Team Green

「コーヒーブレーク」

 過ちソリャ^~ 誰にもあるさ?自分でID間違えてPCが壊れたとはナンジャイ「いい加減にしなさい」スミマセン・・・これも人生・・・ハハハのハン~、しかし、未だにFACEBOOKのアルバムが作れないので、こちらで「Z1会24年度納会」の模様をお知らせしたい。

「Z1会」これはカワサキの誇る「Z1・Z2」の開発に、又「カワサキの発展に」携わった人びとの集まりであり、全59名のカワサキ関係者の面々で構成されている。

 会  長 大槻幸雄 元川重常務     Z1開発の第一人者、Hには絶対負けたくない人
 副会長  稲村暁一 元技術部部長    Z1エンジン開発の第一人者
 営業担当 種子島 経元販売推進部長  Z1開発企画担当「Z1開発物語」著者
 特別顧問 浜脇洋二 元カワサキ経営企画 Z1をUSAに導入の第一人者 当日欠席        
 事務局 仲 和俊 元実験研究部第?部長   Z400LTDの考案者
     藤原良弘 現カワサキワールド担当  カワサキのレース活動初期のメカニック
     栗島忠弘 元デザインルーム担当   Z1のデザイン多田さんの右腕?
 会 員 52名

当日川崎重工(株)の保養所潮涛荘に於いて延々3時間ワイワイガヤガヤ大いに沸いたのであります。

 まずは会長のご挨拶
  今40周年を迎える「Z1」このマシンに携わった皆さん、「Z1はいま尚、世界中で愛されている」皆さん胸を張って我が人生に誇りを・・・

e0190502_16464299.jpg

 ご挨拶・乾杯の前に既にご酩酊のご両人(みんな飲んでおりました)
e0190502_16483246.jpg

 種子島さんの話、これは’72年6月に遡りアメリカの専門誌4社にターゲットを定め、東京へ・・・移動にはこれまた川崎の誇る新幹線で、マタマタ、ハプニング特別に当時の四本社長のカクテルパーティーを急きょ開催したり、明石のテストコース(直線だけのコース)での試乗・・・
「Very good」と称賛を浴びたり、しかし、その成果が大きく8月の出荷時点でバックオーダ・・・イヤ素晴らしい。

e0190502_16592666.jpg

 事務局のお二人(当日栗ちゃん欠席)左仲事務局長・右藤原副事務局長
 イヤーご来賓(カワサキバイクマガジン)の紹介、来年のスケジュール、会計報告、役員選出、仲さんなんかテープを取るのに常にお喋りの隣に?等など大変でした、ご苦労様でした。
e0190502_17375.jpg

 年間VIPの選出、今年は遠藤治一さん(フランスに長年居られレース関係を担当されていた)
この盾は、ソレハソレハ立派なもの毎回優勝者に授与(私も何時か取って棺桶に同行)
 これからは、特に顕著な場面を少々
e0190502_1792695.jpg

 Z1開発テストライダー山チャン(欠席のKIYOさんとの迷コンビは有名)後ろ我らがタッチャン
e0190502_1711164.jpg

 KIYOさんとコンビだがKIYOさん欠席のため、一人で二人分の大演説、山本信行さん
e0190502_17134125.jpg

e0190502_17141237.jpg

e0190502_1715132.jpg

 カワサキレースの生みの親、上から世界の金谷秀夫・元技術部吉田和人・MXの猛者飯原武志のお三方
e0190502_1728016.jpg

 これはこれはZ1開発七人の侍?のお一人野田浩志さん(アメリカカワサキの社長にも?)

e0190502_17323340.jpg

 最期に稲村副会長の挨拶3+3+7拍子で「来年を期して」滞りなく終了しました。

e0190502_17423556.jpg

 ご参加の皆さんでお顔が出なかった方々お許し下さい、それでは当日参加の皆さんの集合写真を

 今回は「Z1」に携わった一部の人びと(我らが古谷理事長が居ない)の集りでありました。
    
                                        t-hirai
 追伸 来年の「Z1/Z2」関係のイベントのご紹介

①今年の年末か?来年の初めに三樹書房より「Zの開発とその暖流」(これ仮称?)と題して出版
②来年2月5日~17日まで「モーターサイクルZ1フェアー」於カワサキワールド
③来年3月にグリーンピア三木で何かが起こる?
          てなところZ1/Z2フアンの皆様・・・乞うご期待であります。
[PR]
by toshi-hirai | 2012-12-02 18:17
<< 「カワサキロード・レースのルーツ」⑪ 「カワサキロード・レースのルーツ」⑩ >>