

 会長と私の会話には、「カワサキが勝つレース」をから始まったが、レースにまず参加してもらい、熱い思い人間の性(サガ)を買って貰うレースがあってもイイのではとの私の語りに会長も耳を傾けてくれる迄話し合ったものである。

 具体的に何をするのか?レースに参加まず「勝つことから」・・・難しい・・・それでは参加することに意義を感じて「話題性を」重視した、レース参加は考えられないか?

 いずれにしても参加することを決定して、それから良いものに考えることは出来ないのかな~それにしても、
ライダー・マシン・体制・予算(スポンサー)・アイデア 色々考えなければならない・・・コリャ大変だ~・・・

 「ドウシヨウ・コウシヨウ・アアシヨウ」「やるきゃない」好きやなー・・・でました・・・

「俺がこんなに強いのは・・・あたり前田のクラッカー」
e0190502_9121651.jpg

 赤と緑上手く表現できるかなー???
e0190502_10113764.jpg


 テナコト考えながら・・・色々レース参戦の夢を追っかけている「夢」だけか・・・馬鹿オジンである

                                                        t-hirai

 追伸 「カワサキの思い出、そして未来」に応援・参加して頂いた皆さんの活躍は昨年の3月頃の各氏のブログをご覧ください、沢山居られますが今回は表現できませんでした・・・参加された皆さん主役です。
 少々長い(タッチャンに怒られそう)話だったが、これから大変な事である。
[PR]
by toshi-hirai | 2012-04-08 10:43
<< 「レースに懸ける思い」14 「レースに懸ける思い」12 >>