Team Green

「TEAM GREE30周年」創設期に思うー11-2

 待ちに待った休みがやって来た、今回はたった4日間働いて休みイヤー世の中変わったなー、年号は、明治・大正・昭和・平成、もう間もなく明治生まれの人はこの世にいなくなる。

 昔は「月月火水木金金」一週間に休みがない、それから「日月火水木金土」となり今は「土・日」が休み、オマケに日曜日が祭日だと月曜日に振り替え一日24時間として、フルに稼働しても半分ぐらいしか働いていないのでは、コリャ効率よく働かなアカンな~

 それなのに、ヤレ給料が安い、待遇が悪い、上司・経営者に食って掛り挙句の果て「パワハラ」ダッテ、それが業務外と判定されても反省なし・・・仮にも社長を「パワハラ」で労基に訴えて不調になったものがノホホン~ト会社に居れる。(その申請書に誰が印を押したんや・・・情けない)

 イヤー世の中変わったもんや、辞めて戴こうと弁護士の所に勉強に行ったら「解雇4原則」とやらがあり、コリャ辞めさすことは先ず出来ないと思う程たいそうなものやった。

 自分が辞めな、お別れ出来ない世の中、本当にやりきれない?が、頑張らなアカンのヤ!

 泣き言言わんと元気に・・・サー今日は茂樹の横の面から攻めて見よう。

1、茂樹は手が速い(レースでも速かったが?)IAに昇格した北海道での全日本第7戦、明日本チャンの前の夜は、定例の北海道名物ジンギスカンをチーム全員が一堂に会して晩餐会が決まりの行事、それを「トモ」と二人トンずらして(どちらが誘ったかは不明?)ナンパに「花の札幌中州」へ繰り出したバッテン
 マー許せるのは、今の愛妻美穂ちゃんと云う「一生の伴侶」を射止めたんやから、武本監督許してやって(平井はIAには口は出さない?)今は亡き故武本監督にハッキリさせなアカンと二軍の迷監督が一軍の総監督にハッパを掛けた結果???
e0190502_5241539.jpg

 コレ明石一流割烹での一コマ、ハルバル北海道から美穂子さんのお母さん、九州からはシゲキの両親(後ろのお三人)月下氷人には、武本監督ご夫妻(茂樹・美穂子さんの両サイド)しゃしゃり出ましたTEAMGREENの迷監督、褒めるべきは今なお茂樹は愛妻を愛している?らしいイヤ愛してるバイ

2、シゲキとトモは、どのクラス(N・J・IB)でもライバル迷監督何時も、こいつら二人の性格はまるっきり反対、ドヤシつけたらバンバン行く「重の茂樹」、オダテたらバンバン行く「柔の朝之」一緒に走るな離れろとのサインも無視して「競り合う」二人馬鹿たれ迷監督の気持なんか?アホヤ・・・らしい。「監督アクセル緩めたら転ぶ言うたんでは?」「アホ離れて開けろや」ないか?
e0190502_5371797.jpg

 チームのみんなに迷監督が教えた秘策(このほかに下りで抜け「人と同じことやっていたら早くならん」)、ジャンプで抜けタマタマ相手が遅いライダーだからいいのだが、トモと一緒に飛びやがる、二人で空中戦ヤルな、お客さんは豪快なジャンプ抜きを大喜び・・・お客さんが楽しめば、マ良いか?

3、1、でシゲキは速いと褒めたが?何しろ速いモウ30年も前の事(美穂ちゃんナンモナカバイ)良いかろ・・・TEAM GREENの選手もワークスのライダーと一緒、グリーンピア三木で「体トレ」を・・・ワタシにコーチの野宮から電話「茂樹が倒れた」急いでいくと医務室でシゲキが薄目を開けて看護婦さんを品定め「アホ、ハヨ起きんかトレーニング続けろ」と迷監督の罵声で・・・チャンチャン
e0190502_694684.jpg

 プールでのシゴキ手前から菅原・中深迫・花田?・長沼・橋本・女の子ナンジャ?
e0190502_6101441.jpg

 ランニングのシゴキ(チョット私の写真技術が?)左から橋本慎二・花田茂樹・菅原義広・橋本修二・武田春樹・中深迫 正、迷監督は走らない。ここでシゲキ倒れたらしい、元気そうやん?

4、それでもみんなで飲むときもあったらしい、ナヌ~~茂樹がカラオケ、しかもナミユキ・トモ、オイオイ・・・カルテット・・・アホ何スんねん!
e0190502_6371050.jpg


5、イヤー良い時代KAWASAKIのMX全盛では?
e0190502_6412859.jpg

 エースの岡部篤史が若い二人を従えて

 イアヤーこんなこと書いていたら何時までも終わらん、又、いつかチャンスがあるやろ?

 それにしてもゼッケン73・19・10・32・11・7・5・3・3・20まで、約10年間のワークスライダーだった時代に幕を下し、監督業に、後進の育成を・・・TEAM GREENの監督何代目?かな~ 15年間の明石で二人の子供を授かったのかな?
e0190502_6321748.jpg

引退前々のゼッケン3の走り
e0190502_6324489.jpg

引退前のゼッケン20、まだまだ行けるやんバッテン
e0190502_634751.jpg

引退の時、花束手にして感無量、「お疲れ様」
e0190502_635419.jpg

迷々監督が育てた溝口哲也国際125チャンピォンと矢島選手、左下は愛する美穂ちゃんと子供たち

 それにしても1/3もの人生に「モトクロスに青春を謳歌した花田茂樹」彼もまたKEWASAKIのMXに名を連ねるライダーであり、監督に成長したのである。

 これからの長い生涯の中で子ども達に、偉大な功績を残した自分を元気に自慢してほしい!!!

 何時までも16歳の子供と未だに想っている目出度い、迷監督 平井稔男も頑張よ?負けるなよ

 追伸 マダマダ沢山のライダーから写真を送ってきて「僕いつですか?」がウジョウジョ、コリャどうすればヨカかな?

 「ロードのライダーが今度はモトクロばかりやんと攻めよる」

 ドイツもコイツも嬉しいヤッチャこれが「KAWASAKI」ナンヤ

 マダマダ書きたい想い出、伸一・行方・慎二・中やん(この方は迷監督がトリに登場を想っている)ロードには徳やん・岡ちゃん・日下・西田、それにしても野宮修一・立脇三樹夫(二人ともkAWASAKIのエースライダー、いま尚MXを楽しんでいる、それが速いんである驚き!!!)中岡吉郎、野村純一マダマダ紹介せなイカン縁の下の力持ちが沢山居る。

 オレ生きている間に書きキレるかな~大丈夫や任しとけ、てなもんや三度笠 頑張る
                                    t-hirai
      次週は誰かな?お・楽・し・み 乞うご期待である。
[PR]
by toshi-hirai | 2013-05-11 08:05
<< 「TEAM GREE30周年」... 「TEAM GREE30周年」... >>