Team Green

「TEAM GREE30周年」創設期に思う-16-9

 竹沢正治・杉尾良文・鈴木都良夫・岡部篤史・藤 秀信・調所伸一・故菅原義広・中深迫 正・花田茂樹・長沼朋之・榎本正則、ワタシの時代にKRTにまで上ったライダー、其の他多くのライダー達が私のTEAM GREENの迷監督時代を共に戦った、仲間である。
 
 レースは大体月1回組まれて居り、待ちどうしいインターバル、その間、次のレースに向けての練習、ソレハソレハ厳しい練習が行われていた。

 ランニングは勿論の体トレ・マシンの整備・実車による走行練習(基本走行・応用走行・タイムトライ)等、約4日間/週はみんなで頑張った。

 何しろレースに行くと連戦連勝トロフーイの無いレースは無かったもん・・・である・・・これは自慢、しかし、皆んな良く走ったナア~皆んな自分のすべてをただ勝ことのみ一点に集中して走ったものである。

 ソノ成果が茂樹の’92年に良く現されているのでは、翌年ゼッケンは2つしか上がらず’93年は5番だったが、’92年はシゲキにとって忘れられない年となったに違いない。

e0190502_7373668.jpg

 ’91年ゼッケン11から’92年ゼッケン7番にアップしたのである
e0190502_7392953.jpg

e0190502_7395224.jpg
e0190502_7401156.jpg

 この年、光輪モータースが10,000千円の賞金総額を掛けたレースを最終戦に行ったその成果は
e0190502_7423396.jpg

e0190502_743040.jpg

 何しろ優勝賞金5,000千円、とてつもない賞金である
e0190502_7442127.jpg
e0190502_7445466.jpg

 本人は納得していなかったかもしれないのだが、彼は潔くゼッケン20に落ちたところで引退したのである。
 マダマダ行けると思ったこと有ったろうに、思い切りの良さも大変なものである。

 その後も「TEAM GREEN」は快進撃を続けたのであります・・・

 その歴史を刻んだ歴代監督を紹介してみよう。

    RR        MX        RR        MX
 初 代 平井稔男      平井稔男  2代目 重本修二郎     重本修二郎

 3代目 野村純一      中岡吉郎  4代目 橋本治彦      吉田 誠

 5代目 岡崎 基      谷本 純  5代目 清水泰博      清水泰博

 6代目 三浦泰洋      花田茂樹  6代目 釈迦堂利郎     田澤豊昇

 現RR 釈迦堂利郎 MXは無し(TEAM GREENにはMXはないのである、寂しい~)

 この人たちがTEAM GREENの30年を引っ張った人々である・・・

注)どうもおかしい、ゼッケン7と4があるが光輪のレースは、マシンを量産車としたのでゼッケン  は特別なゼッケンなのかな~? 一度聞いてみます。

                                    t-hirai


  
 

 
[PR]
by toshi-hirai | 2013-09-06 05:26
<< コーヒーブレーク 「TEAM GREE30周年」... >>