Team Green

「酒井文人&クラブマンレースを語る会」③

 ある日一通の招待状が届いた、それは「酒井文人&クラブマンレースを語る会」の招待状である。

http://www.youtube.com/watch?v=Ah2yrBhRBOY&feature=share、←これは「二輪文化を伝える会」の発起人の一人松嶋さんのファイルにある、日本レース界の雄「本田宗一郎」彼15歳(大正11年)からのレースへのあこがれがつぶさに動画でささやかれたものである。
 その画面に久し振りの高橋国光氏が元気に顔を見せてくれた、そうしてまたこの集まりにも懐かしく話を・・・

 本田宗一郎氏が考えるレースはレースの持つ意義 ①広告宣伝②技術革新③販売促進④ユーザーサービス⑤士気の高揚等々自社製品HONDAの成長に必要だと考えおこなったのではなかろうか?

 酒井文人の考えたレースは底辺のクラブマン(二輪が敗戦後の日本の移動手段に必要であった時代に産声を上げた何百社ものメーカーが乱立・淘汰された時代に人間の持つ闘争心・二輪の楽しみを求めたクラブマンの集まり)に冒頭でも紹介したが”歴史ある欧米のモータースポーツを導入し、正しいMCの普及を声高らかに提唱したのが酒井文人その人でなかろうか?
 
 お二人とも考えは違っても目的は一つ「日本に正しいモータースポーツの普及」を信念に頑張られたものであろう、世の中が大きく変りツツある昨今、今一度原点に返り考えるチャンスである。

 テナコト考え参加した今回の集い、正に継続することに意義がありもっともっと多くの人が(頑張ってきた人、MCFAJのみならずMFJ イヤ 多くのモーターサイクルを愛する人々が頑張ってこれからの二輪界引っ張って行かなアカン)二輪の楽しさ利便さに関心を持つて楽しまなアカン・・・

 当日のアラカルト(私のカメラの捉えた)ものを見てください。(呼び捨てゴメン)

高橋国光さんと平井どちらかと言うと高橋さん4輪のドライバー時代に良くお会いした、特にセントラルサーキットのオープンセレモニーのGTレースの時久し振りにお会いし、星野から聞いた平井さん頑張るなーと褒められた、ホンダドライビングスクールの講師であり今も?、昔々’60年代世界二輪界の雄 高橋国光 である。
e0190502_8551751.jpg


古谷さんと旧知の仲、菅谷安智モトクロスライダー・カートレースチャンピョン、いま尚チームスガヤ代表、後ろで久保さんが
e0190502_72547.jpg


鈴木都良夫と平井、とらさんはそれこそ日本を代表するモトクロスライダー’70頃には世界の雄
e0190502_732560.jpg

三井 晃・本橋明泰・平井お二人ともロードの時の旧知の仲、三井さんは今なおモータースポーツイベントプランナー、本橋さんはクラブマンからヤマハに一世を風靡した世界の雄’67年にはマン島で125ccクラス3位に入賞したツワモノである
e0190502_73495.jpg

鈴木秀明+平井+神谷 忠+鈴木都良夫、この鈴木兄弟言わずと知れたモトクロス界の暴れん坊、しかも各メーカーで活躍をしたのも有名である、特にとらさんとはカワサキでとらさんが走っていた時からのお友達、綺麗な奥さんとの結婚の時(本当にとらさんにはもったいない)そうして二輪の販売店オープンの時にもお伺いしたり、結構長いお付合いである。神谷さんとは、セントラルサーキットの公認申請の時の査察官イヤー手こずったコワイ人であった。
e0190502_741716.jpg

谷口尚己言わずと知れた本田宗一郎氏に可愛がられ浅間高原・浅間火山レースに活躍’59年マン島TTレースで入賞、驚きはカワサキでも走ったらしいその時の担当が古谷さん旧知の仲である。
e0190502_745023.jpg

楽しい話にみんなで歓談 左から松嶋さん後姿から糟野・久保・古谷・山本の各氏
松嶋さんは「二輪を伝える会」の発起人のお一人、糟野雅治’70年全日本ロードレースチャンピョン現京都でカスノモーターサイクル社代表、久保和夫’59年代浅間の雄、全日本モトクロスチャンピョン名門城北ライダースのライダー、お待ちドウ様でした関西からの出席古谷錬太郎、今「二輪を語ろう会」の主宰者であり、NPO法人THE GOOD TIMESの理事長でもある、それこそカワサキのレースの初めから財布のひもを開けっ放しに二輪の普及に頑張った人、ご紹介には全日本モトクロスで赤タンク旋風を巻き起こしたカワサキチームマネジャーとある。サー待ってました60オジサン(オジイサン?)こと山本 隆 モトクロス・トライアルの現役ライダーである、不思議なことに腰が痛いとヨチヨチ歩きの山ちゃんマシンに跨るとお人が変りシャキッとライデング、しかも常にTOP化け物である(ジャンプも飛ぶで~)
e0190502_751277.jpg

坂上和志 別冊モーターサイクリスト執筆者MCコレクター、宇野順一郎これまた関西の雄’58・59年第一・二回浅間クラブマン入賞現在もモトクロス関西選手権等で頑張っておられる
e0190502_755389.jpg

大久保 力 第三回クラブマン宇都宮で行われたレースの時代頑張っていた東京オトキチクラブの猛者、私とは故西海義治(兵庫メグロ販売(株)の創設者)とのつながりの中での仲である、非常に優しい同年代の好々爺である、
e0190502_761587.jpg

出ました関西からの出席者の三名ご紹介はさておいて、この場面平井のスピーチの時間古谷さんにマイクを取られ驚いている平井
e0190502_771474.jpg


 色々と話題の多かったこの集まり有意義な一日であった、間もなく別冊モーターサイクリストで公開され多くの人々の目に触れることであろう。
 どうか皆さん二輪の楽しさ面白さを再確認され何時までも若々しいライダーであることを、又、今の若い皆さんに二輪を見直して貰いたいものである。

 最後に今回お世話になった主催者のお三方をはじめ酒井雅康・坂本一史&松田大樹の各氏語り尽くせなかった皆さん有難うございました。

 この集いが引き金となり二輪界に広がりが二輪の輪が大きくなることを願い終焉とします。

                                         t-hirai


追伸 次回には今回これなかった各氏及び一般の参加者の皆さんにも呼びかけて、益々盛大に「二輪を語る会」にして頂きたいものである。
[PR]
by toshi-hirai | 2012-07-08 09:33
<< 「セナアカンこと・・・イヤすること」 「酒井文人&クラブマンレースを... >>