Team Green

「TEAM GREE30周年」創設期に思うー11-1

 モウ連休も一日しかない、昔は会社が休みの時に何故休みがあるのヤロウ休みなんか要らない、ナンチャッテ、今は一日でも多く休みが欲しい、年がそうさせるのか?そうでは無いが本心である。
 しかし、これでは前回にも書いたが人間に進歩がない「タダ動けば良いのでは無い」「実のある仕事」を展開するのが我々に与えられた宿命ではないかな~カッコイイことイッチャッテ、

 「アホ何カッコ付けてるんや」イマTVで長嶋監督&松井選手の国民栄誉賞の授与の式典が放映されている「野球人の成すべきことは何かを」お二人は淡々と話されていた。
 始めやらんでも良いん違うんと、思っていたがあんなに多くの人たちが涙していた、やってよかったんやと思い始めた自民党も大分国民の支持を得たな、こんなことで人気はアカン国を良くせな

 品格にはイマイチ追いつかないが、俺にも与えられた仕事を一生懸命やった達成感が、昔の仲間に声を掛ける、それに応えてくれる「絆」となっているのが解るこれまた有難いコッチャ・・・

 自分に与えられた仕事を全うしたことが、いま形になって帰ってくるのが嬉しい、しかもみんな社会に貢献している、その中に若かりしときの「鞭に、怒鳴りに、激励に」汗を流した時の思いが少しでも役に立っているのだと思いたい。

 「ソウヤろ?みんな役に立ってるよな~」

 今日は、お約束の1985年から1997年約12~13年間、カワサキで・チームで自分の為に一生懸命頑張ってきた若者、花田茂樹の思い出を書いてみたい。

 写真が綺麗に整理整頓されており(お袋さんか奥さんの仕業)写真が多すぎて1回では無理かな?マーFBにもアルバムで紹介しているので、ダブラ無い様に思い出してご紹介をしたい。

 花田茂樹、九州は筑紫野市の産、昭和43年2月25日生の今年43才二児のオヤジ、愛する美穂ちゃん(美穂ちゃん北海道の産、九州と北海道縁は異なもの元気にやっているとの事、良いことである)

 彼「TEAM GREEN」には、前回のトモより少々遅れて明石にやって来た(九州の福岡営業所、特約店は何処?)からの推薦であったような?丁度チームの立ち上げメカニックも募集しており、土師さん(名前は「亭」こんな字ヤッタと思う)シゲキのメカを九州で3年も面倒を見てくれた恩人である、一緒に明石に来た。

e0190502_036988.jpg

 左側が土師さん「従僕なヨカ男バイ」 かなり長い間チームグリーンでメカを・・・オイ土師さん見ていたら連絡をくれ・・・

 イヤー当時は、全てのクラス(N・J・IB)でTEAM GREENは、チャンピォンが居たのだ凄かったヨン~TEAMGREENは強い選手をワークスに送り込むのが使命、IAは知らない。

 チョイト茂樹のプロフィールを逆算してみよう
①16才 ノービスでチーム・グリーンに九州からやって来た1983年チーム創立の年だった
②17才 ジュニアでは、トモ(長沼朝之)Wウイン(125・250ccクラス)茂樹2位で昇格
③18才 IB今度は逆転、茂樹がWウインで完全制覇、晴れて二人ともKRTに
④19才 KRTワークスライダーゼッケン73 本当にトントン拍子に昇格や
 ジュニアではトモがピンピン、IBではシゲキがピンピン(男の子やで~迷監督一緒にピンピンや)お互いに良い意味で切磋琢磨して昇格、良く頑張ったもんである。
e0190502_0392981.jpg

 IA一年目、茂樹の専属メカニック小俣君に謝ることばかり続いたらしい。
 ハッキリ記憶にないが、この年、北海道の全日本第7戦で美穂子さんと遠距離恋愛に?これは後で~解説

 IA2年目良く頑張ったが、マダマダTOP10には成れない
e0190502_041051.jpg

e0190502_0443455.jpg

 やっとIA3年目にTOP10、少々プロのライダーらしくなったのでは?
 4年目はゼッケン32番に逆戻り(前年前半の怪我で成績が悪く辛かった野郎な~)
e0190502_0454636.jpg

e0190502_046574.jpg

 そうして5年目に11番に帰り咲き、迷監督に言わせたら目線をもう少し前を見なアカンバイ

 大体やな~転んで怪我をしたなんて恥ずかしいバッテン、TEAM GREEではそんなもん無かバイ、ソラースピードも違うバッテン怪我もある野郎(やるろう)ソヤかてバッテンそれだけの準備・練習せなアカンバイ?自分で自分を窮地に陥れたんやナカ・・・解るかな~

 20才 IA ゼッケン11 ヤッパIAではなかなか通用しなかった様である(監督が悪い?ソレハ違う、プロのライダーは自己管理が大切や、それでレースに臨み成績を挙げなければなければならないのである・・・そやけど試合は監督が組み立てるやっぱ監督が悪いのかな~違うかな~難しい問題やな~)

 プロの道は険しいものである、コーチもトレーナーもメカニックも、一番大切な生活も準備されて居り、マシンは毎回ピカピカのマシンが与えられ、その中で成績を残さなければ・・・ハイそれまで~よ~・・・すべて自分で頑張らなアカンバイ

 ソヤかてプロにはコースにお金が落ちてるんやからな~(コレ野村監督のセリフ?)茂樹もボチボチ、プロの世界も解りだしたか?

 IA5年経過ゼッケン7の時か?(1992年頃?のニューイヤーMXでTOPになり賞金500万円を手に入れてからか?シゲキは賢明な若者全部貯金、金には厳しい何時やったか50万円の賞金も稼いだんやこれも貯金?エライヤッチャ)
e0190502_6234632.jpg

 この時は32番でも乗れていた、何しろ花田・榎本(K)増田(Y)の三つ巴、カワサキ1・2で幕、カワサキのライダーはTEAM GREENから行くと契約金が安いので賞金かかると強い?現金なもんや、ナンボカワサキかてゼッケン1には契約金は出すバイ
e0190502_6242994.jpg

 榎本正則、私が最後の監督の年に走っていたが俺の言う天才、ナカナカ切れる可愛い良い奴だった
e0190502_0512841.jpg

 このスタートの瞬間、このゼッケン7の時に賞金500万円、緑の54・7(茂樹)40・6?・40・49・42・8台/20台素晴らしい、しかもジャンプで抜いたんや、コリャ重ねて素晴らしい迷監督の教え通りバイ
e0190502_0515687.jpg

 このジャンプTEAM GREENの教えジャンプで抜くんやを地で行ったジャンプやったバイ
e0190502_0524195.jpg

 イヤーこの頃はTEAM GREENの事がシゲキには刺戟になって走ることが蘇ったバイ・・・シメシメ、迷監督は常日頃「MXはヤッパスタートが大切や」その調子しタイ!

 ゴメン最後の一日の休み、続きは今週の土曜日、今から温泉そのあとビール飲んでテレビ観戦(弱い阪神でも見るか、一点が取れん情けないこれは監督が悪いし、プロである選手も悪い・・・今回はあまり迷監督の素晴らしい場面が出なかったバッテン、次回は迷監督で行くバイ・・・乞うご期待である。
  へへへへへ見る人が減るバイ?

 30周年を迎えるTEAMGREENの創設者(全てカワサキやバッテン)迷監督 平井稔男チャンチャン
[PR]
by toshi-hirai | 2013-05-06 07:46
<< 「TEAM GREE30周年」... 「TEAM GREE30周年」... >>